武将ファン必見の佐和山城跡は滋賀県の眺望スポット

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Sora

滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。

山城やさかい気いつけてな

佐和山城は石田三成が築いた城で、現在は形は残っていない城跡になっています。ですが、当時の城を想像できるため、歴史マニアや武将ファンにとってはたまらないスポットです。駅から少し遠く、登山する必要がありますが、歴史に興味を持っている方は生きているうちに絶対に行ってほしい城跡です。登れない方でも、佐和山城を知ることができます。ここでは、佐和山城の歴史を少し説明しながら、城跡の見どころポイントを紹介します。

佐和山城の歴史を少し説明

佐和山城とは

佐和山城は石田三成の居城です。元々は織田信長の家臣である丹羽長秀の居城でしたが、戦国時代に石田三成に渡した後、立派な日本城として完成させた城です。「治部少に過ぎたるもの二つあり 島の左近と佐和山の城」と謳われるなど、歴史に残る城跡の中でも名城と言われています。関ケ原の戦いで石田三成が敗れた後、井伊直政が城主になりました。ですが、彦根城を築いたため、そのまま廃城になりました。

佐和山から城跡へ出発

写真撮影ポイント!小さくて可愛い佐和山城

View this post on Instagram

* * 滋賀県彦根市【佐和山城】22/03/2019 * 先にpostした豪徳寺、松陰神社、彦根城から続く 歴史ヒストリア。 * 佐和山に登る‼️ と意気込んで来たものの… 何だか急に切なくなって退却しました。 * 佐和山から丸見えの彦根城🏯 井伊はちゃんと三成を弔ったのか⁉️ この城跡は切なすぎる… * 直弼は安政の大獄で長州藩士達を処刑。 その直弼も水戸藩士達により暗殺される。 * 徳川家で当時、唯一三成を評価したいたのは 水戸光圀公だったとか… 歴史の因縁はヒジョーに奥深いです。 関ヶ原で西軍の総大将だったのは毛利輝元😂 僕は彼を不動明王と呼びたい。毛利の領地没収ーと君🤣 初代長州藩主です。 * * ①三成屋敷跡の天守模型🏯 ②佐和山遊園の天守模型🏯 ③佐和山遊園の模擬天守🏯 ④大河ドラマ#葵徳川三代 より。 ⑤三成屋敷跡 ⑥佐和山 ⑦彦根城の櫓から見た佐和山 ⑧#宗安寺 …佐和山城の城門だったらしい ここには大阪の陣で討死した#木村重成 の墓もありました ⑨リサイクル♻️城、彦根城🏯 佐和山城からしっかり石垣も頂きました ⑩#三成プリン * #佐和山城 #佐和山遊園 #佐和山城跡 #石田三成 #関ヶ原の戦い #わたしは西軍派 #大一大万大吉 #日本の城 #彦根城 #石垣ファンクラブ #石垣ドラゴンボンバーズ #ドラゴン城巡り

A post shared by Dragon_hiroshi (@d_hiro_1988) on

再現した小さな佐和山城の模型では、五層の立派な名城であったのが分かります。他には、石田三成ゆかりの地と書かれた可愛いデザインのマンホールがあります。まだ城跡に着いてませんが、早速見どころは豊富。佐和山城は山城で厳しい登山になるため、登れない時でも佐和山城が楽しめてありがたいです。駐車場のそばには佐和山城跡の資料、要するにパンフレットが置かれているので、チェックしていきます。

登山の入り口付近には石田三成公像

龍潭寺から佐和山の登山口へ向かいます。龍潭寺の境内には、石田三成の銅像がいます。昭和に建てられた銅像で、立派な姿です。自然の緑の中にドンと佇む石田三成公像は凛々しくてかっこいいです。ちなみに、龍潭寺は井伊直虎が眠る寺であり、ここでも歴史好きにおすすめのスポットになります。龍潭寺の御朱印が頂けるので、佐和山城跡まで行けない方は記念に頂くのも良いと思います。

