なんなら週末行ける!?アジアの絶景・秘境ランキングTOP10

世界には様々な絶景や秘境がありますが、今回はwondertrip調査によるアジアの絶景・秘境ランキングをお届けします。アジアには、手軽にLCC(格安航空券)で行ける絶景や秘境が数多くある地域でもあります。ちょっとした休暇にアジアの絶景への旅行はいかがでしょうか?

第10位 ゴールデンロック(Golden Rock)/ミャンマー

第10位 ゴールデンロック(Golden Rock)/ミャンマー
今にも落ちてきそうな景観が特徴的なのがミャンマーにある仏塔(パゴダ)の「ゴールデンロック」。

仏教徒の巡礼地として良く知られており、巡礼者の寄付によって貼り付けられた金箔に覆われた黄金色をしている。

この今にも落ちそうで落ちない「重力の否定」を一目見ることで、多くの人々に仏教へ帰依するためのインスピレーションを与えているとか。
不思議ですね。

チャイティーヨー・パゴダまたはゴールデンロックの住所・アクセスや営業時間など

名称 チャイティーヨー・パゴダまたはゴールデンロック
住所 Kyaiktiyo Yangon (Rangoon), Myanmar
営業時間・開場時間 現地時間0:00-23:30
利用料金や入場料 6000チャット
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%B4%E3%83%80
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第9位 ホアルー・タムコック(hoa-lu tamcoc)/ベトナム

第9位 ホアルー・タムコック(hoa-lu tamcoc)/ベトナム
ハノイから南へ100km、ベトナムの北部にあるのが、陸のハロン湾と呼ばれている「ホアルー・タムコック」。
“ホアルー”とは、ハノイに首都が置かれる以前に10世紀頃に都が置かれていたベトナムの古都の名前で、”タムコック”は3つの洞窟という意味があるとか。

このホアルー・タムコックは、どこか懐かしい雄大な風景が広がっており小船に乗りながらその景観を楽しむことができます。

ホアルー・タムコックの住所・アクセスや営業時間など

名称 ホアルー・タムコック
住所 Tam Coc, Vietnam
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://travel-ryokouki.com/archives/3379
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第8位 マリーナベイサンズ(MarinaBaySands)/シンガポール

第8位 マリーナベイサンズ(MarinaBaySands)/シンガポール
テレビや雑誌などでもよく見る有名なホテルと言えばマリーナ・ベイに面した総合リゾートホテルマリーナベイサウンズ。
このホテルの屋上にあるのが世界一高い場所にあるプール(地上200m)。
絶景という名に相応しい景観です!

プールに入らなくても、プールサイドにあるバーでゆっくりお酒を楽しむこともできます。
またマリーナベイサンズに隣接されている商業施設も相当大きく、ショッピングとカジノまで楽しむことができますよ。

Marina Bay Sandsの住所・アクセスや営業時間など

名称 Marina Bay Sands
住所 10 Bayfront Avenue, Singapore 018956
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://jp.marinabaysands.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第7位 クーハーカルハット宮殿(King’s pavilio)/タイ

第7位 クーハーカルハット宮殿(King's pavilio)/タイ
タイ国際空港から車で3時間ほどの距離にあるカオ・サームローイヨート海洋公園。
この公園の奥地にあるのが、タイの秘境・隠れた宮殿と言われている「クーハーカルハット宮殿」。

吹き抜けから降り注ぐ光と美しい赤が創りだす、神々しい光景はまさに絶景。

カオ・サムローイ・ヨード国立公園内「クーハーカルハット宮殿」の住所・アクセスや営業時間など

名称 カオ・サムローイ・ヨード国立公園内「クーハーカルハット宮殿」
住所 Moo 2, Ban Khao Deang, Khao Deang Sub District, Amphoe Kui Buri,Prachuap Kri Khan 77150
営業時間・開場時間 現地時間8:00-16:30
利用料金や入場料 200バーツ
参考サイト http://blog.littlestardweller.com/archives/4946
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第6位 ソンドン洞窟(Hang Son Doong)/ベトナム

ベトナム中部にある謎多き世界最大の洞窟といえば「ソンドン洞窟」。
200万~500万年前に形成されたと言われています。
幅約200m、高さ約150m、そして奥行きなんと約8850m以上もある超巨大洞窟。

