【旅行体験記】はじめての海外旅行でいきなりニューヨーク!

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 アメリカのニューヨークに渡航したSallyさんから、お話を伺いました。

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:Sallyさん

福岡在住会社員、女性、OLの仕事を辞めて思い切って人生初の海外旅行へ、母の映画好きの影響でニューヨークへ行ってきたとのこと。

今回の旅程

今回は、ニューヨークに行ってこられたとの事でまずは旅程から教えて頂けますか。
人生初の海外旅行でニューヨークに行ってきました。

1日目 成田空港よりJFKへ

人生初の長距離移動で、機内の映像で現在地を見ながら、「今私はこの上空にいるんだな。」と思い楽しみに

2日目 現地の友達とランチ

時差ボケで食べられず、時差を調整する大切さに身を以て体験

3日目 メトロポリタン美術館へ

世界3大美術館と言われているメトロポリタンへ。
美術館は、世界中の文化や美、芸術を網羅していて内部の imageを撮れる事には驚きが!

4日目 MOMA(ニューヨーク近代美術館) セントラルパークへ

近代美術を集めたMOMAと、数々の映画の舞台にもなったセントラルパークへ

5日目 自由の女神鑑賞

自由の女神を見に行く予定が、フェリーの就航時刻が終了の為、最寄りのバッテリーパークから自由の女神を見学

6日目 JFKより成田空港へ

沢山の思い出と共に帰国。
家に着くと、人生初の22時間睡眠にびっくり

ワールドワイドな美術館体験

こんにちは。
ニューヨークへ行ってこられたという事で印象的だったスポットなどを教えて頂けますか。
特に印象的なのが、4日目の「MOMA(ニューヨーク近代美術館)」でした。

近代から現代アート専門の美術館であるMOMAは、場所も5番街に近く、観光地にも近くアクセスの良さがありました。
場所柄観光客も多く、建築やデザインや絵画など、様々な作品が展示されています。

その中で記憶の残った展示物などがありますか。
私にとってはそこに収蔵されているアンディ ウォーホルの絵が特に印象的でした。
美術の授業やテレビや本などで、彼の作品を目にした事はありましたし、名前を知っている、作品は目にした事があるくらいで、それまでは作品の良さが理解出来ていませんでした。

しかし、実際に足を運び、目の前で彼の絵を目にした時、作品の大きさとその迫力を感じ、本や知識では無く、実際に体験し、目にする大切さを知りましたね。
その印象は強烈に残っています。

 

「アンディ ウォーホル」の絵は人気が高いですからね。
実際に目にするとまた違うのでしょうね。
ゆっくり見る事ができましたか。
各国の言語で書かれたパンフレットも多くて良かったです。
肌の色も言語も様々な人種の人達をこの絵を目にするのだという思いで、流石世界中から集まる国だと感じました。
毎週金曜日の4時以降は無料で館内に入る事が出来るのも、アメリカらしい懐の深さだと思いましたね。
他にも印象的な所をどこか紹介して頂けますか。
ニューヨークらしい所にも行かれましたか。
ニューヨークの観光スポットと言えば、「セントラルパーク」ですが、南北4キロもある広大な敷地には、湖もあり、人工的に作られた公園という感じです。
周りには高級住宅街もあり、多くの人で賑わっていました。
地元の人達も大人から子供迄それぞれ時間を過ごし、観光で訪れたであろう人々もゆったりと過ごしていました。

ジョンレノンで有名な「ダコタハウス」や、「ストロベリー フィールズ」など、ジョンレノンのゆかりの地でもあります。
「ストロベリー フィールズ」では人々が集い、歌を歌い、花を捧げ、絵を飾り、一年中ファンが訪れている場所でした。

公園の中をランニングをしていたり、日常忙しく生活している人達をゆったりと包み込む雰囲気がありました。

宿泊先で現地の生活を垣間見て

ニューヨークではどこに宿泊されたのですか。
ホテルは現地の友人が借りていた「サブレット」という又貸しの部屋に泊まったので、ホテルではありませんでした。
半地下で薄暗く、うなぎの寝床の様な細長い部屋で現地の生活を垣間みた体験でしたね。

ボリュームたっぷりのニューヨークグルメ

ところで、ニューヨークで美味しかったものと言えば何でしょうか。
アメリカと言えばステーキ。
大きいとは聞いていたものの、本当に大人の顔くらいの大きさで驚きました。
こんなに大きなステーキ食べられないと思いましたが、日本の霜降りの肉とは違い、アメリカは赤身なので、以外とあっさりで、大きなステーキではありましたが、ぺろりと食べ尽くしてしまいました。
味も塩こしょうとシンプルな味付けなので飽きずに食べられたと思います。

 

確かにアメリカと言えばボリュームたっぷりなステーキのイメージですね。
アメリカの食事は何でも量が多いですね。
多いとは聞いていたものの想像以上でした。
グラスもお皿も何でも大きかったです。
友人がいる時はお店も注文もお任せで楽だったのですが、今回一人で行動し、英語もほとんど話せないので、食事は苦労しました。
メニューは自分の知っている単語の乗っている料理を注文し、量も多いので黙々と食べ尽くしました。
そうですね。
日本人にはあまりにもボリュームがあり過ぎてと言うのもありますね。
英語が話せれば一皿の量など聞けたのでしょうが、質問も出来ず、最後の方は路上のフードトラックで3ドルのピザや5ドルのタコスなどを買って食べる事が多かったです。

日本人にも食べやすく、注文も簡単なので、英語が苦手な人でも大丈夫だと思います。
また、その土地出身の方が営業されているのか、スペイン語など別の言語も聞こえてきて、新鮮で楽しかったですね。

初の海外旅行の旅で感じた事

多国籍な感じがあるのもアメリカの面白さですよね。

今回は初の海外旅行でしたが、感じたことはありますか。

どこか旅行へ行きたいと検討している方はぜひ行って欲しいと思います。
その時、その土地でしか感じられない事、見れないもの、体験出来ない事があります。
きっと出掛けることで自分の価値観が変わり、人生が変わると思います。

また、旅行者として行くので、現地で生活しているわけではないので、最低限文化や習慣などは学んで行った方がいいと思います。
それが相手を思いやり、尊敬する心配りだと私は思いましたね。

ニューヨークへ行かれる方へのアドバイス

それでは改めて初めての海外旅行をした経験から色々アドバイスもあるでしょう。
教えて頂けますか。
言葉はできるに越した事はないと思います。
少しでも出来た方が現地の方とコミュニケーションも出来、思い出も深くなります。
言葉を知る事で相手の国や文化に興味が出たり、日本の事を改めて知る良いきっかけになりますから。

また、日本人女性は海外では優しいと評判なので、自分の身は自分で守る事が必要だと思います。
危険な場所には行かない、近づかないなど、意識が必要だと思います。

お金は最低限持ち歩く、また地図などを広げたり、いかにも観光客の様に振る舞わないなど、気を抜かない事も大事だと思います。

沢山のアドバイスありがとうございました。
海外旅行ならではの注意点が沢山ありますよね。
これらを守ってこそ、楽しい海外旅行になりますね。
本日はありがとうございました。

さあ、旅にでよう

いかがでしたか。
アメリカ、ニューヨークの旅行体験記として、本日はSallyさんのお話を聞くことができました。
他人の旅行記は、不思議と旅に出かけたくなるパワーがありますね。
ぜひアメリカ、ニューヨークへの旅行の際には参考にしてください。