【旅行体験記】初海外一人旅でバンコク・プーケットへ。

wondertripで連載中の特集「旅行体験談」。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、タイのバンコクとプーケットに渡航したkazuさんから、初めての海外ひとり旅についてたっぷりとお話を伺いました。

今回の旅行者

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:kazuさん

旅行好きの男性フリーター。現在通っている英会話学校の職員さんのおすすめで初めての海外一人旅でタイへ。

バンコク・プーケット旅行、日程について

こんにちは。
今回はタイのバンコクとプーケットへ行ってきたのですね。
具体的な日程を教えてもらえますか?
1日目は夜に成田空港から出発しました。

2日目の夜中にタイ・バンコクに到着、タクシーで空港近くのホテルで宿泊しました。
睡眠をとり朝にバス、地下鉄でバンコク市街地へ向かいました。
市内の大型ショッピングモールを見学し、スターバックスで知り合った日本人男性と夜に食事をし、ゴーゴーバーも行きました。

 

お、ゴーゴーバーにも行ったのですね。
なかなかディープな体験ですね。
3日目は飛行機でバンコクからプーケット島へ移動しました。
プーケット空港からパトンビーチまではバスで移動したのですが、運転が荒くて車酔いしました。
マクドナルドで昼食をとった後はビーチ沿いを散策してバスでプーケット市内へ移動して観光しました。

4日目は1日プーケット島観光にあてました。
朝ホテル近くの飲食店でタイ独特のカレーを食べたり、市内を一望できる高台まで2時間歩いてたり、高台のレストランで昼食をとったりしました。

この高台のレストラン、すごく眺めがよいですね。
こんなところでのんびり食事ができたらとても気持ちよさそうです。
5日目は朝一でプーケット島からバンコクへ飛行機で移動しました。
バンコクでは最近できた日本料理店が多く入ったビルやユニクロなどブランド物のテナントが入ったビルに行き、丸亀製麺で昼食をとってカフェで休息しました。
夜は高層ホテルの屋上にある夜景が素敵なバーで食事をしました。

6日目はバンコク市内を鉄道で移動しました。
途中中華街を歩き中華店で昼食をとったり、大きい寺院を巡りました。

そのあとはチャオプラヤ川から下流へ小型船で移動し、アジアティーク ザ リバーフロントで記念撮影をしたりお土産を買ったりしてから夕食をとりました。
花火を見た後空港へ向かい、バンコクから成田へ移動し帰路につきました。

印象に残ったスポット

6日間で飛行機移動もあり盛りだくさんの内容ですね。
具体的なスポット情報も聞いていきたいと思います。
まずは初日のゴーゴーバーについて、行ってみてどうでしたか?
実は計画では全く行く気は無かったのですが、スターバックスで泊まるホテルなど調べ物をしていた時、近くに座っていた日本人男性に話しかけられ、意気投合しその後ご飯とゴーゴーバーへ行くことになりました。
ゴーゴーバーの通りは思ったより殺伐とした感じはなく、新橋のガードレール下の和気藹々とした雰囲気で店前で飲んだり、女性やレディーボーイと絡んだりしている人が大勢いました。
私は日本人のお客さんが多くいた店へ行きましたが、日本人好みの女性が多くしかも積極的な女性が多かったので、大人しいと思っていたタイ人のイメージが変わった体験でした。
なかなか日本では体験できない貴重な経験だったと思います。
昼間のバンコクでもなにか印象的な場所はありましたか?
バンコク最終日にはチャオプラヤ川沿いにある「アジアティーク ザ リバーフロント」です。
小型船で移動しましたが、小型船は速くて揺れも強く、水しぶきが飛ぶ中、川沿いの観光とアトラクションを楽しめた気分で、とてもエキサイティングでした。
アジアティーク ザ リバーフロントは船着き場のすぐ側にあり、ショッピングモールや飲食店、お土産、アーティストによるライブ、観覧車などの施設が集まった、東京のお台場のような雰囲気があって若者が多い場所です。
人が多くて活気もありそうな場所ですね。
川沿いということもあって雰囲気もありそうです。
はい、一番良かったのは川沿いからの夕日と暗くなった後の街の雰囲気でした。
ロマンチックな音楽や活気ある若者・観光客、そして美味しい食べ物がたくさん売られている様子を見ると、気分が上がりお酒も飲みたくなる最高の場所だと思います。
夕方の様子、とてもロマンチックですね。
あと、ここでの飲食も日本料理みたいに多く馴染みがあるものからタイ料理まで幅広くありました。
驚いたことに、食事中に「ドン!ドン!」と大きな音があり何事だろう?と外に出ると、なんと何発も花火が打ち上げられていました。
これには感動して”本当に来て良かった!”と思いました。
花火まで見られるとは!カップルのデートにもいいスポットかもしれませんね。

