死ぬまでに行きたい!世界の絶景・秘境ランキングTOP100

公開日:2019/3/20 更新日:2020/1/30

Tabiyoriでは今までに様々な世界の絶景や秘境をご紹介してきましたが、今回は総集編として今までにアクセス数の高かった絶景・秘境スポットをまとめて一気に100個ランキング形式でご紹介!有名な絶景からあなたがまだ知らない絶景まで、instagramのいいね数やTabiyoriでのアクセス数を元にランキングにしました。

100位 不思議な海岸「老梅石槽」/台湾

不思議な海岸「老梅石槽」/台湾 B級グルメや東南アジアの熱気で賑わう夜店で人気の台湾ですが、実は大自然の絶景の宝庫です。 このランキングでもまた度々台湾の絶景を取り上げますが、緑の岩と海岸の不思議なコラボレーションが美しい「老梅石槽」は欠かせません。 奇形の岩に海藻がへばりついていることで、このような不思議な絶景が出来上がっています。台北市内から電車で1時間程度というアクセスの良さも魅力。

飛行機でたった4時間!神秘の街・台湾で見た幻想的な絶景10選 | Tabiyori どんな時も旅日和に

99位 世界一の絶景スキー場!リマーカブルズ・スキー場/ニュージーランド

世界一の絶景スキー場!リマーカブルズ・スキー場/ニュージーランド ニュージーランドといえば山の絶景。 さらに絶景のスキー場があると聞けば、ウィンタースポーツ好きにはたまらないのではないでしょうか。クイーンズタウンにはリマーカブルという名の山脈が有りますが、そこから見下ろすクイーンズタウンは絶景!クイーンズタウン周辺でも1番標高の高いリマーカブルスは標高2200mから360度の絶景を望む事が出来ます。 クイーンズタウンから車で40分程度で行けるのでアクセスも良く、人間の手がほとんど入っていないので、ガードレールのない山道を車でひたすら登り、スリリングなドライブも楽しめます。 冬場には自然を多く残すスキー場としても人気があります。

大自然を見に行こう!ニュージーランド・クイーンズタウン観光で見れる絶景や見どころ・スポットまとめ | Tabiyori どんな時も旅日和に

98位 スイス/レーティシュ鉄道(アルブラ線・ベルニナ線)

スイス/レーティシュ鉄道(アルブラ線・ベルニナ線)

image by iStockphoto

スイスとイタリアをまたぐ「国境を越えた世界遺産」のレーティシュ鉄道は、スイス最大級の私鉄。 アルブラ線で、世界遺産に登録されているのはトゥジスからサンモリッツまでの67㎞。 全長5866mのアルブラトンネルをはじめ、今にも崩れてしまいそうな高くて細いラントヴァッサー橋、それよりも更に高いところを走るソリス橋を通ります。一方ベルニナ線は、山岳線路でサンモリッツからティラノまでの60.7㎞が世界遺産登録されています。 高い木が生息できなくなる高度と言われる森林限界を超えると、欧州車窓展望ベスト10にも選ばれている、モルテラッチュ氷河、カンブレナ氷河などを望むことができます。 ちなみに、サンモリッツの駅には姉妹鉄道である箱根登山鉄道から贈られた駅名標があるので、遠く離れた異国で日本を感じることができるのも、特別な体験。

スイスの動脈にして世界遺産、レーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線 | Tabiyori どんな時も旅日和に

97位 エジプト・カイロのハーン・ハリーリ

エジプト・カイロのハーン・ハリーリ

image by iStockphoto

ハーン・ハリーリは、エジプトのカイロのイスラーム地区にある市場。 その歴史は14世紀から現代に続いています。ハーン・ハリーリには、スパイス、金銀細工に革細工などの土産品店、喫茶店などの飲食店が数多く並ぶ、観光客向けの市場になっています。 市場の中心部は半径100m程で、さほど広くはないのですが、まるで迷路のように入り組んでいて、あちらこちら、ちゃんとみて回るには一日では回りきることができない程です。 夜町に明かりがともるころになれば、魔法のランプでも売っているのではないかと思ってしまうほど、味わい深く神秘的な街になります。 買い物をするにあたって、是非覚えておいてほしいのが、土産品の値段は交渉制であること。 観光客相手だと高値で売ろうとするので、いくつかの商品をまとめて「とにかく値切れるだけ値切る」事をおすすめします。

96位 中国、黄龍

中国、黄龍

image by iStockphoto

黄龍とは、四川省北部、標高3000mを超える高原地帯にある黄龍風景区にあり、世界遺産(自然遺産)にも登録されています。 この黄龍は、石灰質が堆積してできた黄色い岩肌が、まるで棚田のようになり、碧く澄み切った水面が美しく、風景地区全体は池や川で構成され7.5㎞にわたり続います。水の色は、風景区の場所によって、また、見る角度や天気などでも異なり、黄・緑・青・茶・金など様々変化するそうです。 「仙境」とも呼ばれ、龍伝説まであるという神秘的な景観に吸い込まれそうになりますね。 なにより、ここ黄龍は、遥か昔4億年前は、海の底だったと言うから驚きです。 この中国黄龍風景地区を訪れる際は、高山病に注意してくださいね!

中国を代表する観光地が集まる魅惑の「四川省」へ出かけましょう | Tabiyori どんな時も旅日和に

次のページ
多くの歴史的建造物のある街 >>