ANAマイルは簡単に貯められる!効率良く貯めて特典をもらおう

公開日:2020/5/8 更新日:2020/5/8

「マイルを貯めてたくさん旅行がしたい!」という人におすすめなのが、ANAマイルです。ANAマイルを貯めれば特典航空券に交換して旅行が楽しめるだけでなく、さまざまな特典と交換できます。この記事では、ANAマイルを効率よく貯める方法について紹介しましょう。

ANAマイルを貯めるための準備

ANAマイルを貯めれば、ANAの国内線・国際線や提携航空会社の飛行機にタダで乗れたり、座席をアップグレードするなど嬉しい特典がたくさんあります。ANAをよく利用する人はもちろん。飛行機にはあまり乗らないけどマイルを貯めて旅行したいという人は、ぜひANAマイルを貯めましょう。

まずは、ANAマイルを貯める方法について説明します。

ANAマイレージプログラムに入会する

ANAマイルを貯めるには、まずANAマイレージクラブに入会する必要があります。入会方法は公式サイトから申し込む、ANAの飛行機を利用したときに空港で申し込む、クレジットカードを作るという3通りです。

入会金や年会費は無料なので、すぐにマイルを貯めたいという人はネットから手続きするといいでしょう。

アプリをダウンロード

スマホを持っている人なら、アプリをダウンロードするのがおすすめです。アプリではマイルの残高や有効期限の確認、特典航空券との交換などさまざまな手続きができます。

クレジット機能なし

ANAを利用するのでとりあえず入会したい場合は、クレジット機能なしのカードが無料で作れます。飛行機の搭乗で貯めるなら、こちらだけでも十分。デビットカードやプリペイドカードで使えるタイプもあります。普段クレジットカードは使わないけど、海外ではカード払いしたいという人におすすめです。

クレジットカード

飛行機に乗る機会が少ない人におすすめなのが、クレジットカードです。ANAの提携カードはたくさんの種類が発行されており、年会費もカードによって異なります。カードによってマイルの還元率は異なるので、マイルを上手に貯めたい場合はカード選びも重要です。

ANAマイルを貯める方法

マイレージプログラムに加入したら、さっそくマイルを貯めましょう。飛行機に乗って貯めるのが基本ですが、他にもさまざまな方法があります。ANAマイルを貯める方法について、順に見ていきましょう。

飛行機に乗る

ANAの飛行機で旅行することや出張が多い人は、搭乗によってたくさんのANAマイルが貯まります。搭乗によるマイル数は、フライトの距離に運賃別の積算率を乗じて算出します。

飛行機に乗って貯まるマイル数

フライトの距離に乗じる積算率は航空会社によって異なりますが、ANAの場合はプレミアム運賃の航空券が積算率150〜125%と高く、普通運賃で100%、格安航空券や株主優待券、パッケージツアーは75〜50%と低くなります。

一例を出すと、普通運賃でANA東京-大阪間のフライトを利用した場合、片道で280マイル貯まります。東京-札幌間なら510マイルです。マイルと交換できるANAの特典航空券は、往復12,000マイルからなので、ANA往復の国内航空券をもらうためには、最低でも東京-大阪間なら43往復、東京-札幌間では24往復することが必要になります。

国際線の場合、フライト区間の基本マイルに座席のクラスを乗じた積算率になります。ファーストクラスでは150%、ビジネスクラスは予約クラスによって70〜150%、プレミアムエコノミーは70〜100%、エコノミークラスは30〜100%と幅があります。

エコノミークラスで普通運賃の場合、東京-ロンドンの区間で貯まるのは6,214マイル。1回往復すれば、国内線の特典航空券と交換できるマイルが貯まることになります。

提携航空会社の利用でもマイルが貯まる

ANAと提携している航空会社の利用でもマイルが貯まります。2020年5月現在の提携航空会社は38社。主な航空会社は次の通りです。

ユナイテッド航空、タイ国際航空、エアカナダ、シンガポール航空、ルフトハンザドイツ航空、エジプト航空、中国国際航空、エアインディア、オーストリア航空、スカンジナビア航空、ヴァージンアトランティック航空など

