ディズニー映画の舞台はここ!モデルとなった18の絶景

シンデレラ城のモデルとされているノイシュヴァンシュタイン城や、フランスパリのノートルダム大聖堂などディズニーがモデルとした絶景は世界各地にあります。ジブリ映画同様に、今回はそんなディズーがモデルとした世界の絶景を7つご紹介いたしたします。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

#1 アラジンのモデルは「タージマハル」

 

アラジンのモデルは「タージマハル」

image by iStockphoto

アラビア文化をモデルにした人気映画といえば”アラジン”。
そのアラジンのモデルになったのが、インドにある世界でもっとも美しい霊廟とよばれる「タージ・マハル」。

この城は、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した総大理石の墓廟で、「宮廷の冠」という意味があり、愛妃ムムターズ・マハルが亡くなった時のため息が石化したという由来があるそうです。

 

#2 ピノキオの舞台そのもの!ドイツ「ローテンブルグ」

 

ピノキオの舞台そのもの!ドイツ「ローテンブルグ」

ドイツ国内を繋ぐ8つの街道のうち、ノイシュヴァンシュタイン城を眺むことのできるロマンティック街道は特に人気の観光ルートとなっています。
この街道上には歴史を感じる町がいくつも点在していますが、中でもローテンブルクは中世の面影をほぼ完璧に残し、どこを見ても可愛らしい絵本のような世界が広がっています。

実際にピノキオの世界観はドイツ「ローテンブルグ」に似ており、モデルではないかと言われています。

 

#3 アナと雪の女王のモデルは、スターヴ教会

アナと雪の女王のモデルは、スターヴ教会

image by iStockphoto

アナやエルサが住むお城は、ノルウェーの「スターヴ教会」をモデルにしたんだとか。
屋根の部分は本当にそっくりですね。

#4 眠れる森の美女のモデルは「ノイシュヴァンシュタイン城」

 

眠れる森の美女のモデルは「ノイシュヴァンシュタイン城」

image by iStockphoto / 72942209

ディズニーの舞台になった絶景の代名詞と言えば、ドイツある「ノイシュヴァンシュタイン城」。
実はこの城は、シンデレラ城のモデルとして有名ですが、”眠れる森の美女”の舞台が本当は正しいと言われています。

どちらにせよ、ディズニー好きの方であれば死ぬまでに一度は絶対に見ておきたい美しい城の一つですね。

 

#5 シンデレラ城のモデルはフランス「ユッセ城」

 

シンデレラ城のモデルはフランス「ユッセ城」

image by iStockphoto

ノイシュヴァンシュタイン城は”眠れる森の美女”説が濃厚ということで、ではシンデレラ城は一体どこがモデルなの?という方も多いはず。

実は、東京のディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったと言われているのがフランスにある「ユッセ城」。

正確に言うと、ユッセ城をはじめとした、フォンテーヌブロー城、ヴェルサイユ宮殿、シュノンソー城、シャンボール城、ショーモン城などのフランスの城や宮殿などの建築物、建築方法をモデルにしているようです。

フォンテーヌブロー城

 

フォンテーヌブロー城

image by iStockphoto

ヴェルサイユ宮殿

 

ヴェルサイユ宮殿

image by PIXTA / 11769504

 

シュノンソー城

 

シュノンソー城

image by iStockphoto

シャンボール城

 

シャンボール城

image by iStockphoto

ショーモン城

 

ショーモン城

image by iStockphoto

どうですか?シンデレラ城が想起できそうでしょうか。
それぞれ個別に「すごく似てる!」という感じがしないお城もありますが、建築手法などが参考にされているそうです。

#6 塔の上のラプンツェルのお城は「モン・サン=ミシェル」

 

塔の上のラプンツェルのお城は「モン・サン=ミシェル」

image by iStockphoto / 67516173

これは似ているので、知っている方も多いのでは。

海に浮かぶ神秘の世界遺産「モン・サン・ミッシェル」は、フランス・パリ北西部にある孤島。
708年、聖オペール司教が大天使ミカエルのお告げにより、海上の岩山に修道院を建設することにしたのがはじまりです。

 

#7 シュガーラッシュで登場する、ニューヨークの「グランドセントラル駅」

 

シュガーラッシュで登場する、ニューヨークの「グランドセントラル駅」

image by iStockphoto / 102615961

ニューヨークの鉄道の拠点の駅であるグランドセントラル駅。
1871年に開通して以来、多くの人の旅の通過点、そして通勤にと利用されており、観光客も賑わいレストランや売店が営業しています。

 

#8 塔の上のラプンツェルでも行われた「コムローイ祭り」

 

塔の上のラプンツェルでも行われた「コムローイ祭り」

image by iStockphoto

タイ・チェンマイの名物お祭り、コムローイ。
日本人も多くが訪れる有名なお祭りですが、「塔の上のラプンツェル」はこのコムローイ祭りをモデルに、同様の幻想的なシーンが描かれました。

