死ぬまでに1度は行ってみたい日本の絶景・秘境112選

公開日:2019/3/15 更新日:2020/1/27

#12 鬼火の路/登別市

96158:鬼火の路/登別市

撮影/吉田匡和

北海道の名湯地「登別温泉」に、まるで地獄へ続くかのような絶景があります。 「鬼火の路」と呼び、夕暮れの時間帯はライトアップでますます仰々しい風景に。 鬼火の路だけでなく、登別温泉周辺の絶景に実際に行ってみた記事はこちらから。

【北海道の絶景】湯煙温泉旅情『登別』をディープに楽しむ! | Tabiyori どんな時も旅日和に

#13 雲海テラス/トマム

91027:雲海テラス/トマム

photo by PIXTA

天国に一番近いカフェとして絶景本などで紹介され瞬く間に有名になった星野リゾート トマムにある雲海テラス。 ゴンドラに乗って12分ほど山を登った、標高1088mの場所にあります。 テラスから雲海はまさに絶景という名にふさわしい!雲海を見られる確率は、平均して30%から40%。 6月~9月の早朝がお勧めです。

幻想的!北海道にある天国に一番近いカフェ『雲海テラス』 | Tabiyori どんな時も旅日和に

東北の絶景



#14 奥入瀬渓流/青森県

91028:奥入瀬渓流/青森県

photo by PIXTA

十和田湖の子ノ口から焼山までの約14kmの流れで、豊かな樹木や大小14の滝と1つの池、千変万化の美しい流れや様々な奇岩・奇勝が見事な渓流美を作り出しており、四季折々の自然美を堪能できます。 新緑は5月~6月、紅葉は10月上旬に色づき始め、10月中旬~下旬頃が見頃。

#15 恐山/青森県

91029:恐山/青森県

photo by PIXTA

日本三大霊山の一つに数えられ、立ちこめる硫黄臭と、この世よりもあの世に近い場所と言われる荒涼とした風景はその名に恥じない雰囲気があります。 恐山大祭や恐山秋詣りには、イタコマチ(イタコがテントを張って軒を連ねている場所)に多くの人が並び、イタコの口寄せを聞きます。

温泉に宿坊もある「恐山」観光に行こう!名前の由来は? | Tabiyori どんな時も旅日和に

次のページ
白神山地/青森県 >>