積算率は各航空会社によって異なるので、利用前に確認しておきましょう。

クレジットカードを利用する

飛行機に乗る機会があまりない場合は、クレジットカードを利用することでマイルを貯めることができます。貯まるマイルは100円の利用で0.5〜1円。クレジットカードによって還元率は異なりますが、家賃や光熱費、通信料、保険料など、毎月必ず支払うものをクレジット払いに変えるだけでもかなりのマイルが貯まります。

インターネットショッピングを利用する

ネットショッピングでマイルを貯めることもできます。ANAの公式ショッピングサイト「ANAマイレージモール」を経由して買い物することで、購入代金ごとにマイルが貯まる仕組み。提携の店舗は楽天やYahoo!ショッピングをはじめ数多く、クレジットカードを使えばダブルでマイルが貯めることができます。

電子マネーを使う

電子マネー「楽天Edy」を使うことでマイルを貯めることができます。200円の利用で1マイル貯まり、「Edy マイルプラス」対象店舗なら200円で2マイル貯まります。

ただし、クレジットカードの方が還元率が良い場合が多いので、普段はクレカ支払いにしてクレジットカードが使えない店舗のみEdyを使うようにするのが効率的です。

ポイントサイトを活用する

ポイントサイトに登録して貯める方法もあります。ポイントサイトは広告案件の商品を購入したり、証券口座を開設したりするとポイントがもらえるサービスで、登録は無料です。登録するだけでもポイントがもらえるので、いくつかのポイントサイトに登録しておくといいでしょう。ANAのクレジットカードをポイントサイト経由で申し込めば、高いポイントを獲得できます。

ポイントサイトで獲得したポイントをANAマイルに変えるには、ポイント交換サイトを経由する必要があります。上手に利用すれば、たくさんのマイルを貯めることが可能。このあとの項目で、ポイントサイトのおすすめを紹介します。



提携ポイントから交換する

提携ポイントからマイルに交換することもできます。提携ポイントはたくさんありますが、一例は次の次の通り。

  • Tポイント:500ポイント→250マイル
  • nanacoポイント:500ポイント→250マイル
  • 楽天スーパーポイント:2ポイント→1マイル

マイルに交換すると半分以下になってしまうので、ポイント期限が迫っているものや、あまり使わない店のポイントだけマイルに集約するといった方法がおすすめです。また、特典航空券に変えるとき、マイルが少し足りないといった場合に提携ポイントからの交換が役立ちます。

提携ポイントは公式サイトで確認できるので、今持っているポイントがマイルに交換できるかチェックしてみてください。

そのほかの貯め方

上記以外にもマイルを貯める方法はたくさんあり、活用すればマイルをより早く貯めることができます。

提携ホテルの宿泊 東急ホテルズ、プリンスホテルズ & リゾーツなど
銀行取引 新生銀行、スルガ銀行ANA支店、SMBC信託銀行
提携レンタカーサービス ANAグローバルレンタカー、日本レンタカーなど
ふるさと納税 ANAのふるさと納税」サイトで寄付する

おすすめはクレジットカード

日常の買い物や公共料金の支払いなどをクレジットカードに集約することで、早くマイルを貯めることができます。ANAマイルの貯まる提携カードはたくさんの種類があり、マイルの還元率も異なります。最初は選ぶのに迷うこともあるでしょう。

ここでは、ANAカードの基本となるカードやおすすめカードについて紹介します。

ANAカードの基本は4種類

ANAカードはたくさんの種類がありますが、基本となるのは4種類です。どれも年会費がかかりますが、年会費が高いものほどマイルが多く貯まる仕組み。どのカードも入会時と年1回ボーナスマイルがつき、飛行機の搭乗時にもボーナスマイルが上乗せされます。

