瑠璃光寺で国宝の五重塔と四季折々の風景を楽しもう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: nanoha

出身地は広島。得意なエリアは中国地方です。パワースポットや食べ歩きが好きなので、神社仏閣やグルメが楽しめるスポットの紹介が得意。列車での旅はもちろん、サイクリングやドライブでのお出掛けも好きです。

歴史感じる建築物はとても風情があるっちゃ

山口県山口市にある曹洞宗の寺、瑠璃光寺。趣がある古い建物と四季折々の風景が楽しめるここは、散策はもちろんデートにもぴったり。中でも、室町時代に作られた五重塔は、圧巻の美しさです。今回は、そんな瑠璃光寺の歴史や見所を、たっぷりご紹介します。

自然豊かな場所に佇む曹洞宗の寺

国宝に指定された五重塔がある

瑠璃光寺は、自然豊かな山口県山口市香山町にある曹洞宗の寺です。この場所にはもともと大内義弘が立てた香積寺という寺がありましたが、関ヶ原の合戦のあとに毛利輝元が萩に引寺。代わりに仁保にあった瑠璃光寺を移築したものが、現在の姿となっています。豊かな自然に囲まれている風光明媚な場所で、国宝に指定されている五重塔がある事で有名な場所です。

国宝の五重塔を見よう

大内義弘を弔うための塔

国宝であり、日本三大名塔としても知られている、瑠璃光寺五重塔。1442年に大内盛見が、兄である大内義弘を弔うために建てたものです。高さは31.2m。桧皮葺の屋根を持つ和様建築で、室町時代の建築物にしては装飾が少ないのが特徴。春には桜、秋には紅葉など、四季折々の風景と五重塔が織りなす風景が楽しめる他、日没から22時まではライトアップもあるので、時期や時間帯によって異なる表情を見せるのも魅力的です。

瑠璃光寺を参拝しよう

御本尊は薬師如来

瑠璃光寺の御本尊は、薬師如来。階段を登り、向かって右手側に安置されています。長寿のご利益があるとされているので、ぜひお参りしましょう。また、薬師如来像の向かって左手側には大念珠もあります。回しながら8回数珠を落とすと、煩悩を除いてくれるそうですよ。

本堂に入ってみよう

階段を登り、まっすぐ行く先にあるのは本堂です。ここは、外からお参りができる他、靴を脱いで中に入る事ができます。中には、不動明王や子安観音、水子地蔵などを安置。きらびやかで荘厳な姿を見る事が可能です。また、体の悪い部分を撫でると良くなるという、なで仏もあり、触ってお祈りする事ができますよ。

さまざまなご利益を持つ地蔵

境内には、さまざまなご利益を持つ地蔵や像などがあります。例えば、水をかけて心願成就やがん・ぼけ封じを祈る水掛け地蔵や、悪い因縁・病気・縁談・不幸から見切りをつけてくれる身代わり地蔵などです。それぞれ意味やご利益が違うので、一つ一つ回ってお祈りしてみてはいかがでしょうか。

資料館にも行ってみよう

芸術品の展示もある

瑠璃光寺の敷地内には、瑠璃光寺資料館も併設されています。ここには、模型やパネル展示で瑠璃光寺をはじめとする五重塔の仕組みなどを説明しており、詳しく知る事が可能。また、水墨画家の雪舟が書いたとして知られている山口県指定文化財の肖像画なども展示されています。

住所|〒753-0081 山口県山口市香山町7-1
営業時間|AM9:00〜PM17:00
定休日|なし
電話|083-924-9139
公式サイトはこちら

ちょっと一休みできる場所も

飲み物やソフトクリームに舌鼓

瑠璃光寺の入り口には甘味処があり、瑠璃光寺名物の甘酒やあめ湯などのドリンクやソフトクリームをはじめとした甘味を購入し、店先で食べる事ができます。瑠璃光寺や周辺散策で歩き疲れたら、ここで一服してみるのはいかがでしょうか。

住所|〒753-0081 山口県山口市香山町7-1
営業時間|AM10:00〜PM17:00
定休日|不定休
電話|083-925-1227
公式サイト|なし

瑠璃光寺へのアクセス

車での行き方

瑠璃光寺まで車でアクセスする場合、最寄りのICは中国自動車道小郡ICです。そこからは一般道を通って約20分程度で到着します。瑠璃光寺の目の前には無料の駐車場が整備されているので、そこを利用しましょう。

バスでの行き方

JR山口駅、新山口駅、湯田駅などから、バスで瑠璃光寺付近まで行く事もできます。その場合は、中国JRバスか防長バスを利用し、県庁前のバス停で降りるか、コミュニティバスを利用し、香山公園五重塔前のバス停でおりましょう。県庁前のバス停からは徒歩約15分、香山公園五重塔前のバス停なら徒歩約5分で着きます。

住所|〒753-0081 山口県山口市香山町7-1
営業時間|なし
定休日|なし
電話|083-924-9139
公式サイトはこちら