南紀勝浦温泉は温泉に絶景にグルメまでとことん堪能できる最高の温泉!

公開日:2019/12/16 更新日:2020/1/22

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Maayu
子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。
いつまでも見てれる絶景の温泉やわ

和歌山県でも注目を集めている温泉の南紀勝浦温泉。オーシャンビューを眺めながらじっくり温泉に浸かるのもよし、観光と合わせて気軽に足湯を楽しむのもよし、そんな南紀勝浦温泉の魅力をたっぷりご紹介します!

南紀勝浦温泉は海を眺めながら入れる温泉

絶景ビューを楽しみたい人におすすめ

和歌山県南部にある南紀勝浦温泉は絶景ビューが楽しめる眺めの良さが自慢の温泉です。緑豊かな自然の風景と海岸線ならではの絶景が楽しめる温泉として和歌山県にある温泉の中でも人気のひとつ。

温泉を楽しむためには旅館を利用するか足湯もあります。また、温泉街には漁港もあり名物のマグロをはじめとする海の幸も味わえます。贅沢なひとときを過ごしたい人におすすめの観光スポットです。

南紀勝浦温泉で絶景が楽しめる温泉

碧き島の宿熊野別邸中の島

View this post on Instagram

船でしかいけない旅館…

A post shared by akira (@__akira_akira__) on

勝浦湾に浮かぶ島へマグロの形をした船に乗って向かう温泉宿「碧き島の宿熊野別邸中の島」は勝浦温泉で一番の名物ホテル。「ホテル中の島」の愛称で親しまれています。

本土と陸続きじゃないところが秘境感たっぷりなうえ、和モダンでおしゃれな客室で景色を眺めながらのんびり贅沢に過ごすことも。温泉以外にも散策や魚釣り、勝浦漁港で収穫された新鮮な海の幸ディナーなど色々と楽しめます。

名物温泉で絶景を楽しもう

View this post on Instagram

📍碧き島の宿 熊野別邸 中の島 . 中ノ島という島を丸ごとホテルが所有しています。 開放感ある温泉をお楽しみください😊 photo by @onsen_nancy18 . . @relux_ryokan では素敵なお写真を募集中!タグ付けやハッシュタグ #my_relux をつけていただくと、お写真を紹介させていただくことがございます📷💫 . . . #リラックス #旅したくなるフォト #温泉好き #旅の記録 #大人の休日 #おでかけ #大人旅 #旅スタグラム #旅が好き #温泉 #旅館デート #温泉旅行 #女子旅 #土曜日の小旅行 #温泉巡り#旅好き女子 #温泉デート #旅館 #relux #unknownjapan #instatravelgram #traveljapan #japantravelphoto #和歌山 #勝浦温泉 #温泉部 #温泉ソムリエ #週末旅行

A post shared by Relux旅館 (@relux_ryokan) on

海辺の露天風呂「紀州潮聞之湯」は、絶景のオーシャンビューを眺めながら入浴できる温泉。明るいうちに入浴するのがおすすめで、風光明媚な勝浦湾の景色を眺めながらゆったり過ごせます。

時々目の前を遊覧船が行き交う様子も見れ、空や海が間近で潮の香りや音もとても心地いいと評判。国内屈指の人気があるこの露天風呂は南紀勝浦温泉のランドマーク的な存在になっています。

Address 〒649-5334 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦1179-9
Hours 24時間
Closed 無休
Tel 0735-52-1111
Web https://kb-nakanoshima.jp/

ホテル浦島

View this post on Instagram

南紀湯巡り4湯目、ホテル浦島忘帰洞 もみじや旅館に宿泊断られたので、どっか泊まるところは…と検索してたらホテル浦島が空いていた 以前、社員旅行だったか家族旅行だったか、なんかで来た事があったし、日帰り湯にワザワザ船乗って行くってのもね…と素通りしていたのですが 久しぶりに宿泊して洞窟温泉も悪くないよね、ということで で、忘帰洞 大きな浴槽がいくつもあるのに全て源泉掛け流しとは、自家源泉を9本持っているだけはある 泉温も50℃強だけど、加水もせずに使っているのも良い 素晴らしい、素晴らしいのは言うまでもなく、なんですがね… ちょっと人多過ぎやろ ワタクシは温泉は静かに入りたい人なので、基本的には大型宿泊施設には泊ら無いようにしていたのですが…ついうっかり めっさ人多くて全然落ち着かない 次に泊まる機会があるならば、平日にしよう あ、お風呂は良かったです

A post shared by T.Ishida (@isita.tom1) on

ホテル中の島に引けを取らない人気の宿「ホテル浦島」もおすすめです。こちらは可愛い亀のフェリーに乗って島にあるホテルへ向かいます。宿泊はもちろん日帰り入浴も可能です。

ホテル浦島は敷地も広く巨大な建物で、館内は複数の棟で入り組んでいる迷宮のようなホテルで特別感も。海外からの観光客にも人気があるホテルです。特に忘帰洞はここ数年でかなり有名になり、話題の温泉としてトレンド入りしたことも。

夕日を眺めながらの入浴が最高

館内には大きなお風呂が4つあり全て源泉かけ流し。中でも太平洋に面した洞窟風呂の忘帰洞は大きな洞穴から打ち寄せる波がすぐ近くに感じられ、ワイルドな温泉を楽しむことができます。

特におすすめは日没前。日が落ちる前に入浴し、海の向こうに沈む夕日を眺めながらのんびりと温泉に浸かっていると日常を忘れてしまうほどです。ほか、玄武洞もおすすめなので時間がある人は湯巡りもぜひ。

Address 〒649-5334 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165-2
Hours 24時間
Closed 無休
Tel 0735-52-1011
Web http://www.hotelurashima.co.jp/



温泉の後はご当地ジュースで乾杯!

View this post on Instagram

みかんジュース3種◡̈

A post shared by 川真田くみ (@kumikumi9388) on

お風呂上りには和歌山県の特産品・有田みかんを使ったご当地ジュースはいかがでしょう。まろやかで飲みやすいジュースなのでお風呂上がりの一杯にもおすすめ。旅館にある売店で取り扱っていることが多いのでぜひのぞいてみて下さいね。

せっかくならアルコールが欲しいという方、大人にはご当地ビールのナギサビールもイチオシ。館内にあるラウンジで一杯も良いですね。

気軽に楽しみたいなら足湯がマスト

時間がないけど勝浦温泉を楽しみたいと思っている人におすすめなのが足湯です。南紀勝浦温泉にはエリア内に3ヶ所の足湯があり、気軽に温泉が楽しめます。

場所は勝浦漁港の近くや、紀伊勝浦駅前といった観光の拠点からも近く観光と合わせて利用できるのも魅力。地元の人も日常的に訪れる足湯は地元の人とのふれあいの場にもなっています。

南紀勝浦温泉へのアクセス

車でのアクセス

阪和高速のすさみICより車で約1時間25分ほど。駐車場は各宿泊施設にあります。

公共交通機関でのアクセス

JR紀伊勝浦駅より歩いて5分ほど。東京・名古屋方面からは「きのくに線」の「ワイドビュー南紀」、京都・新大阪方面からは「きのくに線」の特急「くろしお号」で乗り換えなしで向かうことが可能です。

Address 〒649-5334 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地6-1-1
Hours 施設によって異なる
Closed 施設によって異なる
Tel 0735-52-0048
Web http://katsuuraonsen.jp/