美しすぎる世界の絶景「湖」13選。こんなにあった大自然の湖

世界には、ピンク色をしたセネガルのレトバ湖や氷の世界が美しいロシアのバイカル湖など、神秘すぎる美しさを誇る湖が数多く存在します。今回は、そんな想像を絶する美しさを誇る世界の美しき絶景、世界遺産にもなっている湖を中心にご紹介いたします。

#1 世界一の透明度を誇る”バイカル湖”/ロシア

ロシア南東部シベリア連邦管区の複数の州に挟まれた三日月の形をした湖「バイカル湖」。
この湖は、ガラパゴス諸島同様に世界屈指の生物多様性を持つ湖としても有名で、バイカルアザラシなど約355属1334種の生物が生息しているとか。

日本人の起源はバイカル湖周辺から来た説!?バイカル湖の歴史 | wondertrip


#2 旅人支持率No.1″ウユニ塩湖”/ボリビア

絶景の代名詞の湖と言えば、ボリビアにある「ウユニ塩湖」。
毎年1月~3月の雨季になると塩湖に水が張り、空を映し出す”鏡張り”は、死ぬまでに一度は見てみたい絶景です。

世界が認めた絶景!ウユニ塩湖旅行の魅力と注意点 | wondertrip


#3 異常な塩分濃度で思わず浮いてしまう!?”死海”/ヨルダン

イスラエルとヨルダンの国境にある地球上で最も低い位置(海抜マイナス416m)にある海水湖「死海」。

この湖は、塩分濃度が高い為、人が湖につかると得に手足を動かさなくても、自然に体が浮いてしまう不思議な湖。

塩分濃度が尋常じゃないくらい高い為、絶対に顔をつけてはいけないのと、20分以上は入ってはいけないと言われています。
傷口があるとダメージ大なので要注意!

「死海」はなぜ浮くの?そもそもなぜ塩分が高いの?泥パックの効果は?観光する前に知りたい基礎情報 | wondertrip


#4 いちごミルクのような湖”レトバ湖”/セネガル

アフリカのセネガル共和国ダカール州にあるのが”ラック・ローズ”と呼ばれているいちごミルク色した湖「レトバ湖」。

これは、湖に棲息するプランクトンや鉱物の影響によってピンク色になっているとか。
ちなみに塩湖なので、舐めるとしょっぱいそうです。

#5 ターコイズブルーに輝く湖”モレーン湖”/カナダ

カナダ・アルバータ州のレイク・ルイーズ近郊にあるのが「モレーン湖」。

この湖は、標高1884mに位置する氷河湖でバンフ国立公園内にあります。

氷河の雪解け水によって形成されており、6月下旬まで満水にはならないが、夏のバカンスシーズンにはターコイズブルーの美しい湖水になり多くの観光客を魅了しています。

#6 ニュージーランドで一番の星空を望む”テカポ湖”/ニュージーランド

ニュージーランドで一番の晴天率を誇る「テカポ湖」は、満天の星空が見えるスポットして有名。

あまりの美しさに、人々は街灯に傘をかぶせ、光害を軽減するナトリウムランプを採用するほど。
星空を世界自然遺産に登録しようと現在進行中だとか。

#7 美しすぎるダイビングスポット、「シンクヴァトラヴァトン湖」の「シラフル」

アイスランドの南に位置する、シンクヴェトリル国立公園という世界遺産、そのなかの「シンクヴァトラヴァトン湖」。
ここは別名、地球の割れ目とも呼ばれている、ユーラシアプレートと北米プレートのちょうど狭間にあたる場所です。

アイスランドという北極圏にもほど近い位置だからこそ水温は2-3度に保たれており、水中生物が活動できないことから、澄んだ水がキープされています。

美しすぎるダイビングスポット『シルフラ』。世界中のダイバーを虜にするアイスランドの湖 | wondertrip


#8 シヨン城が美しいレマン湖畔/スイス

スイスのリゾート地として知られるモントルーに、レマン湖畔があります。
ここに古城シヨン城が浮かび、なんともいない幻想的な絶景を映し出しています。

#9 富士山よりも高く、琵琶湖よりも大きいチチカカ湖/ボリビア

南米ペルーとボリビアの国境をまたぐように、チチカカ湖は位置しています。
なんと標高3,812メートルの高地にあり、面積はおよそ8,562平方キロメートル。
富士山より高い場所にある、琵琶湖の12倍もの大きな湖です。

チチカカ湖観光にいこう!ボリビア「コパカバーナ」の魅力 | wondertrip


#10 クルージングで満喫できるアヌシー湖/フランス

フランスのベニスとも呼ばれる、透明度の高い湖、「アヌシー湖」。
ここは遊歩道を散策するだけでなく、クルージングも楽しめることで人気のリゾート湖畔です。
アルプスの氷が溶けだしてできた湖とされ、その透明度がなんとも感動的な絶景です。

美しい湖と山々「フランスのベニス」アヌシーの観光スポット4選 | wondertrip


#11 鬼がつくったという伝説残るインレー湖/ミャンマー

面積が43.5㎢もある広大なインレー湖は、その広さから、地元ではもともと4つあった湖を近くに住む鬼が、1つにしたという伝説が残っています。
ビルマ語でインレー湖は、「イン」が湖、レーが「4つ」という意味です。
どこまでも続く湖と周囲を囲む山々の風景はまさに絶景です。

ミャンマー観光なら次はここ!「インレー湖」で見た絶景&みどころ10選 | wondertrip


#12 未だ謎の残るピンクレイク(ヒリアー湖)/オーストラリア

パース南東に浮かぶミドル島。
そこに天候等の条件が揃うことで時折ミルキーピンクの湖が現れます。
水中の藻類やバクテリアが発する成分によって水が変色するのではという憶測だけで、今のところはっきりとした原因は解明されていないようです。

ピンク色の湖に、天国に届きそうな桟橋…オーストラリア「パース」で見たい絶景ランキング | wondertrip


#13 中央アジアの大地に広がるフェワ湖/ネパール

氷河を水源とし、透き通った水質が特徴のフェワ湖。
ツアーを利用することで湖上遊覧をすることができます。
周囲には遊歩道があるので、のんびり散歩しながら涼し気なフェワ湖を楽しむのもおススメ。

観光客だけではなく、実は地元の方々も多く訪れ、リラックスできる憩いの場所となっています。
旅の疲れを手漕ぎボートの上でゆったり癒すのも良いですね。

大自然の神秘…ネパールで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景5選 | wondertrip


世界にはこんなに美しい湖で溢れている

日本にも琵琶湖があるように、世界にもその地元で愛される湖があります。
それぞれ水質や成り立ちにより、透明にもなったり、ピンクにもなったり…ぜひ海外旅行で湖散策を企ててみてください。