花見小路はオトナ女子におすすめしたい祇園の街

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

石畳が続く街並みを楽しんでおくれやす~

京都の繁華街と言えば有名なのが祇園ですよね。その祇園の中でも舞妓さんが通う花街がある花見小路は風情のある京都を満喫できるおすすめの観光スポットです。散策や写真撮影、社寺にカフェなどおすすめの楽しみ方をご紹介します!

花見小路ってどんなところ?

祇園界隈にある京都一の花街

祇園の南エリアにあり、南北を走る花見小路は祇園エリアでも人気の高い観光スポットのひとつ。舞妓さんや芸妓さんが活躍する花街として知られ、憧れの京の町並みを散策してみたい人におすすめの観光スポットです。

花見小路では昔ながらのお茶屋や京町屋を利用した甘味処などの京都らしい店が軒を連ねています。老舗の料亭など一見さんお断りの店もあり敷居が高いかと思いきや、観光客も多く入りやすいお店も多いのでご安心を。気軽に入れるカフェなどもあります!

花見小路の楽しみ方を徹底的にご紹介!

健仁寺は花見小路のスタートにもおすすめ

花見小路は南から北に向かって観光するのがおすすめで、まずは花見小路の南の端に位置する健仁寺から観光スタートするのがマスト。

ここ花見小路も、もともとは健仁寺の境内の一部でもあったのです。健仁寺では有名な風神雷神図屏風や双龍図など、迫力のある美術品の数々を見ることができます。個人的におすすめなのは四方を建物に囲まれた枯山水庭園。見どころが多いのですが朝一番なら観光客も少なくゆっくりと見学できますよ。

住所|〒605-0933 京都府京都市東山区大和大路建仁寺内通四条下る小松町
営業時間|AM10:00-PM17:00
定休日|なし
電話|075-561-6363
公式サイトはこちら

祇園らしいレトロな街並みに酔いしれよう

建仁寺への参拝後はいよいよ花見小路の中心エリアを散策しましょう。特に人気があるのは建仁寺から四条通りへ向かう通り。通りではお座敷に向かう舞妓さんの姿もよく見かけます。

京町屋が立ち並び、赤ちょうちんや昔ながらの赤い丸ポストなど、古都・京都ならではの雰囲気が楽しめます。着物や浴衣を着て散策を楽しんでいる人も。ここでしか撮れない趣きのある写真が撮れるとあって京都有数の人気撮影スポットになっています。

憧れの祇園で甘味三昧も!

祇園きなな

散策や撮影を中心に楽しむのも良いですが、観光の合間にふらっと立ち寄れるカフェもおすすめです。花見小路で京都らしさを満喫できるおすすめのカフェをご紹介します!

どのカフェも人気の観光スポットとあってどうしても混雑しがち。観光客が多いので時間をずらして利用するのも手です。

ひとつめは「祇園きなな」。花見小路のメインストリートから一本西へ入った西花見小路通りにあり人通りも少なめなので、タイミングが良ければ待たずに入れることも。丹波の黒大豆のきなこを使ったきなこアイスが絶品です!

祇園きなな 本店の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 祇園きなな 本店
住所 〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570-119
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

祇園NITI

花見小路の路地奥にある「祇園NITI」は、築100年の元お茶屋を利用したカフェ。店内はゆったりとしたレイアウトで贅沢な時間を過ごせます。天然水で作られた、ふわふわのかき氷が有名ですがケーキやぜんざいなども。どれも手の込んだ甘味が揃っています。

ちょっとした庭園を眺めながらほっと寛げるところが魅力。カフェのほか、夜にはバーとしても営業しているので夜遅くまで花見小路を楽しみたい人にもぜひ。

祗園 NITIの住所・アクセスや営業時間など

店舗名 祗園 NITI
住所 〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570-8
営業時間 月・火・木~日 カフェ:11:00~18:00(L.O.17:30)
月~土 バー:19:00~翌2:00
食事の予算 1500円
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ぎおん徳屋

