海の駅蜃気楼で魚津のまいもんを独り占め

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: momoume

旅行と温泉大好きな元新聞記者です。石川県の日帰り温泉はほとんど制覇しました。個性豊かな温泉を求めて今は北陸3県を中心に駆け巡っています。車の中には温泉セットが常備されています。北陸の穴場スポット、美味しいもの、道の駅ならおまかせあれ。東南アジア、沖縄にもよく出かけます。

数量限定の幻の朝採れ丼はウンマイぞ

富山県の魚津(うおづ)といえば、蜃気楼が有名です。蜃気楼の見える確率が高く、多くの目撃情報があるしんきろうロード沿いにあるのが、海の駅蜃気楼。「道の駅」ではありません。「海」なんです。蜃気楼の観測地点でもある、魚津埋没林博物館が隣にあり、歩いて3分もかかりません。海の駅蜃気楼では、富山湾のとれたての魚の即売などで、連日大勢の観光客でにぎわっています。数量限定の「幻」の海鮮丼もあるそうです。幻の海鮮丼を求めて、富山湾の恵みをギュッと凝縮した海の駅蜃気楼を訪れました。

海の駅蜃気楼で魚津のまいもんを独り占め

数量限定の幻の朝とれ丼はウンマイぞ

平成16年にオープンした海の駅蜃気楼は、食と物産販売、情報発信の複合施設です。富山では獲れたてのことを「キトキト」といいますが、水揚げされたばかりのキトキトの魚の即売コーナー、旬の魚がてんこ盛りの海鮮丼や定食が頂ける飲食店、魚津の特産品を取りそろえたお土産コーナーなどが人気です。魚津港がすぐ近くにあるため、魚の鮮度は他とは比べ物にならないくらい。朝採れの鮮魚は午前中で売り切れてしまうくらい人気です。

即売コーナーのキトキトの魚はどれも光っていた


「じゃんとこい市」の一角にある魚介類の即売コーナーは、海の駅の目玉です。魚津港で取れたばかりのキトキトの魚介類ばかりだから、つやつや光って、どれも美味しそうです。買って帰るだけでなく、魚によってはその場で刺身にしてくれるものもあります。ホタルイカやシロエビといった深海の富山湾でしか獲れない魚、ブリやノドグロなど日本海特有の魚がずらりと並んでいる光景は、見ているだけで楽しめます。第2・4日曜日の朝市も大人気です。

ホタルイカのくん製やこぶ締めなど富山らしさがいっぱい


物産販売コーナー「じゃんとこい市」は、水揚げされたばかりの旬の魚だけではありません。四季折々の農産物や富山の銘菓、民芸品なども販売しています。魚の加工品も富山らしい魅力がいっぱい。訳ありホタルイカのくん製、ホタルイカの塩辛も富山ならではのお土産としておすすめです。富山といえば、昆布の消費量が日本一です。昆布で巻かれた蒲鉾も本当に美味しいですよ。地酒や地ビールも目移りしそうなくらい、数多く並んでいました。

週末は大混雑!カニや甘えびの浜焼きイベントも

週末になると、鮮魚を買い求める人で大混雑します。イベントスペースでは、毎週末には浜焼きが開催され、行列ができることも。キトキトの甘エビや紅ズワイガニ、アジなどを七輪の炭火で焼くのですが、新鮮な鮮魚をあえて焼くなんて贅沢すぎる。毎年2月の第1日曜に開催される「魚津かにの陣」も大人気で、なんと来場する先着100名様に「紅ズワイガニ」1杯がプレゼントされます。「カニ籠漁」発祥 の地・魚津ならではの太っ腹なイベントです。

本物の蜃気楼が見えなくても、展示パネルでどうぞ

施設の名前通り「蜃気楼」を紹介した展示パネルもあります。蜃気楼は、3月下旬から6月初旬にかけて魚津市の海岸で多く見ることができます。 天気の良い日に、魚津港沖の海上に霞が浮かび上がるようにして現れるそうです。短いもので数分、長ければ数時間にも及び、神秘的な現象が繰り広げられます。 魚津のように季節を定め、しかも出現度数が多いのは、世界でも珍しいとか。海の駅に車を停めて、不思議な世界をぜひ味わってください。

幻の朝採れ丼は数量限定!あっという間に完売します


お食事処「幻魚房(げんげぼう)」にある幻の海鮮丼「朝取れ丼」は、これぞ魚津の魚という歯ごたえのある鮮魚が乗った丼で、しかもとってもリーズナブル。数量限定で、すぐに完売してしまうため、海鮮丼目当ての方はお早目に。朝採れたばかりの魚をご飯の上に乗せるので、種類はいつも異なっています。訪れた時は、スズキ、カンパチ、アジが乗っかっていました。コリコリした食感のバイ貝飯、ブリやノドグロのお刺身定食も美味しそうです。

げんげんぼう(幻魚房)の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 げんげんぼう(幻魚房)
住所 〒937-0000 富山県魚津市村木定坊割2500-2 海の駅蜃気楼内
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カメラを手にした蜃気楼の愛好家も姿も

海の駅蜃気楼周辺は、蜃気楼の出現スポット。カメラを手にした愛好家の姿をよく見かけます。施設の入り口は公園のようになっているので、のんびり海を眺めるのもいいでしょう。春先から夏にかけては蜃気楼の出現率も高く、運がよければ蜃気楼を見ることができるかも。施設内には、FMコミュニティ放送「ラジオ・ミュー」のサテライトスタジオがあり、魚津や蜃気楼の情報を発信しています。魚津に来たなら、海の駅蜃気楼は外せませんよ。

海の駅蜃気楼へのアクセス

車での行き方

北陸自動車道魚津ICから車で約7分です。駐車場は200台を収容できる広さ。(大型車30台です)料金は無料。

電車での行き方

あいの風とやま鉄道魚津駅から車で約5分です。

住所|〒937-0000 富山県魚津市村木定坊割2500-2
営業時間|AM9:00~PM6:00
定休日|無休
電話| 0765-24-4301
公式サイトはこちら