タイの宿泊について

次に宿泊についてもお話を聞けたらと思います。
まずはバンコクについてお話をお聞かせください。
初めての海外一人旅ということでしたが、どのようなところに宿泊したのですか?
基本的に一泊5000円以下で探しました。
今回はバンコク中心地から距離があるドンムアン空港を利用したので、夜中に到着した初日は空港近くのホテルに泊まりました。
その後は繁華街に近い綺麗なビジネスホテルと、少し住宅街へ入った場所にある小さなホテルを利用しました。
ビジネスホテルがメインだったのですね。
深夜早朝便を利用するときには空港近くが便利でいいですね。
はい、しかしバンコク市内は本当にホテルの数が多いし市内中心部は鉄道も発達しているので、プランに合わせて色々なホテルを選べるのではないかと思いました。
プーケットではどのようなホテルに泊まったのですか?
プーケットでは市内の中心地にある、アパートが連なったような大きなホテルに泊まりました。
バンコクより少し安くても良い条件のホテルが多く、バスの発着に近く飲食店も集まる市内の中心地に泊まりました。
連泊したのですがベットメイキングもキャンセルでき、ホテル内で一日過ごすこともできました。
一大リゾート地なので物価が高いのかと思っていましたが、バンコクより安くても良い条件のホテルが多いというのは驚きです!東南アジアのホテルってグレードによって設備が本当にピンキリだなぁと思うのですが、それぞれのホテルでなにか気づいたことなどはありましたか?
バンコク・プーケット共通して、お風呂のバスタブはなくお湯の出るシャワーのみでした。
石鹸やシャンプー・ドライヤー・冷蔵庫はある所とない所があり、テレビとエアコンは完備されていました。
フロントの女性は英語が堪能で、聞き取りやすい発音の方が多かったので、まだ英会話初心者の私にもなんとなく伝わりました。
印象として1万円出せば女性も安心して泊まれるホテル、または豪華なホテルに泊まれると思います。
お湯がちゃんと出るというのは重要なポイントですね(笑)。
英語初心者でもちゃんとコミュニケーションがとれるというのもまだまだああり海外旅行に慣れていない人にとって安心できる情報だと思います。

本場のタイグルメについて

次にグルメについてもいろいろ伺いたいと思います。
今では日本でも大人気のタイ料理ですが、現地で食べてみてどうでしたか?
私タイ料理は今まで一度も食べたことがなくて初めての物ばかりでした。
そうなんですね!それは新鮮な経験だったと思います。
どんなものを食べたのですか?
有名なトムヤム・クンやカーオ・パット、パッ・タイ、パット・クラパオを食べましたし、タイのカップラーメンやマクドナルドのハンバーガーなどお食べました。
タイに行く日本人の多くが食べている定番メニューだと思います。
実際に食べてみてどうでしたか?
トムヤム・クンは辛い以上にパクチーの味が苦手で、美味しいはずのエビやその他の具材も気になって、美味しさが分からなくなってしまいました。
パット・クラパオはバジルと肉の炒め物なのですが、これにもパクチーが入っており、スースーしながら食べました。
きっとパクチーが好きな方は更に美味しく召し上がれると思います。
パクチーが苦手だとタイ料理はなかなかきついものがあるかもしれませんね・・・。
逆においしかったな、と思ったものはありましたか?
カーオ・パットは日本のチャーハンに近く、タイ米のパサパサ感も手伝い美味しく頂きました。
供え物にきゅうりのようなものもあっさりしていてよかったです。
あと、パッ・タイは平麺でうどんに近いモチッとした食感の焼きそばで魚介系と醤油ベースが合わさった味でおいしかったです。
カップラーメンも2種類食べてみたのですが、日本のカップラーメンより量が少なく、味付けは醤油とポン酢のようなものとグリーンカレーのものでした。
好みとしては分かれると思いますが、どちらもサッパリした味付けで食べやすかったです。
タイのカップラーメンおいしいですよね。
私もタイに行った時に毎晩コンビニで買って夜食にたべていました(笑)。
タイ語が読めないので何味だかよくわからなかったのですが、独特のエスニックの味がとてもおいしくてお土産にも買ってしまいました。
タイのマクドナルドはどうでしたか?
マクドナルドはサムライバーガーというものを食べました。
日本のてりやきバーガーでした。
ジュースはMサイズでも大きかったです。
日本と違って店内に標準でケチャップとマスタードが置いてありました。
コーヒーは無糖のものはなく、すごく甘いコーヒー牛乳でした。
てりやきがサムライバーガーってなかなか面白い名前のセンスですね(笑)。
東南アジアの飲み物ってなんだか甘いものが多い気がします。
他にも中華店でチャーハン・小龍包も頂きましたが共に美味しかったです。
中華料理って本当にどこのエリアでも外さないんですね。
困ったときには中華、これはタイでも鉄板みたいですね。

