忠生公園で透き通る静寂に包まれる。自然美溢れる公園を歩こう!

公開日:2019/11/21 更新日:2019/11/22

トラベルパートナー:トラベルパートナー: ybaba
北海道出身。現在は東京都に在住しており、都内のマイナースポットの魅力を伝えるべく執筆しています。旅行では中国・四国地方、瀬戸内海沿岸に足を運ぶことが多く、澄み切った海や雄大な自然の姿を眺めるのが好きです。友達が各地に散在していることや、リゾートバイトの経験もあり、47都道府県の訪問になぜか成功しちゃってます。景色・グルメ・レジャーなどこれまで自分が体験してきたモノを、少しでも多く伝えられればなと思います。
透明感のある空気、鳥の鳴き声、木々のさざめき。全てが調和していました。

町田市の総合公園として名高い忠生公園の敷地は広大で、特に豊かな緑と美味しい空気に包まれた「自然観察園」は絶好のビュースポットとして有名です。随所随所に自然の要素が交錯した象徴的な広場などもあり、静寂に包まれながらも言葉には説明し難い神秘的な雰囲気を放っています。人気は少なく自分だけの世界に浸ることができ、園内を彩る秋の紅葉も美しくとても良いヒーリングになりました。今回はそんな忠生公園の魅力について語りたいと思います!

忠生公園とは

雄大な自然と澄んだ空気が調和する、町田市の総合公園

1977年に開園された忠生公園は当初は小さな公園でしたが、徐々にその敷地が拡張され、今では深々とした森と爽やかな水辺、人々が集まる遊具場やソフトボール場など、様々な機能を備えた総合公園になっています。郊外に位置していることもあり知る人ぞ知る穴場スポットとして名高いです。広々とした敷地ではお子さんを連れた家族の方々がのびのびと遊んでいる光景が目につき、自由で開放感溢れる時間を過ごせることでしょう。

公園の性格とは別に、癒しスポットとしても有名な本所。豊かな緑に囲まれた「自然観察園」、自然資源を生かした観察会や体験学習が行える「自然観察センター」など自然を通したコミュニケーションに力を入れているとのこと。特に自然観察園は澄み切った空気の中、沢山の自然と触れ合えることができ、とても落ち着いた気分に浸れます。所々に池や水辺もあり、静寂の中で聞くせせらぎはヒーリング効果抜群。透明感と開放感あふれる空間が都会の喧騒を忘れさせてくれます。

忠生公園を歩こう

早速入園します!

忠生公演前に到着すると、早速園内に入ることに。公園の入り口はいくつもあるそうですが、私は一番ワイルドな「自然館口」を選んでしまったようです。中はすでに深々とした森となっており階段を下って森を抜けていきます。すると視界が開け、目の前には広々とした田園地帯があります。実際農家用の田んぼが敷設されていて、小学生の体験学習によく利用されているようです。

緑を楽しみながら道に沿ってどんどん進んでいきます。夕方に訪れたせいか、人気は少なく、綺麗な空気の中で素晴らしい景色が展開されていきます。道中水が流れる堀や、「源流の池」と呼ばれるスポットを発見!一切の乱れのない池と、それを取り囲む樹林。板張りの足場がまたいい味を出してくれてます。ヨーロッパの風景画のような絵面が眼前に広がっており、思わず閉口してしまいました。

神秘的なスポットが満載の自然観察園

さらに奥へと進んでいくと、ようやく自然観察園の入口に到着。道なりにまっすぐ進んでいくと、今度は「水の広場」と呼ばれるスポットが見えてきます。石造りの外壁と内堀、さらに内堀をめがけて滝が滴り落ちていますが、内堀の池はそれにも動ぜず静かな水面です。水辺で遊ぶ子供達の姿も見え、とても心癒されるスポットになっています。

空がしっかりと見えるほど、敷地は大きく開けていて、素晴らしい景観であることと同時に言いようのない神秘的な雰囲気を放っています。石畳の床面と、意味ありげな石塔が、まるで遺跡や廃墟のを彷彿とさせるデカダンス感を醸し出していて、この手のスポットが好きな人にはたまらないはず。とてもいい景観ですのでぜひとも写真に一枚収めておきたいですね。

広々とした公園は家族の休日にピッタリ

そんなこんなで足を動かし続け、ようやく公園に到着しました。思った通りの開放感があり、秋の紅葉が見事に色めき立っています。家族連れの方々が多く足を運んでおり、皆さん伸び伸びと自由な時間を楽しんでいました。今は秋ですので人気は少ないですが、春には桜が芽吹き、お花見スポットとして地域の人が集まりイベントが行われるそうです。また、広場のふもとには大きなソフトボール場も見え、白熱した試合が展開されていました。

都内ですとこうした大型公園にはどうしても人が集まりがちで、いまひとつ落ち着くことができない方もいるでしょう。ですが、忠生公園はわりかし郊外に位置しているせいか人気も少なく、一人でも家族でも濃密な時間が過ごせるかと思います。マイカーがある方はぜひ休日に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

忠生公園へのアクセス

バスでのアクセス

  • 町田バスセンターから、小山田桜台行き、または下山崎行きバスで、忠生公園前下車。
  • 町田バスセンターから、図師経由野津田車庫行き、小山田行き、淵野辺駅行き、橋本駅行きバスで忠生公園入口下車、徒歩2分。
  • 平日は町田市民バス「まちっこ」(相原ルート)がご利用できます。

車でお越しの方

駐車場がせまいため、なるべく公共交通機関をご利用ください。(収容台数:47台(うち障がい者用1台))
駐車場利用時間:AM6:30-PM6:00(5月から8月はAM6:30-PM7:00)

Address 〒194-0035 東京都町田市忠生1丁目3番1
Hours 24時間開放(ただし自然観察園・忠生がにやら自然館はAM9:00-PM4:30まで)
Closed 年中無休(ただし忠生がにやら自然館は、毎週月曜日(国民の祝日の場合は翌日)、12月29日から翌年1月3日まで)
Tel 042-792-1326
Web https://www.city.machida.tokyo.jp/smph/bunka/park/shisetu/tadao/park05.html