広見公園は歴史的建造物が楽しめる自然に満ち溢れたスポット!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

有形文化財が複数あり古墳と言った歴史を感じるものがあちこちに点在する公園はここだけだら~

地元民が散歩を楽しむ公園、広見公園。自然に満ち溢れ芝生公園や遊具、有形文化財や古墳など大人から子供まで無料で楽しむことができます。トイレや水道も完備されているので1日通して楽しめます。そんな広見公園をご紹介します。

大人から子供まで楽しめる自然公園

雄大な富士山が楽しめる公園

静岡県富士市に敷地面積13.67ヘクタールがある、広見公園。園内には記念碑や陳列館、復元家屋、トイレ、水飲み場や遊具が完備され大人から子供まで1日通して楽しめるスポット。地元民の憩いの場として利用されています。

自然に囲まれた公園には、四季折々の木々や花々が植えられており通年楽しむことができます。バラや桜などお花見を楽しむにもピッタリ。公園入口から見る雄大な富士山はその大きさに圧巻。多くの観光客が撮影をしています。

広見公園の楽しみ方

芝生エリアでの楽しみ方

広見公園の中央には、芝生広場がありボール遊びや鬼ごっこ、愛犬と一緒にフリスビーなど楽しむことができます。近くには水飲み場やトイレも近く、広場周囲には木製のテーブルと椅子が完備。

持参したお弁当を青空の下、美味しそうに食べています。駐車場からも近くサラリーマンが時間を潰したり昼ごはんを食べている風景を目にします。天気のいい日は外でお弁当を食べたくなりますよね。おすすめの広場です。

親子の時間が楽しめる「遊具広場」

公園ないで親子が多い遊具広場。うんてい、滑り台、ブランコや回転遊具など色々な遊具が完備されているので子供たちが楽しめる場所。周囲にはベンチもあるため、子供が楽しそうに遊んでいる風景を見ることができますよ。

周囲は木々に覆われており、紅葉を楽しむことができます。夏は新緑、秋や紅葉と様々な雰囲気が楽しめるエリアです。

周囲に咲く花々を楽しむ

広見公園は四季折々の木々や花々に囲まれた公園。そのため、地元民が散歩やジョギングをしながらその花々を楽しんでいます。写真はバラになります。季節は秋。ちょうど見ごろを向かえ大きなバラがあちこちに咲いていました。

春になると桜が咲き誇ります。薄いピンクや濃いピンクの花を咲かせ花咲き山のような光景が楽しめるため、お花見に最適。風が吹くと園内には桜の花びらが舞い飛びます。その光景は幻想的です。

木造建築物を楽しむ「旧松永池住宅」

公園の中央下あたりに位置する、旧松永池住宅。富士市指定有形文化財に指定されています。無料で見学することができます。間口18.95m、奥行12.74m、総高6.3m。建立年代は江戸時代末期です。

管理が行き届いており、とても綺麗です。窓が開いているので外から屋内を楽しむことができます。昔ながらの建築は今では建てることができないため貴重です。子供と一緒に社会科見学気分で楽しむことができますよ。

富士市指定有形文化財に指定された「樋代官長屋門」

旧松永池住宅から少し坂を下った場所にある、樋代官長屋門。構造は木造平屋建寄棟造茅葺となります。こちらも珍しく富士市指定有形文化財に指定。樋代官長屋門は旧植松家となります。

建立年代は江戸時代末期、間口15.1m、奥行4.57m、総高5.8mとなります。公園内にこの建物は珍しく無料で楽しめるのが魅力的です。建物の反対側も見ることができるので門扉からお入りください。

なかなか目にすることができない「横沢古墳」

公園内には歴史的建造物以外にも古墳を楽しむことができます。構造は横穴式石室を有する円墳。規模は墳丘の直径は16m、総高3.5m。石室は全長8.3m、最大幅2.3m、天井高2.5mとなります。

入口には柵があり中に入ることはできないものの、外からでも中を十分確認することができます。昭和54年に工事の際に発見されたもので古墳時代後期につくられた円墳となります。

広見公園へのアクセス

お車でのアクセス

富士ICより車で5分。西富士道路へ乗り正面が現地となります。緑溢れる広場が現れるのですぐ目に付きます。

園内には不良駐車場を完備しており、Google Mapを利用すると駐車場にピンが立つので安心。

住所|〒417-0061 静岡県富士市伝法 字土手内46-1
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0545-55-3553
公式サイトはこちら