谷汲山華厳寺のパワースポットとしての魅力を徹底解説!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: izumn

飛騨で生まれ岐阜で育った地元を愛する岐阜人です。電車に乗るのが好き。旅行の楽しみは、建物探訪とお庭拝見。そしてご当地グルメ・スイーツです。

他県からも参拝者のある有名どころなんよ

日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の結願・満願寺として知られます。歴代朝廷からの帰依も厚く、霊験あらたかな名刹寺院として千三百余年の歴史を持ちます。地元では紅葉・桜の名所として、新年詣の人気寺院です。「谷汲さん」の愛称で親しまれ、古来から信仰される寺院の神秘的な魅力をスポットの詳細と共にご紹介します。

境内に入るだけで清々しいパワーを感じます

仁王門から本堂までは高い木々に守られた美しい参道

仁王門の堂々とした佇まいに気持ちが引き締まります。門には巨大な草履が祀られ、長旅の巡礼者を迎えます。仁王門から本堂まではゆるやかな登りの石畳の参道となり、脇には大量の石灯籠が立ちならび神聖な空気に満たされています。参道に入ると木々の迫力も増し、ゆっくり歩くだけでも森林浴ができるほど。真っ直ぐな長い階段を上りきると本堂に到着です。本堂にある御本尊は秘仏「十一面観音」脇侍に祀られている「不動明王」「毘沙門天」も非公開です。(重文)

広い境内にはパワースポットがたくさん

本堂を参拝したのち、右側から奥へ周ります。本堂の裏側には鮮やかな色彩の迫力ある四天王像が祀られています。本堂裏もパワースポットがたくさん。「苔の水地蔵」が祀られていてたくさんのお札が貼られた石のお地蔵様が祀られた小さな祠があります。手水場が備えられ、自分の体の悪いところと同じ場所にお札を貼り治癒を願います。子安堂もあり、地元では子宝祈願・安産・子供の健やかな成長など節目節目に祈願に訪れます。

西国巡礼結願のお寺

巡礼場所にしかないスポット

満願を達成した方の参拝順序があります。本堂(現世)を参拝し、満願堂(過去)・笈摺堂(未来)の順番で参拝していき、最後に本堂柱の「精進落としの鯉」に触れ西国巡礼の旅が終わります。こちらでは満願堂の石像、愛嬌ある石像の狸たちと出会えます。お腹に「満願」と彫られ、撫でて行く人も多い人気の写真スポットとなっています。なぜ狸かというと、諸説ありますが三十三所を巡礼し満願した方は浄土への信仰が、他より一つ先へ行っている=他抜き(たぬき)からたぬきの石像があるのだそうです。

想いの強さが感じられます

本堂左手前に色とりどりの「折り鶴」が奉納されているのが特徴の(おいづる堂)「笈摺堂」があります。参拝順序三番目(未来)のお堂です。巡礼者が着ている笈摺(おいずる)と呼ばれる白衣が高々と積まれ、他にも羽織や笠・杖などが奉納されています。「おいづる」が「おりづる」折り鶴になり奉納されるようになったようです。圧倒されるほどの量の奉納の品と折り鶴に寺院の歴史を感じます。

明王院

本堂へ向かう参道の途中にあり、のぼり旗に「豊川分霊吒枳尼真天」とあります。豊川稲荷から分祀された 荼枳尼天様が祀られています。ぜひ見て欲しいのは「明王院」の向拝上部分の絵天井です。格子天井の枡の中に彩色された絵が鮮やかに残されています。箔貼りの繊細な日本画が美しいです。阿弥陀堂の右手にはちょっとした庭園がありそこには水琴窟があり、弁財天が祀られています。澄んだ音色に癒されます。

御朱印

「谷汲山華厳寺」本堂の納経堂では3つの御朱印がいただけます。西国三十三ヶ所霊場ではこの寺院だけです。過去・現在・未来を表しています。それぞれの御朱印に御詠歌があります。希望を伝えると御朱印と御詠歌のセットで記帳していただけます。本堂でいただける御朱印には「満願印」というのもあります。「明王院」納経堂では祀られている弁財天、阿弥陀如来、吒枳尼真天の3種類の御朱印がいただけます。「水琴弁財天」という表記が珍しいです。美しい御朱印をぜひ手にしてください。

門前町の活気を楽しむ

門前町の名物と四季のまつり

紅葉や桜並木の彩る門前町、四季の移り変わりが感じられます。味噌田楽や手作りういろうなどが有名。寒い季節は甘酒・ぜんざい・焼き椎茸なども人気です。さくら祭り・紅葉まつりも催され大変賑わいます。毎年2月18日に奉納される「谷汲踊り」。4mほどもある大きな扇状の「シナイ」とよばれる竹製の飾りを背負い太鼓を打ち鳴らす演舞は大変華やか。跳ね上り、天へ願いを届けるのです。谷汲踊りはさくら祭り・紅葉まつりでも開催されます。

谷汲山華厳寺へのアクセス

車での行き方

岐阜・各務原ICより一般道
関ヶ原ICより一般道
*関ヶ原IC・大垣IC・岐阜羽島ICから共に約1時間(約35km)
*有料駐車場あり

電車での行き方

・JR東海道本線「大垣駅」→養老鉄道「揖斐駅」→
揖斐川町コミュニティバス横蔵線「谷汲山」下車、徒歩10分
・JR東海道本線「大垣駅」→樽見鉄道「谷汲口駅」→
揖斐川町コミュニティバス谷汲口線「谷汲山」下車、徒歩10分

住所|〒5011311 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳23
営業時間|AM8:00〜PM5:00
定休日|年中無休
電話|なし
公式サイトはこちら