【旅行体験談】2泊3日ツアーでいく台湾!台北の活気あふれる街に魅せられて

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、台湾の台北に旅行したあいぴんさんから、お話を伺いました。

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:あいぴんさん

東京都内在住主婦、女性、海外旅行好き。タイや中国、台湾、韓国などのアジア圏の国が好きで、台湾旅行にいってきたとのこと。

こんにちは。
今回は台湾への旅行に行って来られたとのことで旅程から教えてください。
ツアーで3日間の台湾旅行に行ってきました。

1日目  成田空港よりチャイナエアラインにて、台北中正国際空港へ移動。

台北市内のホテルへ到着、夕食のため、地下鉄に乗って士林夜市に行きました。
士林夜市ではフライドチキン、羊肉串、魯肉飯、かき氷など、台湾の屋台グルメを食べ歩き

2日目  終日自由行動

西門町に行き、周辺散策、後、近くのスーパー(カルフール)にて、お土産を購入。
台北101周辺を散策、夕方からは再び、士林夜市へ

3日目  朝食は少し足を伸ばし油条、豆乳、肉まんなどたっぷりと食事、朝市も見て回り、台湾の庶民の生活を窺い知る

昼過ぎになり、台北中正国際空港から午後便にて成田空港へ移動しました!

「士林夜市」の魅力

アジア圏への旅行が好きだとお聞きしましたが、今回の台湾旅行はいかがでしたか。
台北101や西門町、ホテル周辺にも印象的なスポットはたくさんありましたが、一番印象に残っているのは、やはり「士林夜市」です。
1日目、2日目とも続けて行きました。

地下鉄で最寄りの駅を降りた瞬間、活気が感じられて、楽しい雰囲気が漂っていました。
降りてすぐのところには、洋服や雑貨のお店が立ち並んでいました。
日本でも流行っている可愛い服が、日本より随分と安かったので、沢山買ってしまいました。

 

 

「士林夜市」は有名ですよね。
おすすめのところもありましたか。
少し散策し、奥へ足を進めると、「美食街」と書いた看板がありました。
方向表示通り、地下へ下ると、そこには食べ物の屋台がたくさんでした。

夏の暑い時に行ったので、喉が渇いた私は冷たい緑茶を注文しました。
随分と大きいカップにたくさん入っていました。
いくつかの屋台を巡り、魯肉飯や官財板、ワンタンなどを購入し、その場で食べましたね。
全てが当たりでとっても美味しかったですよ。

その後、他の場所も散策しましたが、食べ物の屋台周辺は人がとても多く、ごった返し、スムーズに歩けないほどでしたね。

 

やはり夜になると活気があってすごいのですね。
他にはどんな所が賑わっていましたか。
「美食街」周辺では、フリースローや射撃などのゲームのある屋台もあり、ひと昔前の日本のお祭りを彷彿とさせる雰囲気でしたね。
少し裏に入ると、ゲテモノ料理を出す屋台があったり、ディープな一面もありましたけれど・・・。

帰りにある屋台で、揚げドーナツのようなお菓子を買ったのですが、お金を出すのに手こずってしまいましたが、お店のおばさんは「慢慢的(ゆっくりでいいよ。)」と声をかけてくれて、台湾の人の温かさにも触れられた瞬間でした。

宿泊したホテルについて

台湾の人の人情にも触れたのですね。
いい思い出になりましたね。

ところで、宿泊したのはどんなホテルですか。

ツアーでの旅行でしたので「山水閣大飯店」に宿泊しました。
客室は広くはないし、設備も新しいわけではないですが、シャワー、トイレ、ベッド、一通り揃っています。
タオル、ドライヤーなどの備品もちゃんと揃っていました。

おそらく格安ホテルのランクだと思いますが、そういったホテルにありがちな、壁が薄くて生活音が気になってしまうというようなことは全くありませんでした。

 

ホテル近辺の便利さはどうでしたか。
朝食などはどうされましたか。
朝食会場らしきものは見当たらなかったので、ホテル自体、朝食はやっていないのだと思いました。
ホテル周辺には朝からやっている食堂もあるし、朝の屋台もありますので、食事には困らないのですが・・・。
コンビニもすぐ近くなので、何か買って、ホテルで食べることもできますから。

何より、地下鉄の駅が近く、どこに行くのもアクセスが便利です。
「士林夜市」に行くのも地下鉄で2、3駅くらいなので、夜遅くまで遊んでもすぐに帰って来れます。

「士林夜市」による出掛けるので、近いと言うのは魅力ですね。
他にホテル近くでも遊ぶような所もあったのですか。
台湾で有名な変身写真のお店も、ホテル近くに立ち並んでいるので、撮影したい方にはとても便利でしたよ。
また、車やバスの沢山通る大通りに面していましたけど、騒音も全く気にならず、ゆっくり休めました。
ホテルで贅沢したいという方には向かないかもしれませんが・・・。
フロントの方も親切で質問にはしっかり答えて下さいます。