ANA一般カード

ANA一般カードは年会費が2,200円と一番安く、入会時と年1回のボーナスマイルが各1,000マイルつきます。さらに飛行機に搭乗の際は10%のボーナスマイルが加算。免税店やホテルの割引、旅行保険の自動付帯など各種の特典がありますが、空港ラウンジの利用はできません。

ANAワイドカード

ANAワイドカードは年会費7,975円で、入会時と年1回のボーナスマイルは一般カードの2倍になります。搭乗時のボーナスも25%とアップするので、飛行機に乗る機会の多い人にはおすすめ。空港でのサービス特典も免税店の割引率があがり、提携ホテルの朝食が無料になるなど、ランクアップします。

ANAゴールドカード

ANAゴールドカードは年会費15,400円で、ボーナスマイルの条件はワイドカードと同じです。空港サービスではラウンジの利用が可能になり、JCBを選べば電子マネー「Edy」からのチャージでマイルが貯まります。

ANAカードプレミアム

ANAカードプレミアムは年会費が88,000円と高くなりますが、入会時と年1回のボーナスマイルが各10,000マイルも付与されるのがメリット。搭乗時のボーナスも50%になります。プライオリティ・パスや国内線のANAラウンジが利用できるなど、空港サービスも充実しています。

還元率の高いANAクレジットカード

飛行機に乗る回数が多い場合は、搭乗時のボーナス割合が高くなるANAワイドカード以上がお得。陸でマイルを貯めたいなら、次のANAカードがおすすめです。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

ソラチカカードは一般カードのひとつですが、PASMOのチャージや定期券購入、東京メトロの利用でマイルが貯まるというメリットがあります。交通手段でPASMOや東京メトロを使っている人は、ぜひとも持っていたい一枚です。

また、Amazon、楽天、yahooショッピングを利用すると還元率が高いのも嬉しいポイント。これらのショッピングサイトを利用することが多い人にぜひおすすめです。

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードはANAゴールドカードのランクに属するカードのひとつ。年会費は29,700円で、ボーナルマイルの条件はANAゴールドカードと同じです。ANAダイナースカード独自のメリットは、マイルが無期限で貯められること。通常は3年の有効期限があるので、この特典はかなり魅力です。

さらに、楽天やyahooショッピングなど多くのネットショップが揃うダイナースクラブポイントモールを利用すると、マイルの還元率がアップします。

ANA以外のおすすめカード

マイルを貯めるならANA提携のカードがおすすめですが、ANA以外のカードでもマイルを貯めることができるカードがあります。サブカードとして持つといいでしょう。

楽天カード

楽天カードの利用で貯まる楽天スーパーポイントは、マイルに交換できます。ポイント還元率は基本的に1%ですが、楽天市場ではポイントが何倍にも高くなるキャンペーンが定期的に行われるので、かなり貯まりやすいのが特徴。

ANAマイルは3年の有効期限がありますが楽天スーパーポイントは無期限なので、ずっと保有してマイルを使いたいときに交換するという使い方ができます。楽天スーパーポイントからマイルに交換に要する期間は2〜3日と早く、手数料が無料なのも魅力。年会費も無料なので、持っていて損はないカードです。

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカード

ANA以外の飛行機を利用する機会が多い人におすすめなのが、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカードです。ANAを加えた27社の航空会社の利用でポイントが3倍貯まり、マイルに交換することができます。

マイルを貯めるためになるべくANAを利用したいものの、目的地や発着時間、空席状況などの事情で他の航空会社を利用せざるを得ない場合もあります。このようにANAのカードではマイルが貯まらない飛行機に乗る場合でも、こちらのカードならマイルの取得が可能。取得したポイントは無期限なので、楽天カードと同じくマイルを使いたいときに交換するという使い方ができます。