タイ旅行で気づいたこと

今回は一人旅ということでしたが、治安などで気になることはありませんでしたか?
私が行動した範囲では治安が良く、夜の独り歩きや比較的路地に入ったところでも危険なことはありませんでした。
声を掛けてくるのもタクシーの運転手やバイクの二人乗り移動の勧誘、歩道で物乞いをしている女性くらいです。
とは言え女性だけで行動する時はいつでも逃げられそうな場所を持つように、気を付けた方が無難だと思います。
危ない思いをすることがなかったようで、なによりです。
私がタイに行ったときはタイ人って優しい人が多いなと漠然と感じたのですが、実際に現地の人たちに触れてみて感じたことはありましたか?
タイ人は日本よりも外国人を受け入れている感じがすごい伝わりました。
欧米や中国人が多くいる場所でも特に気にすることもなく、またサービス業に関わる方はほとんど英語が分かる様で関心しました。
勧誘を断ってもしつこくなく、小さな飲食店に一人で入っても嫌な顔をされることはなく、最後には必ず両手を合わせ「ありがとう」と言ってくれ、真面目でゆったりとして親切な印象を受けました。

 

やはりタイの人々は親切だったのですね。
あとは仏教文化なのでお坊さんは丁重に扱われているかと思っていたのですが、一般人と一緒にバスに乗っているところを見たり、観光地の寺院でも記念写真に応じたり、、特別失礼な行動を取らなければ大丈夫なのかなと思いました。
私も子供のお坊さんと写真を撮ってもらいました。

これからタイ旅行を考えている人へアドバイス

これからタイ旅行を考えている人に何かアドバイスなどがあったら教えてください。
まず、タイと言っても南北に広いので、どこで何をするかよく考えて行動した方がよいと思います。
バンコクとプーケットもけっこう距離が離れているので移動に時間がかかってしまいました。
次回行く機会があれば、行くエリアを絞ってプーケット島の近場にある離島に行ったり、スキューバーダイビングをやってみたいと思います。
なるほど。
たしかにタイは広いですね。
交通網も日本ほどは充実していないのできちんと行きたい場所やテーマを決めてからの方が効率的に観光できそうです。
現地で行動する時は馴染みの薄いタイ語の標識・説明が多いので、ガイドブックやインターネットで場所や行き方の検索をした方が良いなと思いました。
ショピングモールやスターバックス、マクドナルドなどの飲食店では大抵無料のWi-Fiが繋がっているので、休憩しながら次の行動を練るのも良いかもしれません。
たしかにタイ語は習っていた人でないとまず読めませんよね。
飲食店で無料のWi-Fiが使えるというのは観光客にとって非常にありがたいことです。
暑いときは涼めてちょっとした体力の回復にもいいですものね。
はい、でも室内はエアコンの効きすぎで寒い所も結構多かったかなと思います。
あと飲食店つながりですが、食堂では無料の水が出ないことが多かったです。
日本と感覚が違うので注意が必要だと思いました。
海外に行くと水やおしぼりまでお金をとられることも少なくないですよね。
タイでは街中のトイレも公衆の無料トイレはすくなく、有料のものが多かったように感じます。
でも物価は日本の3分の1ほどで、交通機関も非常に安かった印象を受けました。
詳しいアドバイスもたくさん教えてくださって、これからタイ旅行をする人にたくさん参考にしてもらえると思います。
今回は貴重な体験をお話いただき、どうもありがとうございました!

さあ、旅にでよう

いかがでしたか。
バンコク・プーケットの旅行体験記として、本日はkazuさんのお話を聞くことができました。
他人の旅行記は、不思議と旅に出かけたくなるパワーがありますね。
ぜひバンコク・プーケットへの旅行の際には参考にしてください。

※なお、本記事はwondertripが独自に取材・編集をしています。