※一時期は観光ツアーが組まれていたようですが、今現在(2016/5)では秘境すぎて今後のツアー予定が未定、立ち位置が制限されているようです。
週末に行くことが難しそうですが、旅のヒントになればとランキングに残しています。

ソンドン洞の住所・アクセスや営業時間など

名称 ソンドン洞
住所 Quang Binh Province, ベトナム
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 各観光ツアーによる
参考サイト http://www.sondoongcave.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第5位 ボロブドゥール遺跡(Borobudur)/インドネシア

第5位 ボロブドゥール遺跡(Borobudur)/インドネシア
インドネシアのジャワ島中部のケドゥ盆地にあるのが大規模な仏教遺跡「ボロブドゥール遺跡」。

世界最大級の仏教寺院であり、世界遺産に登録されています。

ミャンマーのバガン遺跡と並び世界三大仏教一つでもあり、欲界-色界-無色界の3界9層からなる階段ピラミッドとなっています。

ボロブドゥール遺跡の住所・アクセスや営業時間など

名称 ボロブドゥール遺跡
住所 Borobudur, Magelang, Central Java 56553
営業時間・開場時間 現地時間6:00~17:00
利用料金や入場料 30USドル
参考サイト http://borobudurpark.com/the-borobudur-temple/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第4位 角島大橋/日本

第4位 角島大橋/日本
山口県を代表するスポットといえば、自動車のCMなどで使われている「角島大橋」。
エメラルドグリーンの海と途中に浮かぶ小さな鳩島を見渡しながら全長1780mの一直線の橋。

沖縄県の古宇利大橋(全長1,960m)についで日本2番目の長さ。
車で爽快に走ってみたいものですね!

角島大橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 角島大橋
住所 山口県下関市豊北町角島
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%B3%B6%E5%A4%A7%E6%A9%8B
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第3位 ランタンフェスティバル/タイ

第3位 ランタンフェスティバル/タイ
タイの陰暦12月(新暦10月~11月)の満月の夜、川の恵みへの感謝の気持ちを表し、クラトン(灯篭)を川に流す「ロイクラトン(ランタンフェスティバル)」。
チェンマイのロイクラトンは特に有名で、「イーペン」とも呼ばれており、ピン川を流れるクラトン(灯篭)は、幻想的な風景が広がります。

タイ・チェンマイでのランタンフェスティバルは、毎年11月頃に開催されますので、観光情報をチェックしてぜひ旅行の行き先として候補にしてください。

Yeepeng Lanna Internationalの住所・アクセスや営業時間など

名称 Yeepeng Lanna International
住所 Nong Han, San Sai, Chiang Mai, Thailand
営業時間・開場時間 17:20-
利用料金や入場料 ツアーによる
参考サイト https://www.facebook.com/YeepengLanna.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第2位 エル二ド(El Nido)/フィリピン

第2位 エル二ド(El Nido)/フィリピン
フィリピン最後の秘境と呼ばれているのが、パラワン諸島にある「エル二ド」。
環境保護区にも指定されており、エメラルドグリーンに輝くラグーンが特徴的。
飛行機でしか行くことができず、1島1コテージという隠れ家的リゾートですよ。

最高のリゾート気分を東南アジアで味わうなら、「エル二ド」がおすすめです。

エル二ドの住所・アクセスや営業時間など

名称 エル二ド
住所 El Nido,PHL
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%89
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第1位 富士山/日本

第1位 富士山/日本
堂々の1位は、2013年に念願の世界遺産に登録された日本の富士山。
美しく荘厳な姿を基盤に、様々な信仰や芸術を生み出した”名山”として、世界にふたつとない価値が評価され世界遺産に登録されました。

富士山の住所・アクセスや営業時間など

名称 富士山
住所 静岡県:富士宮市、裾野市、富士市、御殿場市、駿東郡小山町 山梨県:富士吉田市、南都留郡鳴沢村
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.fujisan-climb.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、絶景を今すぐ見に行こう

いかがでしたか。
アクセスの良い東南アジア、それから国内にもたくさんの絶景があります。
交通費や物価の安いエリアで、気軽に絶景を楽しみましょう。