魔女の宅急便の舞台になったと言われている7つの美しい都市。ドブロヴニクからリスボンまで

公開日:2019/3/19 更新日:2020/1/29

ジブリ映画はいつの時代でも色褪せない映画として多くの人に今も尚、全ての人に愛され続けています。今回は、そんなジブリ映画でも人気が高い”魔女の宅急便”のモデルになったとされる都市を7つご紹介。公式では、ストックホルムやゴットランド島ヴィスビューが舞台となったとされていますが、世界には「ここも魔女の宅急便!?」と思える都市が沢山!

魔女の宅急便とは

ご存知「魔女の宅急便」とは1989年にスタジオジブリ(宮崎駿監督)にて制作されたアニメ映画。 現在でもテレビの映画ロードショーで定期的に放送される国民的アニメですね。 魔女として独り立ちするために旅に出た少女キキのお話ですが、舞台となっている街並みの美しさは毎回話題になります。

#1 アドリア海の真珠”ドブロヴニク”/クロアチア

アドリア海の真珠
クロアチアのアドリア海の真珠とも呼ばれている街が「ドブロヴニク」。 この街は、”紅の豚”のモデルとも言われていますが、街中にいろ黒い猫はまさに魔女の宅急便のキキそのもの。 空と海の青、そして屋根のオレンジ色のコントラストがなんとも美しいですね。

ジブリの舞台としても有名なクロアチア「ドブロヴニク旧市街」の絶景&歴史まとめ | Tabiyori どんな時も旅日和に

次のページ
本家認定"ゴットランド島ヴィスビュー" >>