日枝神社は子宝祈願として有名で子宝の杉は迫力満点で見ごたえあり!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

修善寺の温泉場に位置する神社は子宝祈願で知られ立ち寄りスポットとしておすすめな神社さ~

修善寺にあり子宝祈願や縁結びで有名な日枝神社。こじんまりした境内にはたくさんの見どころがあり、立ち寄りパワースポットとして多くの観光客が訪れています。そんな日枝神社をご紹介します。

修善寺で一位二位を争う有名な神社

子宝祈願のパワースポット

修善寺温泉街の一角に位置し、国内や国外からの観光客でにぎわいを見せる、日枝神社。子宝祈願や縁結びで知られパワースポットとして有名。こじんまりした境内ですが、見どころはたくさんあり、立ち寄りスポットとしておすすめです。

境内にはパワーをいただける樹があり、1つは県の天然記念物に指定されている高さ25mある一位樫、もう1つは樹齢800年以上の子宝の杉になります。どちらも大きく迫力満点。写真スポットとしても有名です。

日枝神社の楽しみ方

温泉街にひっそり佇む子宝神社

修善寺の温泉街にあり食事処、土産処に混じり佇む日枝神社。そのため、観光客は食事や土産に目を奪われ神社を素通りしてしまうほど。神社目の前の道は細く車通りも激しいため、なおさらである。

所在地をGoogle Mapで探すと日枝神社の拝殿にピンが立つため、間違いなく迷います。そのため、写真の鳥居を探してください。赤い橋である渡月橋から徒歩10秒ほどでこの鳥居に到着します。

階段を登ると目の前に拝殿あり

鳥居から入り階段を登り終えると目の前には拝殿あり。階段には綺麗な菊の花が両側に置かれ、その美しい花を楽しむことができます。温泉街にあるとは思えない程、周囲には木々や花々が生えており、空気の違いを感じられるはず。

そんな日枝神社ですが、修禅寺の鬼門に当たり、弘法大師が建立したと言われています。もとは修禅寺の山王社であり、1868年の神仏分離令により分離されました。

拝殿の右手にある「社務所」

こちらの社務所でいただけるものとしては、おみくじ、御札、御守、絵馬、御朱印。特に子宝祈願の絵馬は有名で多くの方が祈願のため、絵馬をいただいています。

週末になると列を作るほどで、御朱印をいただく場合は境内を見て回る前にお願いしておくといいですよ。目の前には木製のテーブルと椅子が設置されており、おみくじなどゆっくり読むことができます。

ちょっと一息する場所

社務所の目の前には木製のテーブルと椅子が完備され、一休憩することができます。夏場は日陰になるので休憩するのには最適です。休憩スポットからは拝殿やその隣にある子宝の杉が確認でき、日枝神社の素晴らしさをゆっくり楽しめますよ。

隣には社務所があり、おみくじをいただいたらここでゆっくり読むことができます。おみくじって立ったまま読むことがほとんどですよね。ここのおみくじは座ってじっくり読むことができます。

一番のメインとなる樹「子宝の杉」

拝殿向かって左手には、一番のメインとなる子宝の杉があります。樹齢800年以上で根元は一つ。とても珍しい杉の樹です。以前は階段が設置されており2本の杉の間をくぐることができましたが、現在は樹木保護のため階段は外されています。

樹の囲むようにチェーンで仕切りがされていますが、樹をすぐ近くで確認することが可能です。とても大きく迫力があり特別なオーラを感じます。写真撮影スポットとして人気があります。

県の天然記念物である「一位樫」

拝殿の右奥にあり、目立ちはしないもののパワーをいただける、一位樫。伊豆には珍しい樹とされ県の天然記念物に指定されています。根回り5.5m、高さが25mあり近くでみると歴史を感じます。

子宝の杉やこの一位樫は現在も生きており成長を続けています。今日の樹は明日にはもう見られません。それを知ってかたくさんの観光客が樹を撮影していました。

日枝神社へのアクセス

車でのアクセス

沼津ICより伊豆縦貫自動車道を通行しR136、R414を通行します。その後、R18に乗り修善寺方面へと向かいます。約3分走らせると右手に現地となります。所要時間約50分。

神社専用の駐車場は完備しておりません。そのため、神社近くにある渡月橋を渡った左手に有料駐車場がありますので、ごちらをご利用ください。

住所|〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺826
営業時間|なし
定休日|なし
電話|054-261-9030
公式サイトはこちら