View this post on Instagram

ぎおん徳屋💚 🍃お抹茶の本くずもち🍃 [京都 祇園四条] ▽ 本葛に抹茶と和三盆糖を合わせて作られた本くずもち😋 抹茶きな粉とつぶあんのトッピング付き◎ 本くずもちはとぅるんとぅるん食感で、 グリーンティーを飲んでいるかのように 抹茶の清々しい苦みが味わえる🍃 味がしっかりしているから何も付けなくても美味しい😊 だけどトッピングを加えるとまた違う味を楽しめる。 花型の抹茶きな粉は抹茶もきな粉もとても香り高い💕 つぶあんはあんみつのように甘めだけど 豆本来の味がしっかり味わえる! -−−−−−−−−−−−−−−−−−− お抹茶の本くずもち ¥1,200 🍃抹茶濃度★★★★☆ 》甘味 ーーー○ー 苦味 ❤美味しさ★★★★☆ 🌟おすすめ★★★☆☆ −−−−−−−−−−−−−−−−−−− #お抹茶の本くずもち #ぎおん徳屋 #本くずもち#くずもち#わらびもち #京都カフェ#抹茶カフェ#祇園四条カフェ#祇園カフェ – #抹茶#宇治抹茶 #matcha#greentea #抹茶好き#抹茶好きな人と繋がりたい #i_matchacha_カフェ

A post shared by I💚matcha【抹茶】 (@i_matchacha) on

花見小路で美味しいわらび餅が食べられるお店として知られる「ぎおん徳屋」はメディアで取り上げられることも多くメジャー行列が絶えない人気店。徳屋のわらび餅は舞妓さんにも人気の一品です。

注文してから練り上げるため、作り立てのわらび餅がいただけます。柔らかすぎずコシのある食感がヤミツキに。売り切れ次第閉店なので早めに訪れるのがマスト。持ち帰りもあるのでお土産にもおすすめです!

ぎおん徳屋の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 ぎおん徳屋
住所 〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570-127
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

京料理をたしなみたい人におすすめ

祇をん豆寅

View this post on Instagram

祇をん豆寅 ♡ . 京都の祇園花見小路にある『祇をん豆寅』さん😋🍴 . おちょぼ口の舞妓さんでも食べられるように…という思いを込めて作られた一口大のかわいい豆すしを頂けるお店です☺️✨ . . ランチで頂ける「豆すし膳」🍽 目の前で木の箱を開けて頂くと、綺麗に並んだ色とりどりの豆すしが…💓 色んな種類が食べられるのも、食べやすいサイズなのも嬉しいポイント✨✨ もちろん先付や椀物や揚物、全てのお食事が美味しかったです💕 . . ずっーと行きたかった念願の豆寅さん✨ まさかの母が、知り合いから評判を聞き偶然予約してくれていました😂💕 とても人気のお店なので、早めの予約がおススメです🎀 . . #祇をん豆寅 #豆寅 #豆すし #豆寿司 #お寿司 #花見小路 #京都 #京都ランチ #京都グルメ #祇園 #京都旅行 #そうだ京都へ行こう #kyoto #gion #sushi #japanesefood #dokoiku #retrip_gourmet #kyotostyle #purelamo #aumoグルメ #genic_cafe #カメラ女子 #京都カフェ巡り #インスタグルメアワード2019 #ルトロン #カフェ巡り #写真好きな人と繋がりたい #カフェ好きな人と繋がりたい #ruka_京都カフェ

A post shared by ruka♡ (@ruka_rhythm) on

せっかく祇園に訪れたのなら本格的な京料理も味わってみたいですよね。花見小路には一見さんお断りの料亭も多く、どこに入っていいか悩むことも。そんな人におすすめなのが豆寅です。

豆寅は実際に舞妓さんも利用する元お茶屋をリノベーションした料亭で、観光客でも京料理を楽しむことができます。

名物は豆すしで四角い木箱を開けると、ひと口サイズのお寿司が綺麗に並べられています。これは舞妓さんがおちょぼ口でも食べられるように工夫されたもので、女性客からも評判です。

祇をん豆寅の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 祇をん豆寅
住所 〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570-235
営業時間 月~日 昼の部:11:30~14:00(L.O.14:00)
月~日 夜の部:17:00~21:00(L.O.21:00)
食事の予算 12000円
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

花見小路へのアクセス

車でのアクセス

第二京阪道路、鴨川西ICより車で約10分ほどです。周辺にあるコインパーキングに停めることができます。花見小路通り沿いは車が通れますが人通りも多いので少し離れた駐車場に停めるのがベスト。

公共交通機関でのアクセス

京阪電車、祇園四条駅より歩いて1分ほどです。

住所|〒605-0074 京都府京都市東山区祇園四条通周辺
営業時間|店舗によって異なる
定休日|店舗によって異なる
電話|075-531-2288
公式サイトはこちら