佐和山から城跡へのハイキングコースの注意点

佐和山から城跡まで約30分登山します。ハイキングコースとして整備されていますが、普段運動しない方はとくに体力と相談しながら巡ってください。体力的になかなか辛いですが、登る価値ありと人気が高い城跡なので、城巡りが好きな方はぜひおすすめです。野生の猿出現するので注意の看板が立っています。マムシも出現する可能性があるので、そこも気を付けながら巡ります。

佐和山城跡の見どころポイント

切なさが残る佐和山城の本丸跡

山を登り約30分後、ようやく本丸跡に到着です。男の人でも厳しい登山なので、途中で断念する方も多数います。城主がいなくなった後、佐和山城の構造物は彦根城へ移築され、残されたものは壊されてしまいました。そのため、現在は城の形も残っていません。佐和山城跡と書かれているだけですが、戦国時代のここには名城と言われる立派な城が建っていたんだと想像できます。城主がいなくなって壊されてしまった名城が勿体なく、切ない気持ちにもなってきます。

わずかに残された佐和山城の石垣の一部

彦根城を築く時に、佐和山城跡の資料と石垣は殆ど持って行かれましたが、石垣がわずかに残っています。一見ちょっと分かりづらいですが、絶対に見逃してはいけないポイントです。廃城になってしまいましたが、当時の一部が残されていると嬉しくなります。滋賀県内には数々の名城があり、石垣が残っている城跡は当時のまま立派に残されているものが多いですが、佐和山城跡の石垣はこれだけなのでかなり貴重です。

山頂からは彦根八景を眺望できる

View this post on Instagram

そして佐和山城跡へ 石田三成の生き様には、ずっと惹かれるものが有ります😌✨ 捻じ曲げられた歴史も、また変わるかもしれません。 麓にある、龍潭寺というお寺から佐和山城跡を目指します✨ かなり急な山道の為、なかなかハードな登山となりました😅💦 昔の人達は、どうやって日々登っていたのか不思議に思います! 三成の居城であった佐和山城、関ヶ原の合戦後、取り壊しとなり…やはり敗戦の武将側の城跡は寂れてます…木々が朽ち果てたまま放置され… 「大一 大万 大吉」のもと、世の中を変えようと、三成はここに立っていた…そして、時は流れ この同じ場所に、自分がいる事が嬉しく思います😊 今、三成がこの場所に立ったなら、今の世をどう思うでしょうか? 良き思い出となりました✨✨ #彦根 #彦根八景 #佐和山 #佐和山城 #佐和山城跡 #石田三成 #石田三成が好き #石田三成公 #石田三成公像 #龍潭寺 #大一大万大吉 #天下太平 #武士の夢 #また来たい

A post shared by 伊藤 正行 (@masa_ito1976) on

看板には彦根八景、武士の夢、佐和山と書かれています。琵琶湖、比叡山、彦根城を見下ろすことができ、夕焼けの時間帯には絶景です。城跡にはベンチが設置されているので、滋賀の大自然を眺めながらお弁当を食べたり、城跡のイメージを膨らませて楽しめられます。城巡りとハイキングを同時に楽しめて、アウトドアにも最適です。

佐和山城跡へのアクセス

車でのアクセス

最寄り駅の彦根駅から車で最速で6分です。彦根駅から駅前お城通りと佐和山通りを進み、船町東の交差点を右折し、東山公園を通り過ぎてもう少し進むと見えてきます。駐車場は20台ぐらい入ります。

電車でのアクセス

最寄り駅は彦根駅です。大阪駅から彦根駅まで1時間30分。京都駅から彦根駅まで49分です。彦根駅から佐和山城跡まで徒歩20分です。徒歩では厳しい距離なので、駅前のレンタサイクルを利用することをおすすめします。

住所|〒522-0007 滋賀県彦根市古沢町
営業時間|24時間営業
定休日|なし
電話|0749-30-6120
公式サイトはこちら