ボリューム満点の台湾グルメ

台湾と言えば、グルメですが、いろいろ食べ歩いたりしたのですか。
先ほどお話ししたように、まずは「士林夜市」の屋台グルメですね。
顔よりも大きなボリュームたっぷりのフライドチキン、魯肉飯、官財板(シチューいり食パン)、タピオカミルクティー、羊肉串など、色々な屋台グルメを食べ漁りました。
かなりお腹が膨れていましたが、別腹のデザートに、台湾式かき氷も食べました。
これまたボリューム満点だったので、かなりお腹がはち切れそうでしたね。

 

それ以外にも街に食べに行かれたのですよね。
ほかには、「鼎泰豊」の小籠包、チャーハンも食べました。
待ち時間が長くてなかなか入れないというイメージがあり、実際そうみたいですが、たまたま台北101の店舗に行くと、待ち時間なしで入れるとのことだったので、入って食べました。

有名店だけあって、スタッフは日本語ペラペラで、日本語で接客して下さいました。
小籠包は肉汁たっぷりで、チャーハンは卵が絡んで、パラパラのとっても美味しい料理でした。

 

小籠包は並んでも食べたい所ですが、でも並ばなくて食べられてラッキーでしたね。
他にも食べ歩きましたか。
ホテル近くの食堂で、宮保鶏丁麺をまた、ハンバーガーを朝食に食べたり、台湾式の朝食、油条、豆乳、肉まんなども食べたりしました。

間食に、色んなところで、肉まんを買いましたが、どれも安くて美味しかったです。

台湾のマクドナルドのメニューは日本とほぼ同じですが、若干の調味料の違い、大きさの違いもあって新鮮だったので、試してみても良いかもしれません。

どこか懐かしい台湾で感じたこと

今回の台湾旅行で感じたことがあれば教えて頂けますか。
台湾は異国でありながらも、どこか日本と似たようなところがある国でした。
日本語を話す台湾人も沢山いて親日国家で、日本人にとても親切にしてくださるので、海外旅行初心者の方でも気軽に行きやすい国だと思います。

地下鉄などの案内表示も分かりやすく、観光地では標識もちゃんと出ているので、ほとんど迷わずに目的地に着きました。

今回はグルメ中心の旅ではありましたが、台湾には台北以外の観光地も沢山あるし、温泉や写真館、お寺なども有名なので、そういった場所にも足を運んでみたいと思いました。
今回の私の印象は、屋台が沢山あり、朝から夜まで賑やかな国という印象でしたが!

台湾へ旅行する方へのアドバイス

最近は台湾や台北への旅行が人気ですからね。
そういう観光客も旅行しやすいように街もなっているのですね。

観光客に優しい台湾ということですが、これから旅行する人へのアドバイスがありますか。

台湾だけでなく、海外ではどこでもそうだと思いますが、トイレに必ずトイレットペーパーがあるとは限りません。
むしろ無いところばかりです。
また使用済みのトイレットペーパーはトイレに流さず、トイレ横に置いてあるゴミ箱に捨てます。
トイレは違うなあと思いましたね。

あとは、コンビニやスーパーで売っているお茶はよく見ないと、砂糖入りのお茶を買ってしまうことがあります。
日本と同じ味のものが欲しいならば、必ず無糖と書かれたものを選んで下さいね。

 

最後に台湾旅行の魅力

最後に台湾旅行で感じたことが何かあればお願いします。
アジアに対する思いも強いあいぴんさんからひと言お願いします。
台湾は日本からも比較的近く、気軽に行ける海外旅行先として最近は有名になっています。
気候的には夏は本当に暑く、冬は比較的温暖なので、冬に行くのも丁度いい気候かもしれません。
台湾らしさもありながら、日本にあるようなお店も揃っているのも魅力です。
そんな台湾に一度旅行してみるのもいいのではと思います。
長い間、お話ありがとうございました。
台湾の活気あふれる街は台湾らしさでもあり、どこか懐かしい雰囲気もします。
本日は台湾の魅力を語っていただきありがとうございました。

さあ、旅にでよう

いかがでしたか。
台湾、台北の旅行体験記として、本日はあいぴんさんのお話を聞くことができました。
他人の旅行記は、不思議と旅に出かけたくなるパワーがありますね。
ぜひ台湾、台北への旅行の際には参考にしてください。