台湾で有名だった今は亡き廃墟と化したUFO型の建物『三芝飛碟屋』

「三芝飛碟屋」とは、台湾の最北にある新北市三芝区にあった建設途中で廃墟となったリゾート地で、その外観からUFOハウスや、ポッドシティとも呼ばれていました。東アジアの駐留米軍の人々など休暇をここで過ごしてもらおうという目的でした。フィンランドの建築家のデザインによるこのプロジェクトも事業主の倒産で建設を放棄されることになったようです。

UFOハウスと呼ばれたリゾート地

とてもユニークな形をした外観がひときわ目を引くリゾート地が完成する予定でした。
取り壊される2008年まではこのようにひっそりと30年もの間、海に向かって建っていました。
取り壊しが決定した際にはこの廃墟のファンから、建物の一部を残してほしいとの要望もあったそうです。

事業者の倒産により、廃墟と化す

もし完成していたら、青空の下で素晴らしい休暇が期待できたのかもしれませんが、このように子供用のプールになる予定だった場所も使われないないままの虚しい姿を残していました。

むなしく散乱する施設の一部

プールに設置されるはずだったチューブスライダーの一部と思われるものが地面に散乱していました。
まさしく放置されたという言葉がふさわしい光景です。

海を望むむき出しの部屋

建物の中の部屋からは海が一望でくる素晴らしい場所でしたが、部屋は全く内装されず天井・壁・床はコンクリートなどがむき出しの状態で残されていました。

有名な心霊スポットでもあった

「三芝飛碟屋」には色々と噂があり、建設中に事故があったり、建設が中止された後は台湾でも有名な心霊スポットだったという話もあります。
たしかに廃墟になった建物は不気味なイメージがあります。

世界に知られる廃墟に

「三芝飛碟屋」への入り口であっただろうと思われる場所の横には、縁起が良いとされる巨大な龍がありました。
この場所がゴーストタウンとなった後はフランスのメディアに取り上げられ、世界にも知られる廃墟として旅行者の人気の場所でした。

新たにリゾート地建設も

この「三芝飛碟屋」は2008年12月29日から取り壊し作業が行われ、現在はすでに存在しない場所となってしまいましたが、新たにリゾート地建設の計画が進んでいるようです。
どのようなリゾートに変身するのかちょっと楽しみですね。

三芝飛碟屋(Sanzhi UFO houses)への行き方

日本(各地の空港)から台湾・台北へ直行便で約2時間30分から4時間 台北・桃園空港から台北市内へ空港リムジンバスなど利用で約1時間 台北市内からは電車利用で約2時間