庄堺公園はメルヘンな薔薇の世界!デートにもおすすめ

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Sora

滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。

ようさん咲く薔薇の中に囲まれて癒されるで~!

春になれば温かい空気と咲き始める花が癒されます。実は滋賀県彦根市にも美しい花スポットが存在します。観光にも、デートにも、インスタ映えにも、ドライブの立ち寄りにもおすすめです。ここでは、庄堺公園の見どころや、庭にはどんな薔薇が咲くのか、薔薇の種類も少し紹介します。

庄堺公園は彦根のおすすめデートスポット

庄堺公園とは

庄堺公園は、滋賀県彦根市にある花スポットです。園内には薔薇園、花しょうぶ園、ハーブ園があります。24種類の薔薇が約1200本植えられていて、満開の時期にはメルヘンな世界になります。毎年5月下旬頃からが見頃です。花しょうぶは、毎年6月上旬頃が見頃で、28種類の花しょうぶが約3000本植えられています。ハーブ園では、ローズマリーなど約32種類と豊富なハーブ。無数に咲き広がる薔薇と、花の香りが癒されて日々のストレスを消してくれます。

インスタ映えする!庄堺公園の花園を紹介

庭園の真ん中に立つ薔薇のタワー

白い薔薇のトンネルをくぐると、庭園の中心にピンクと赤の薔薇のタワーが見えます。ベンチに座って薔薇のタワーと一緒に撮影するとインスタ映えし、女子に大人気のスポットです。少し離れたところから見ると、小さな満開の桜の木にも見えてとても可愛いです。この薔薇のタワーは枯れずにずっと咲いているので、いつでも見られます。庭園の真ん中に立っていて、庄堺公園の守り神のようにも思えてきます。

まるで恋人の聖地!ハートの薔薇

さらに見ていくと、ハートの薔薇たちがあります。白、赤、ピンクなどがあり、満開になると綺麗なハート形に咲きます。満開の時にデートに連れて行ってあげたら彼女さんは喜ぶこと間違いなしです。デートに訪れたら絶対に記念撮影しておきたいところです。可愛いハートの薔薇の癒される香りで、恋が叶いそうな気もします。まるで恋人の聖地のようです。女子旅のインスタ映えとしても盛り上がります。

薔薇だけじゃない!梅雨が見頃の花しょうぶ園

https://www.instagram.com/p/BVWJ_6PAf-l/

花しょうぶ園では、畑のような広場に約3000本の花しょうぶが咲いています。栄紫、霧ヶ峰、初鏡、泉川などの江戸系や葦の浮船、若水などの肥後系、夕富士などの伊勢系など全28種類の花しょうぶが見られます。そんなにたくさん種類があったのも驚きました。見頃は6月10日~6月25日頃です。短い期間ですが、スミレ色に染まる庭園がとても美しいため、梅雨の時期になったらぜひ見に行ってほしいです。

庄堺公園の薔薇をちょっとだけ紹介

人気が高い黄色い薔薇ゴールドバニー

1978年作出、原産地はフランス。ゴールドバニーは、たくさんある黄色い薔薇の中でも人気が高い薔薇です。普通の薔薇よりも花びらが細かく咲いているのが特徴で、花形は丸弁カップ咲きと言われています。赤とピンクの薔薇を中心とした庄堺公園に、ぽつぽつと見える黄色い薔薇が可愛らしく彩っています。花もちがいいことも人気の一つで、咲いた後も色あせしにくいです。

たくましさを感じるエヒガサ

1974年作出、原産地は日本。蕾の花色が、日が経っていくと橙紅色へと変化するちょっと面白い薔薇です。日によって違う色に染まるので、いつも見るのを楽しませてくれます。優しさがある黄色に包むように染まるオレンジ色で、力強さの印象もあるように感じられます。

名前も見た目もキュートなニコル

1987年作出、原産地はドイツ。名前が可愛いニコルは、ストロベリーアイス、別名ボーデュアローズの子供です。どちらも花色が似ていますが、花弁数が少し少なく、マニアでないと見分けるのが難そうです。クリーム色と淡いピンクが、キュートでエレガントな印象で、赤い薔薇やピンクの薔薇より特別感があります。

庄堺公園へのアクセス

車でのアクセス

名神高速道路彦根ICから最速で15分です。彦根駅から車で14分です。駐車場は無料で、100台ぐらいのスペースがあります。

電車でのアクセス

彦根駅あるいは南彦根駅で降ります。彦根駅前の県立大学彦根市行バスに乗り、メイプルタウン前で降りてから歩いてすぐ。彦根駅からバスで13分です。南彦根駅からは、駅前の県立大学彦根市行バスに乗り、庄堺公園口大薮線で降りてすぐです。南彦根駅からバスで18分です。

住所|〒522-0085 滋賀県彦根市開出今町
営業時間|24時間営業
定休日|なし
電話|0749-21-3923
公式サイトはこちら