切り立った孤島は修道僧の修行の場『スケリッグ・マイケル』

アイルランドの西にある小さな島、「スケリッグ・マイケル」。切り立った孤島です。この島にはその昔、ケルト人が建てたと言われている修道院が、その原型をとどめたまま建っており、初期キリスト教僧侶たちの暮らしぶりがうかがえます。

image by iStockphoto

スケリッグマイケル(Skellig Michael)は、アイルランド島のケリー州から16キロメートルの位置にある、面積18ヘクタールの孤島です。
険しい岩山から成り、ケルド人が西暦588年に修道院を建てたと言われていますが定かではありません。
現在では人は住んでおらず、1996年にユネスコの世界遺産に登録されています。

image by iStockphoto

ケルド人が建てたと言われている標高218mの山頂付近にある修道院は、1044年までには聖ミカエルを祀る修道院として整備されたとみられています。
それまで、823年のヴァイキング襲来を経ても守られてきた施設は、整備されてから100年ほど経つと放棄され、無人島になりました。
しかし、この島の位置と急峻な地形から、修道院やそのほかの施設は現在まで良好な状態で原型をとどめています。

image by iStockphoto

アイルランドの初期キリスト教を信仰する僧侶たちは、この島にやってきて、修道院の周りの垂直に切り立った崖の下に、石を積み上げてつくった小屋で暮らしていました。
とても簡素な作りの小屋や、厳しい自然と地形からは、島での暮らしぶりは、決して楽なものではなかったと想像できます。
信仰と修行の島だったのでしょう。

image by iStockphoto

1500年代に入ってからは、海が穏やかになる時期に巡礼が訪れるようになりました。
1826年に灯台が建設され、1986年には建築物の修復作業が行われました。
同時に徐々に観光客が増えたことで、遺跡の損傷が問題になり、観光目的の渡航が制限されるようになりました。
一般の観光客は、遊覧船での島周辺の遊覧ですが、観光ライセンスを持つプライベートボートツアーだけは、島に上陸することができます。

image by iStockphoto

切り立った崖に面する階段や道を登っていくと、石を積んで造った大きな外壁に囲まれた遺跡群が現れます。
アイルランドの初期キリスト教修道院では、石を積んで建物を造ることは一般的な手法で、よくみられます。
たくさんの墓石と、おわんを伏せたようなドーム状の小屋がいくつもあり、窓がある小屋は礼拝堂、窓がない小屋は僧侶たちの居住用と分類されていたそうです。

image by iStockphoto

島にはもう一つの側面があります。
野鳥の大停泊地で自然保護区に指定されています。
マンクスミズナギドリ、ウミツバメ、ウミガラス、オオハシウミガラス、ミツユビカモメ、フルマカモメ、カツオドリ、ニシツノメドリなどの海鳥が生息しており、島に到着するとまずはたくさんの鳥を目にすることができます。
写真はパフィンというアイスランドが繁殖地のアイルランドでは珍しい鳥です。

image by iStockphoto

まさかこんなところに人が住んでいたなんて、と信じられないほどの過酷な環境で、初期キリスト教の僧侶たちは何百年も暮らしていました。
今ではたくさんの鳥が飛び交う、無人の、巡礼の島となっています。
この島では、人気SFシリーズ最新作、「スター・ウォーズ/エピソード7(仮)」の撮影のためのロケ地になるかもしれない、と、発表されたばかり。
これからも目が離せない世界遺産です。

スケリッグ・マイケル(Skellig Michael)への行き方

日本からは空路、ヨーロッパの国(特にロンドンが便利)経由でアイルランドへ飛び、アイルランドの首都ダブリンに行きます。

ダブリンからは鉄道でキラーニーまで行き、そこからレンタカーを借りるか、中継地カハシヴィーンまではバスがありますが、船が出るポートマギーまでは公共交通機関がないため、タクシーで行くことになります。

ポートマギーからは遊覧船に乗って島の周りから眺めるコースか、プライベートボートをチャーターして上陸するか、どちらかです。

photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