小樽オルゴール堂本館で極上の音色を楽しもう!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: yui

出身地は北海道札幌市。得意なエリアは東南アジアです。世界遺産と写真とグルメが大好き。世界の海でダイビングもしています。

お土産にもぴったりなオルゴールがたくさん売られる広〜いお店を大紹介!!

歴史とロマン香るノスタルジックな港町、小樽。ここ小樽でお土産といえば、オルゴールが有名です。そもそもなぜ小樽でオルゴールが有名なのかは諸説あるようですが、ここでは店内に約3000種類以上のオルゴールを置く小樽オルゴール堂本館をご紹介します。大人も子どもも思わずうっとりしてしまう音色を楽しみましょう。

小樽オルゴール堂本館とは

赤レンガ造りのノスタルジックな建物の秘密

明治45年(1912年)築の米殻商本社社屋を再生して建てられた小樽オルゴール堂。小樽の歴史的建造物の建物は、北のウォール街で有名な色内通り周辺に見られるように石造建築や重厚な石造倉庫群が有名です。しかしここオルゴール堂は赤レンガ造りと石造りの2棟からなっており、店内はレンガ造りを生かしたノスタルジックな空間となっています。今では観光客がお土産を求めてやってくる小樽オルゴール堂本館となっており、中では幻想的な音が静かに響きわたっています。

小樽オルゴール堂本館内部へ行ってみよう

歴史ある蒸気時計

小樽オルゴール堂本館の入口近くには、高さ5.5メートルの蒸気時計が立っています。この蒸気時計は、カナダの時計職人により、カナダのバンクーバー市の観光名所ガスタウンに作られたものと同じ型で、ブロンズ製です。時計自体は電動式ですが、コンピュータ制御によりボイラーで蒸気を発生させて1時間ごとに時刻を告げる他、15分ごとに蒸気で5階音のメロディーを奏でています。

木骨レンガ造りの内観

小樽オルゴール堂本館の中に足を踏み入れると、優しい灯りと美しい音色が響く幻想的な空間となっています。建物内部は木骨れんが造りの2階建て。高さ9メートルの吹き抜けの大ホールがあり、どこからも優しい音色が響きます。主に1階がお土産用オルゴール、2階が高級オルゴールやオルゴールの展示が並びます。外見の印象よりも中は広く、見ごたえがあります。時間をかけてゆっくり見て回りましょう。

お土産にオルゴールを買おう

1階はお土産にぴったりなオルゴールが並びます。中には外国人のお土産用に、お寿司型のオルゴールや、招き猫のオルゴールも。他にも、くるくる回るしかけが可愛い人形型オルゴールや宝石箱やアクセサリーケースにもなる箱型オルゴール、時計や写真立てとセットになったオルゴールなど、使い勝手の良いオルゴールが並びます。贈り物や、小樽を訪れたお土産に大人気です。

中には貴重な仕掛けオルゴールも

2階へ上がると、貴重な仕掛けオルゴールが展示されています。オルゴールの歴史は古く、かつてはヨーロッパで娯楽施設に置かれるオルゴールが数多くあったそうです。小樽オルゴール堂本館ではそのような貴重なオルゴールをいくつも展示しています。この写真はフェアグランドオルガンといい、主にメリーゴーランドやカーニバル、サーカスやスケートリンクで用いられたオルゴールで、とても大きな音が出るオルゴールです。小樽オルゴール堂2号館では、アンティークオルゴールの実演が行われています。

オルゴールの歴史をジオラマで学ぼう

小樽オルゴール堂本館の2 階では、ジオラマによるオルゴールの歴史とその時代背景がわかる展示があります。そのジオラマの精巧さは、思わず時間をかけてじっくり眺めたくなるほど。小さなお家で手作りのオルゴールを作るところから始まり、時代とともにその形を変えてきたオルゴールの歴史を身近に感じることができます。ぜひ足を運んで欲しいコーナーです。

小樽オルゴール堂は小樽に全部で6軒ある

小樽オルゴール堂は、小樽に全部で6か所あります。小樽オルゴール堂2号館では時間によってアンティークオルゴールの実演があり、貴重なオルゴールの音を聴くことができます。小樽オルゴール堂堺町店では、岩永時計店であった歴史的建造物を用いてお土産にぴったりなオルゴールを販売しています。小樽からくり動物えんでは、動物園をテーマにした動物雑貨の専門ショップとして、特に子どもに人気です。小樽オルゴール堂夢の音は、ミッキーやプーさんなど、いろいろなキャラクターオルゴールの専門店です。そして小樽オルゴール堂手作り体験遊工房は、世界に一つだけのオリジナルオルゴールを作れるお店となっています。

小樽オルゴール堂本館へのアクセス

・JR南小樽駅より徒歩7分

住所| 北海道小樽市住吉町4-1
営業時間|AM9:00〜PM6:00(祝前日・金・土は夏季のみAM9:00〜PM7:00)
定休日|なし
電話|0134-22-1108
公式サイトはこちら