ポイントサイトもおすすめ

上手に利用すればマイルを貯めやすいポイントサイト。ただし、その数はたくさんあり、どこに登録すればいいのか迷うと思います。ここでは、おすすめのポイントサイトを4つ紹介しましょう。

モッピー

モッピーは、マイルをたくさん貯めたい人には欠かせないポイントサイトです。登録するだけで1000〜2000ポイントと、ほかよりも高いポイントがもらえます。広告のクリックや、スマホアプリのダウンロード、資料請求など、無料でポイントが貯まるプログラムが多いのが魅力。

マイルを貯めるクレジットカードの申し込みもモッピー経由で行えば、高いポイントを獲得できます。ネットショッピングをクレジットカード決済で行えば、ダブルでポイントをゲット。ブログやinstagramに投稿したり、友人を紹介したりすることでもポイントがもらえます。



ハピタス

ハピタスもモッピーと並んで登録しておきたいポイントサイトです。ハピタスは広告案件が多く、広告の商品購入やサービス利用で高額のポイントがもらえます。さらにハピタスでは、広告を利用したのにポイントが付与されない場合でもポイントをつけてくれるという独自の保証制度があります。

ハピタスのメリットは、モニター案件が多いこと。飲食や商品を購入してアンケートに答えれば、飲食代や商品代の40〜60%がポイント還元されます。中には100%還元される場合もあり、かなりお得。外食したり欲しい商品をもらったりしてポイントがもらえる嬉しい案件です。

ポイントインカム

ポイントインカムもマイルが貯めやすいポイントサイトです。ポイントインカムの他にはない特徴は、獲得ポイント数で会員ステイタスが上がり、ボーナスポイントがつくようになること。また、100%以上ポイントに還元される案件もあるので、もともと購入したい商品・サービスの場合は非常にお得になります。

ANAマイルへの交換はTOKYUポイント経由で

前の項目で紹介したポイントサイトで貯めたポイントをANAのマイルに交換する方法はいくつかあり、ポイントサイトごとに異なるのでよく確認しておきましょう。その中でも各サイト共通して還元率が高いのは、TOKYUポイントを経由すること。ポイント交換サイトの「ドットマネー」とTOKYUポイントを経由することで、75%の交換率でマイルに交換することができます。

そのため、ポイントサイトを利用してマイルを貯めるには、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」が必要。こちらもポイントサイトで申し込むといいでしょう。

貯まったマイルの使い方

溜まったマイルは特典航空券と交換するのが一番お得。他にも国際線の座席をアップグレードしたり、商品と交換することもできます。

特典航空券と交換

マイルの基本的な使い方は、特典航空券との交換です。フライトの区間により必要ポイントは異なりますが、国内線なら片道:6,000マイル、往復:12,000マイルから交換できます。国際線の航空券は通常期のエコノミークラスで往復15,000から。直前の予約でも必要マイルは同じで、いつキャンセルしてもキャンセル料は3,000マイルと一律です。

アップグレード

マイルは国際線のクラスをアップグレードするのに使うこともできます。エコノミークラスからビジネスクラスに、ビジネスクラスからファーストクラスへのアップグレードができますが、エコノミークラスからファーストクラスへの変更は不可。また、格安航空券やツアーで購入した航空券からのアップグレードはできません。

電子マネーや商品と交換

マイルはnanacoやSuica、楽天Edyといった電子マネーや、ANAの公式サイトに掲載されている商品と交換できます。ANAマイルの有効期限が迫っているけど特典航空券と交換するには足りない、飛行機を利用する機会がないといった場合に利用するのがおすすめです。

まとめ

ANAマイルは飛行機に乗るだけでなく、貯める方法はたくさんあります。上手に貯めれば国内外の旅行が楽しめ、ファーストクラスに乗ることも可能。さっそくANAのマイレージプログラムに入会して、マイルを貯めてみませんか?