まるで絵画のようなノルウェーで最も美しい街『レーヌ』

ノルウェー最大の雑誌Allersによって最も美しい村に選ばた村レーヌ。
まるで絵画の世界にでてくるような可愛い村として、毎年多くの観光客に人気の村となっています。
今回はそんなノルウェーのレーヌについてご紹介したいと思います。

レーヌ(Reine)

photo by mymodernmet.com

ノルウェーのロフォーテン諸島にある美しい村「レーヌ」。
レーヌは、ノルウェー王国ヌールラン県ロフォーテン諸島モスケネスにある漁村の村です。
1743年以来、地域の経済の中心であるとされており、観光業を重要としている町だそうです。
ここにはその美しさも関係し多数の観光客が訪れています。

レーヌ(Reine)

photo by my-greatest-world-destination

レーヌの美しさは夏や春の穏やかな季節はもちろん、冬はまるで絵画のような世界が広がります。
雪化粧をされた山にカラフルなコテージが見えるため、絶景と呼ばれるものとなっています。
その景観を見ているだけでなんだかリラックスできるような気がします。

レーヌ(Reine)

photo by flickr.com

こちらはレーヌの街並みですが、コテージのような赤い壁の小屋が並んでいます。
宿泊施設のように見えるこちらの小屋の屋根には芝生が生えており、天然の断熱材として役立てられています。

レーヌ(Reine)

photo by flickr.com

付近のスポットで有名となのがラップランド。
こちらはフィンランドの雪のリゾート地としてしられていますが手軽にオーロラ観察ができる場所として人気のスポットとなっています。

レーヌ(Reine)

photo by kakslauttanen.fi

こちらはカクシラウッタネンと言われているホテル。
レーヌの周辺スポットとして人気の場所で、寝転んでゆっくりとオーロラが観賞できるとしてレーヌ観光とセットで訪問する方が多いんだとか。

レーヌ(Reine)

photo by npmarathon.com

レーヌ付近のスポットとして人間が暮らせる最北の地とされているのがこちらのスヴァールバル諸島。
永住費がただとも言われている事でも知られており、レーヌからも近い距離にあります。

レーヌ(Reine)への行き方


大きな地図で見る

日本から飛行機に乗って約10時間25分でヘルシンキに向かいます。
ヘルシンキより、飛行機を乗り換えて約2時間程度でトロムソに到着。
トロムソより南西にフェリー等を乗り継ぎ約300キロ程行くととレーヌに到着。