チェルノブイリ原発事故のシンボルとも言われる『プリピャチ遊園地』

ウクライナ北部にあるプリピャチ市。約30年間に起きたチェルノブイリ原子力発電所事故により住民全員が避難し、現在は無人の市です。今回はこの市にある遊園地をご紹介します。

チェルノブイリ原子力発電所に勤める人々のために作られた市

チェルノブイリ原子力発電所に勤める人々のために作られた市

image by iStockphoto

このプリピャチ市はキエフから北に約100キロ、ベラルーシとの国境近くにあります。
この市は1970年代にチェルノブイリ原子力発電所に勤める人々のために作られた市であり、エレベーター完備の高層マンション、カルチャーセンター、公園などがあり、当時の他のソビエト連邦の市と比べると恵まれた街だったようです。

2日間にして無人に

2日間にして無人に

image by iStockphoto

チェルノブイリ原子力発電所事故が起きる前の市の人口は約4万9千人。
事故後2日間のあいだに住民全員が避難したために、無人になりました。
30年経った今でも放射能危険区域なことは変わりなく、現在も街は廃墟となっています。

一度も開演することなく廃墟になってしまった遊園地

一度も開演することなく廃墟になってしまった遊園地

image by iStockphoto

そしてこのプリピャチの街で、1986年5月1日にオープンする予定だった遊園地も同年4月26日に起きた事故により、一度も開園されることがなく現在に至っています。
4つのアトラクション、観覧車とゴーカート、バイキングや遠心力を利用したくるくる空中散歩が楽しめる遊具があったそうです。

まだまだ危険なプリピャチの町

まだまだ危険なプリピャチの町

image by iStockphoto

プリピャチの住人は事故後、約50キロ離れたスラブチッチという町へと移動を余儀なくされました。
チェルノブイリ原子力発電所から4キロとほど近かったプリピャチの町は、人類が安心して住めるような放射能レベルになるまでには約900年かかると言われています。

実際はそこまで危険ではない・・・?

実際はそこまで危険ではない・・・?

image by iStockphoto

現在プリピャチを訪れることができる幾つかの旅行会社が企画した見学ツアーがあるようですが、ツアー後の健康問題については自己責任であるという書類に署名しなければならないようです。
そこで気になるのが現地の放射能レベルですが、2009年に行われた放射能測定によると、町の多くの場所では毎時1マイクロシーベルト以下であったと言われています。

チェルノブイリ博物館では福島第一原発の事故の特別展も

チェルノブイリ博物館では福島第一原発の事故の特別展も

image by iStockphoto

プリピャチの町から約100キロ程、ウクライナの首都キエフには国立チェルノブイリ博物館があります。
当時の事故の様子や被害の状況を詳しく知ることができます。
広島・長崎の原爆に関する常設展示、そして2013年には日本の福島第一原発の事故の特別展も行われました。

今一度原発について考えるよい機会かもしれません

今一度原発について考えるよい機会かもしれません

image by iStockphoto

プリピャチの遊園地、いかがでしたか。
悲しくも同じ問題を抱える私たち、考えさせられることがいっぱいあります。

プリピャチ遊園地( Pripyat amusement park)への行き方

日本からはまず飛行機でモスクワへ向かいます。
そこから飛行機を乗り継ぎ、ウクライナのキエフにあるボルィースピリ国際空港へ向かいます。
空港から322番のバスでキエフ市街地まで行くことができます。
プリピャチの町へは、キエフから不定期で出ているチェルノブイリ見学ツアーで立ち寄ることが可能です。
photo by iStock
海外航空券を今すぐ検索・購入する

出発地

目的地

大人 子供 幼児

大人:ご搭乗時の年齢が11歳以上、子供:11歳未満 幼児:2歳未満