玄海海中展望塔は水族館とはひと味違う本当の海が見れる

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: AO

福岡生まれの福岡育ち、九州周辺を旅行することが多いです。 お寺や神社が好き。子供と遊べるような公園や動物園などもよく利用します。

海の中には美味しそうなお魚がたくさんよ

漁業が盛んな土地、佐賀県の波戸岬には面白い展望塔があります。その名も玄海海中展望塔。文字通り海の中を見学できる、日本でも珍しい展望塔で、そこから見れる光景はここでしか見れない面白いものになっています。

海の中の展望塔

天然の水族館

玄海海中展望塔は日本で唯一の海中展望塔として作られた建物です。昭和49年12月1日にオープンしました。現在でも海中展望塔は全国に7ヶ所しかなく、かなり貴重なものになっています。

展望室からは文字通り玄海の海の中を見学できる仕組みになっています。ここ見える光景は水族館とはまた違った、不思議で面白いものになっていますよ。

素敵な場所にある展望塔

展望台がある波戸岬も景色がいい

海中展望塔は波戸岬の陸地から桟橋をわたった場所にあります。波戸岬はハート岬とも呼ばれており、恋人の聖地に認定されている場所です。そんな波戸岬はかなり展望が良く、玄海を見渡せる場所です。

展望塔に入る前に一度ここから展望塔の方を眺めておくと玄海の美しさやその雄大さ、展望塔の不思議な作りが感じられ海中をいっそう楽しむことができると思います。

地上にある受付から降りる

当たり前ですが、海中展望塔はの展望室に行く為には上にある受付から下がっていく作りになっています。これだけでも意外とインパクトがあり、不思議な気分になれる場所です。

また海上デッキも設けられており、こそから玄海に浮かぶたくさんの島を見ることができます。海の上だからこそ波戸岬とはまた違った魅力がある光景を楽しめますよ。

たくさんの魚が見れる

この展望塔のメインは当然ですが、海中にある24個の窓です。ここからは約30種類のクロダイやカサフグ、ソラスズメダイなどの魚や海草・貝類などを見ることができます。

釣りの時には好まれないカサフグも水中で見る分には可愛らしく、ソラスズメダイの美しい青色も目を引きますよ。クロダイなどの美味しそうな魚も玄海の自然の恵みを感じれるのでおすすめです。

面白い作りの内部

展望塔内部は階段を降りて行く仕組みになっています。この作られた目的を考えると当たり前のことなんですが、利用者から見ると秘密基地のような気分にして楽しませてくれる場所です。

全部で20メートルの展望塔ですが、水中に伸びているのは7メートルほどになっています。この水中部分はまるで潜水艦のような雰囲気で、不思議な建築好きなら1度は見て欲しい光景になっています。

ここで食べれる玄海グルメ

佐賀と言えばやっぱりイカ

佐賀ときえば名物はやっぱりイカ。イカの活け作りは、海中展望塔で玄海の恵みを頂きたくなった時におすすめしたいメニューです。

佐賀のイカの活け作りは透明度が高く、甘みがあり美味しいですよ。大抵のお店では食べ終わったら後作りとして、下足やミミを天ぷらや煮付けにしてくれるようになっています。こちらも柔らかく絶品、是非一度食べてみてください。

波戸岬名物のサザエ

他にもおすすめしたいグルメはサザエのつぼ焼きです。こちらはすぐ近くの波戸岬でも頂くことが出来ます。特製のタレがかかった取れたてサザエのつぼ焼きは絶品で1度食べると感動する味です。

他にも呼子を中心とした佐賀の名物のイカや、冬場限定の牡蠣などの海鮮も一緒に販売されています。どれも新鮮で美味しく、ここでしか食べれない味わいです。

玄海海中展望塔へのアクセス

車を利用する場合

唐津の中でも端の方にある玄海海中展望塔は、JR唐津駅からは車で40分程度です。駐車場は235台分ありますが、一部は有料なので注意してください。

公共交通機関を利用する場合

唐津駅バスセンターからは昭和バスに乗れば便利です。最寄りバス停は波戸岬でそこから徒歩5分ほどで着きます。

住所|〒847-0404 佐賀県唐津市鎮西町波戸1628番地1
営業時間|4月~9月 9:00~18:00 10月~3月 9:00~17:00
定休日|無休(天候不良による臨時休業あり)
電話|0955-82-5907
公式サイトはこちら