町田天満宮は地域から愛される町田のパワースポット!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: ybaba

北海道出身。現在は東京都に在住しており、都内のマイナースポットの魅力を伝えるべく執筆しています。旅行では中国・四国地方、瀬戸内海沿岸に足を運ぶことが多く、澄み切った海や雄大な自然の姿を眺めるのが好きです。友達が各地に散在していることや、リゾートバイトの経験もあり、47都道府県の訪問になぜか成功しちゃってます。景色・グルメ・レジャーなどこれまで自分が体験してきたモノを、少しでも多く伝えられればなと思います。

人々の活気に溢れていて、地域の方から愛されているのだなと感じました。

町田駅を西に進み、参宮橋を渡ると何やら人気が多くなってきます。平日や普通の土日でも参拝客で賑わう町田天満宮は、町田三代天神の一つと呼ばれ、多くの近隣住民から愛され続けています。拝殿は華やかな雰囲気があり、比較的駅に近いためか人々の活気を感じる神社です。七五三などで家族全員で来られている方が多く、楽しそうな雰囲気が伝わってきました。今回はそんな町田天満宮の訪問リポートをお届けいたします!

町田天満宮とは

町田の繁華街に位置する、活気溢れる神社

町田駅から徒歩圏内にある町田天満宮。その近さから市内でも参拝客の多い神社として知られています。菅原神社・南大谷天神社と並ぶ町田三天神の一つとされており、学問の神である菅原道真を祀っていることから、ご利益のあらたかさもお墨付きです。

境内には幾多の御祭神を祀った大きな木造の拝殿、出世を約束する「出世稲荷社」、七福神である恵比寿を象った「恵比寿神像」など、パワースポットが満載!特に拝殿には行列ができており、言葉には代え難いご利益の強さを感じます。

地域と結びつきが強いのか行事にも力を入れているらしく、祭や神輿巡幸の際には周辺がとても賑わい活気付くようです。七五三などの年中行事や催事にも積極的に取り組んでおり、近隣の方々からなかなかご贔屓されているみたいですね。春になると境内の梅の花が八重咲きになるようで、菅原道眞公の飛梅伝説にちなんだ幻想的な景観をほころばせます。興味のある方はぜひ春にも訪れてみると、素敵な光景に巡り会えることでしょう。

いざ町田天満宮へ!

参宮橋を渡り、大きな社口の前へ

町田駅を西に歩き、歩道橋となっている参宮橋を渡ると社口が見えてきます。目印のようになっている大きな鳥居がインパクトに満ちています。この鳥居装飾らしい装飾がなく、八幡鳥居としてはなかなか珍しいのではないでしょうか。そこから長く伸びる境内にはたくさんの人の姿が。落ち着いた荘厳な雰囲気のある神社ばかり行ってきたせいか、人々の活気が行き交う空気感は新鮮で、地域に愛される神社であることを実感します。

拝殿には行列!脇にある稲荷がいい感じ

神社巡りは結構している方だと自負する私ですが、これほどの拝殿への行列はなかなか見たことがありません。祭神には菅原道真公の他に、遣隋使などで有名な聖徳太子も祀られているのだとか。行列ができるのにも思わず納得してしまいます。拝殿の内部からは加持祈祷をしている神主さんの声も聞こえてきて、改めて霊験のあらたかさを認識させられます。小規模な神社にも関わらず、巫女さんの姿が見えるのも珍しい光景でした。

眺めているとどんどん人が並んでいくので、流石に参拝は諦めましたが、境内のはずれにいくつも並ぶ赤い鳥居を発見。「出世稲荷社」と呼ばれる鳥居は、京都の伏見稲荷から勧請され、市町内の発展と安全が祈念されているとのこと。行列のできる境内に比べるとインパクトは薄れますが、ひっそりと参拝に来ている方も多く、辺りも静謐な空気に包まれていてとてもご利益がありそうな雰囲気でした。

境内の北東には境内社もあり、社の横には七福神の一人である「恵比寿神像」が笑顔で鎮座しています。恵比寿は商売繁盛の神様と謳われていますので、経営者の方はぜひご利益にあやかりたいところです。拝殿には並べませんでしたが、こちらにはきっちり参拝をして場所を後にしました。人気が少なく一息つける穴場的な雰囲気がいい感じ!社の隣には祭事で使われる神輿も展示されていて、そのスケールの大きさと華やかさに圧倒されてしまいました。

他にも天満宮運営祈念の石碑が見れたり、車輌祓いや七五三など行事や祈祷にも力を入れているなど、地域との結びつきの強さが垣間見えます。美しい境内の中で、自由にゆったりと過ごしている皆さんの様子を見ると、神社というより憩いの場と言った方が近いのかもしれません。そう表現できるほどの住民の方からの深い愛着を感じたところで、神社を後にしました!私も将来子供ができたらこういう暖かい神社で七五三をあげたいものです。

町田天満宮へのアクセス

電車でのアクセス

・小田急線 町田駅から徒歩12分。
・JR横浜線 町田駅から徒歩10分。

車でのアクセス

・川崎市方面からの場合国道16号を経由して約1時間強。
・横浜市方面からの場合国道466号を経由して約55分。
・八王子方面からの場合八王子バイパス、国道16号を経由して約1時間。

敷地内の参拝者用駐車場が利用可能ですが、お正月三が日や例大祭などの行事により、駐車場が使用できない場合あり。その際は公共交通機関か、近隣の有料駐車場の利用となります。

住所|〒194-0013 東京都町田市原町田1丁目21番5号
営業時間|AM10:00-PM4:00
定休日|
電話|042-722-2325
公式サイトはこちら