【旅行体験談】上海の歴史的芸術と素晴らしい景色との遭遇

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 中国の上海に渡航したえみかさんから、お話を伺いました。

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:えみかさん

広島市在住、専業主婦。退職後時間に余裕ができ夫婦で上海に旅行したとのこと。

今回の旅程

こんにちは。
今回は中国の上海に旅行されたということで、まずは旅程から教えてもらえますか。
夫婦二人で中国に6日間の旅行に行ってきました。

1日目 上海に佐賀空港から春秋航空で渡航。

2日目 友人宅近くに食事に行ったり、地元のスーパーでの買い物。

3日目 中国語の授業に初級中国語クラスに無料で体験参加。
地下鉄やバスに乗って、モールに買い物に行ったり、自由行動。

4日目 朝から、夫と二人で上海博物館へ観光。
その後、中国料理のレストランで食事

5日目 「上海共青国家森林公園」を夕方まで散策、その後、外灘へ観光

6日目 泊まっていた友人宅を出て、上海空浦東国際空港へ午後には佐賀空港へ到着

歴史的芸術作品や素晴らしい景色に出会って

中国上海に行ってこられたということですね。
印象に残っている所を教えて頂けますか。
印象的だったスポットは本当にたくさんあります。
まずは、やはり「上海博物館」です。
朝から行きましたが、すごい行列で入るまでに1時間以上かかりました。
それに、周りは、ここは本当に中国かな?って思うくらい外国人観光客がたくさんでした。

博物館の入り口では、空港並みのボディーチェックがあって、何といっているか分からないけれど、制服をきた男性が大声で何か言っているので少し怖かったです。
でも、普通に簡単なチェックだけで通り過ぎることができたので一安心でした。

 

凄い行列なんですね。
中に入った感じは広いのでしょうか。
どんな展示物が印象に残っていますでしょうか。
中にはたくさんのコーナーがありました。
4階まであるのですが、各階に4つほどのコーナーがあるのでかなり見ごたえがあります。
中国の素晴らしい歴史を、目の当たりにした感じでとても興味深かったです。

特に、絵とか漢字など、すごい芸術作品に見とれてしまいました。
こんなにボリュームのある内容を、無料で見れるということにびっくりしました。
私は、普段あまり博物館とかに興味があるほうではないのですが、上海博物館は、一日かけて、じっくり見たいなって思いましたね。
かなりおすすめの場所です。

 

無料で見られるのですか。
それにしても中国の長い歴史の芸術作品はじっくり見てみたい価値のものと言えるでしょうね。

他にもどこか印象的な所がありましたか。

次に、印象的だったのは、「上海共青国家森林公園」です。
ここは、たぶん夫と二人だったら絶対にいけなかったであろうスポットです。
1時間以上電車に揺られて、だんだん郊外の景色になり、そこから15分か20分くらいバスに乗って、到着しました。
景色がとってもきれいで、きれいな空気を吸って癒されるのに最適のスポットでしたね。
やっぱりメインは「外灘」でした。
西洋式の、とっても高級感あふれる建物がずらりと並んでいます。
かと思えば、川を挟んで見える景色は、かなりモダンな現代風のタワーやビル。
思わず息をのんでしまうような、本当に素晴らしい景観です。

絶景だなって私は思いました。
「外灘」では、昼間の景色と夜の景色の両方を見たいなと思っていたのですが、時間の関係で夜の景色しかみることができず残念でした。

昼と夜の景色で二度訪れたいほど、表情を変える素晴らしい景色なのでしょうか。
夜の夜景は、絶対に見る価値があると思います。
川を船で渡ることができ、船からきれいな景色を見ることができます。
この船がかなりおすすめです。
上海に数日いたので、お金をチャージして使える交通カードを持っていたのですが、この交通カードで、地下鉄、バスはもちろんこの船にも乗れたのですごく便利でした。

そして、この「外灘」ですが、私が行ったときは特別だったのかもしれませんが、人の多さが半端じゃありません。
景色はきれいですが、船は満員で人の多さにはすこし疲れましたね。
(笑)

宿泊したところについて

中国上海ではどんなホテルに泊まられたのですか。
ホテルですが、今回はホテルはとらずに上海に留学している友人宅にステイさせてもらいました。
そのため、上海のホテルがどんな感じかは経験できませんでした。

