玄海エネルギーパークで原発について学ぶ!屋外施設も充実!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: AO

福岡生まれの福岡育ち、九州周辺を旅行することが多いです。 お寺や神社が好き。子供と遊べるような公園や動物園などもよく利用します。

外の公園も広くて楽しいばい

佐賀の西側にある玄海原子力発電所。その直ぐ近くにある玄海エネルギーパークは、次世代エネルギーについて学べる施設とバーベキューや草スキー、水遊びなども出来る大きな公園が一体化した施設です。

原子力と自然の施設「玄海エネルギーパーク」

原発について学べる公園

美しい海に囲まれた自然が多い玄海原発、その近くにあるのが玄海エネルギーパーク。この施設は原発について子供でも分かりやすく学べるだけでなく、広くて遊具がたくさんの公園や色とりどりの花が咲く温室なども完備した施設です。夏休みの自由研究などにも利用しやすい、子供がいる家庭におすすめしたいスポット。

原子力発電について解説

原子炉についての解説が聞ける

原因をはじめ、発電について知ることが出来る玄海エネルギーパーク。天気が良い時だと「風の庭」で風力発電について、「光の庭」で太陽光発電について知ることができます。

もちろん、原子力発電についても実物大のレプリカを見ながら説明を聞くことができますよ。動くレプリカはそのサイズもあってとても興味深く、楽しみながら説明が聞けます。

子供たちにも解りやすく解説

近未来的な玄海エネルギーパーク、2階ではロボットが出迎えくれます。4階の風の庭では風力発電、3階の光の庭では太陽光発電について体験出来るようになっています。

またスタンプラリーのようなものやミッションをクリアしていくものなど、楽しみながら学べる要素がいっぱい。高学年向けや幼児向けなどの種類もあるので、子供の年齢問わず遊べますよ。

他にも楽しめる場所が満載の園内

大きな複合型遊具も設置されている

パークというだけあり、公園としての要素も多い玄海エネルギーパーク。アスレチック広場には複合遊具が設置されており、休みの日には子供たちがたくさん遊んでいます。

まだ解説が理解できない子でも楽しめるゾーンがあることで、科学に興味を持った少し大きな子と幼児などがいる家族でも、利用しやすいのはありがたいですね。

子供たちが大好きなゴーカート

子供たちに人気の遊園地の定番ゴーカートやミニ列車、玄海エネルギーパークにはそれに近いものがあるんですが、実はひと味違います。

車は太陽電池や燃料電池で動く電動カーで、ミニ列車は太陽エネルギーで走るようになっているんです。普段でも楽しい乗り物ですが、発電やエネルギーの仕組みを知った後に乗れば、さらに楽しめること間違いなしですよ。

さまざまな植物が見れる温室

玄海エネルギーパークには大規模な温室が設けられています。一般的に観賞用の温室と言われてイメージするものに近い熱帯温室だけでなく、くつろげるスペースや噴水があったりと異国のセレブの庭のような雰囲気です。

また玄海の棚田をイメージした外庭は他の場所では見ない作りになっており、写真にも映えると人気の場所。

夏におすすめの水遊びゾーン

この公園では、夏には人工の川で水遊びも出来るようになっています。小さな広場ですが、子供たちが遊ぶ程度には十分なスペースがあり、真夏の外遊びにはありがたい場所です。

他にも子供向けに作られているので、ベビーカーの貸し出しや授乳スペース、オムツ替えの台などの環境もしっかり整っていて乳幼児を連れて訪れても困ることはありません。

玄海エネルギーパークへのアクセス

車を利用する場合

多久インターチェンジから車で約71分、JR西唐津駅からは車で約30分程度で着きます。駐車場は普通車50台・大型車12台で、マイナースポット気味なので停めれると思いますが、施設の規模はかなり大きいので人が集まるシーズンだと不足するかもしれません。

バスを利用する場

唐津駅のすぐ側にある昭和バス唐津大手口バスセンターから玄海原子力発電所に行くバスに乗ります。最寄りバス停は玄海エネルギーパークです。

住所|〒847-1441 佐賀県東松浦郡玄海町大字今村浅湖4112−1
営業時間|9時~17時
定休日|毎月第3月曜日 (但し第3月曜日が祝日の場合はその翌日) 年末年始(12月29日~1月2日)
電話|0955-52-6409
公式サイトはこちら