#9 白雪姫のお城は「アルカサル」(スペイン)

 

白雪姫のお城は「アルカサル」(スペイン)

image by iStockphoto

スペインのセビリアにある「アルカサル宮殿」。
山の上に立つ孤高の城という雰囲気もそっくりです。

#10 ノートルダムの鐘のモデルは、フランス・パリの「ノートルダム大聖堂」

 

ノートルダムの鐘のモデルは、フランス・パリの「ノートルダム大聖堂」

image by iStockphoto

パリにあるノートルダム大聖堂は、その名の通り「ノートルダムの鐘」の舞台になったとされるスポット。
ゴシック建築を代表する建築物で、”パリのセーヌ河岸”という名称で親しまれており、ローマ・カトリック教会の大聖堂。

ノートルダムとは、フランス語で”我らが貴婦人”という聖母マリアを意味しています。

 

#11 リロ&スティッチが住むのはハワイ・カウアイ島

リロ&スティッチが住むのはハワイ・カウアイ島

image by iStockphoto / 79570695

カウアイ島は、ビーチだけでなく自然の宝庫。
特に山の形状がリロ&スティッチで出てくるアニメの内容と似ています。

#12 バンビの森は、「アラジャネスの森」(アルゼンチン)

バンビの森は、「アラジャネスの森」(アルゼンチン)

image by iStockphoto

バンビで出てくる幻想的な森は、アルゼンチンの「アラジャネスの森」がモデルだとか。
独特の形状をするアラジャンの木が生い茂るこの森は、アルゼンチンの観光地としても人気です。

#13 美女と野獣の舞台は、フランス「アルザス地方」

 

美女と野獣の舞台は、フランス「アルザス地方」

image by iStockphoto / 47271516

ジブリ映画「ハウルの動く城」の舞台にもなった地方コルマール。
スイスとドイツに面するフランス東部にあるこの地方は、映画”美女と野獣”の舞台にもなったと言われています。

この地方はカラフルで可愛らしい家々が並び、街全体がメルヘンな雰囲気に満ちています。

 

#14 アトランティス失われた帝国のモデルは、「アンコールワット」(カンボジア)

アトランティス失われた帝国のモデルは、「アンコールワット」(カンボジア)

消えた帝国アトランティスを舞台にしたアニメ”アトランティス失われた帝国”のモデルになったのが、カンボジアにある「アンコールワット」。
アンコールワットは、トリップアドバイザーが調査した”行ってよかった海外観光スポットトップ50(2012)”でも堂々の1位を誇る人気の観光スポットです。

最近では、アンコールワットまでの交通も整備され行きやすくなっているのも特徴です。

 

#15 リトルマーメイドの舞台は「シヨン城」(スイス)

リトルマーメイドの舞台は「シヨン城」(スイス)

image by iStockphoto / 64550769

「シヨン城」は、スイス連邦ヴォー州の世界に名高い高級リゾートのモントルー近郊に位置するレマン湖畔にある美しい古城です。
スイスとフランスにまたがる三日月型のレマン湖の東端にある岩島の上に築かれ、湖に浮いているような幻想的な美しさを誇っています。

リトルマーメイドの舞台ですが、湖だったのですね。

 

#16 ファインディングニモのワンシーンで出てくる「オペラハウス」

ファインディングニモのワンシーンで出てくる「オペラハウス」

シドニーの中心部シティーから徒歩圏内、シドニー湾に突き出した岬ベネロング・ポイントにあるのが、シドニー・オペラハウスです。
1973年完成の建物で、世界遺産に登録されているものとしては最も新しい建造物になります。

ファインディングニモではそっくりそのまま描かれています。

 

#17 ピーターパンで出てくる「ビッグベン」(イギリス)

 

ピーターパンで出てくる「ビッグベン」(イギリス)

image by iStockphoto

ロンドンのシンボルである「ビッグベン」は、ピーターパンの象徴的なシーンでそっくりそのまま登場します。

#18 カールじいさんの空飛ぶ家の舞台は、エンジェルフォール

カールじいさんの空飛ぶ家の舞台は、エンジェルフォール

image by iStockphoto

家に風船をつけて空へと舞いあがったおじいさんが体験する奇想天外な旅の模様を描く映画”カールじいさんの空飛ぶ家”。
この映画に登場するのが、南アメリカのギアナ高地にある「エンジェルフォール」。
世界最後の秘境とも呼ばれているカナイマ国立公園内に位置し、世界最大の落差979mを誇ります。

ディズニー好きならいつかは行きたい

 

噂レベルのものから、はっきり明言されていたり、そのまま描写されていたり。
ディズニーは独特の世界観を保ちつつも、現実世界の建築物や自然を参考にされていることがわかります。
ディズニー好きなら、海外旅行のプランもモデルとなった地から選んでみては?
photo by PIXTA and iStock