実際の友人が住んでいるアパートに泊めさせてもらったのですが、外観はそんなにきれいではありませんでしたが、中はとってもおしゃれなモダンな感じに改装されていてとっても素敵でした。

現地での上海グルメとの遭遇

それでは中国上海で食べられたものをご紹介して頂けますか。
最初行ったところは、友人に連れて行ってもらいましたが、本当に地元の人が行くような麺のお店でした。
私はパクチーの風味が大好きなのでパクチーたっぷりの麺料理がとっても美味しかったです。
しかも安いです。

また、同じく連れて行ってもらった中国料理のレストランは、値段もそれなりのお店でしたが、とっても美味しかったです。
かなり人気店のようで、友人が2時間くらい前から、番号札をとってくれました。
エビ料理が特に美味しかったのですが、どの料理もはずれなく、美味しく食べれました。
あと、中国の青島ビールが美味しいみたいで夫が気に入ってほぼ毎日飲んでいました。

 

 

お友達に地元で美味しい所を紹介してもらえるのは嬉しいですね。
本当にはずれがないからですね。
あとは、上海には、日本人が多いので日本人向けのモールとか、お店があって、上海で食べる日本料理ってどんな感じかなと思って、一度挑戦してみました。
モールの中のフードコートで、入っているお店はほとんど日本料理を扱っています。
私は親子丼、夫はうどんを注文しました。
日本で食べる味とはやはり少し違いましたが、上海旅行の合間に食べたこともあり、少しほっとできました。
いろいろな所で果敢に挑戦的に食べられたみたいですね。
口に合わないなと思ったものももちろんあって、夫と二人で冒険で適当に選んで入ったお店で、どうやら鴨のお肉とかが入った丼ものと、麺を頼んだようなのですが、血が入っている料理だったみたいです。

その後に、口直しにデザートと食べようと、帰り道の出店でワッフルみたいなものを買ったのですが、それも日本で食べるワッフルとは全く違う、味で残念でした。

今回の旅で感じた身近な中国

今回の中国上海旅行で感じたことはありますか。
お友達の所に泊まられたり、より身近に中国での生活を感じられたのではないかと思いますが・・・。
中国に初めて行って、やっぱり文化がまったく違うなと感じました。
中国の人たちは、物をはっきりいう印象で、お店で何度か感じたのですが、店員さんがお客さんに丁寧に親切に接客するという感覚があまりないのかなと思いました。

友人は、数年上海で生活していて、中国語もそこそこできるほうですが、注文がうまく伝わらなかったようで、店員さんがいらいらし始めて、私たちは後回しにされたことが・・・。

 

そうですか。
そんなことがあったのですね。
観光客相手ではない所にもいかれているのでそういう場面も多かったかもしれませんね。
また、別の食堂では、私たちが注文したものを間違えて他の中国人のお客さんが持って行ってしまい、口をつけてしまい、それで店員と口論というようなこともありました。
私は中国語がほとんど分からなかったので、音だけ聞いて少し怖いなと感じてしまいました。

友人によると、みんなものをはっきり言う場合が多いけど、それは文化なので、自分たちもそこに住んでいる以上、はっきり意思表示をしないといけない。
それを相手も望んでいるんだということを言っていました。

 

国民性の違いと言うのはありますね。
ハッキリ伝えると言うのが中国人の国民性で、日本人とは少し異なるという意識は持って観光した方がいいかもしれないですね。
ただ、旅行中は、街の親切な人にたくさん会いました。
電車やバスの中では、高齢の方が乗ってきたら、若い子たちもすぐに席を立って、席を譲ります。
それがあまりにも自然な動作で、すごく優しさを感じました。
また、道が分からなくて尋ねた時も、とても親切に、しかも笑いながら発音を訂正してくれたりして、とってもフレンドリーな人が多いなという印象でした。

また上海は、治安がよいということでしたが、実際行ってみてその通りだと感じました。

そうですね。
いろいろないい面もある上海です。
異文化や日本とは違う自然などを感じるのが海外旅行ですから、いい体験をされたと思います。
本日は長い間お話を頂きありがとうございました。

さあ、旅にでよう

いかがでしたか。
中国 上海の旅行体験記として、本日はえみかさんのお話を聞くことができました。
他人の旅行記は、不思議と旅に出かけたくなるパワーがありますね。
ぜひ中国 上海への旅行の際には参考にしてください。