砂漠に一瞬だけ出現する奇跡の花園『ナマクワランドの花畑』

荒涼とした半砂漠地帯に、一年のうち一瞬だけ花が咲き乱れる奇跡の花園があります。ここではそんな、南アフリカ共和国のナマクワランドの花畑をご紹介します。

image by iStockphoto

ナマクワランドとは、南アフリカ共和国の北ケープ州に広がる、半砂漠帯に属する一帯です。

image by iStockphoto

普段は荒涼とした景色が広がる地域ですが、毎年8月の中旬から9月の上旬のごくわずかな期間だけ、約4000種とも言われる植物がいっせいに花を咲か、広大な花畑が姿を現します。

image by iStockphoto

これは渇いた大地に置き去りにされていた花の種子に、一年のうち7月だけにわずかな恵みの雨が降るために起こる自然現象。
地表に落ちていた花の種子はいっせいに芽吹き、見渡す限り一帯が鮮やかな花々で埋め尽くされます。

image by iStockphoto

花畑の多くを占めるオレンジの花は「ナマクワランド・デイジー」という、この地域特有の植物のうちの一種です。
この他にも約3000種もの固有種があると言われています。

image by iStockphoto

約44万平方kmにも及ぶ広大な荒野一帯に、約3週間だけ突如出現する花畑。
この時期は、サファリさながらに4WDで荒野を進み、美しい奇跡の花畑を見つける「フラワーハンター」たちが世界中から訪れます。

image by iStockphoto

開花の時期や、花が群生しているスポットに精通しているのはやはり現地の「フラワーガイド」。
サファリ同様、ガイド同士のコネクションも頼りになるので、自力で回るよりはガイドを雇うのが賢い方法です。

image by iStockphoto

アフリカの荒野に3週間だけ、儚い命を咲き誇らせる「奇跡の花畑」ナマクワランドの花畑。
ぜひ自分の目で実際に見ておきたい、絶景スポットです。

ナマクワランドの花畑(Namaqualand)への行き方

日本からはまず香港や中東を経由してヨハネスブルグへ。

さらにヨハネスブルグから国内線飛行機で約40分、アピントンの町へ向かいます。

ここで車やガイドをチャーターするかもしくは、全て込みのツアーに参加するのが一般的です。

photo by iStock