アメリカ発祥の「フラッシュモブ」でサプライズをしてみよう

アメリカで大流行のフラッシュモブ。フラッシュモブとは、大胆でいたずら好きなアメリカ人の国民性にぴったり合ったステキなサプライズのこと。今回は、フラッシュモブが始まった経緯や舞台裏、実際にフラッシュモブをする際のポイントをご紹介します。

フラッシュモブってどこから始まったの?

フラッシュモブってどこから始まったの?
最初のフラッシュモブとされる集会は、あるニューヨークの青年が「みんなで集まってバレエを踊ろう!」というメールを拡散したことがきっかけとのこと。
そのメールが青年の友人から友人へと渡り、当日は250人もの参加者が集結!そのアイディアがネットの口コミで広がりアメリカ中に「やってみたい」という若者があふれたのです。

フラッシュモブを行う団体「Improv Everywhere」

フラッシュモブを行う団体「Improv Everywhere」
ニューヨークにはフラッシュモブを行う「Improv Everywhere」という団体までできました。
大学の講義中に教授が突然歌い出したり、駅を行き交う人が次々と動かなくなったりといった100人単位で行うフラッシュモブも反響を呼んでいます。

大掛かりなドッキリが大好きなアメリカ人

大掛かりなドッキリが大好きなアメリカ人
アメリカ人は、「それって怒られないの?」という大掛かりなドッキリが大好きで、驚かされても笑って許すおおらかさがあります。
フラッシュモブはアメリカだからこそ流行したのかもしれませんね。

フラッシュモブでサプライズしてみよう

フラッシュモブでサプライズしてみよう
日本でダンスを使ったフラッシュモブをやってみたい、と思い立ったらまずダンスができる友達を最低10人用意してください!…といってもダンサーでもない限り難しいですよね。
友達と一から練習する手もありますが、グダグダになってしまって微妙な空気になるのも避けたいところ。
そこで、フラッシュモブを盛り上げるためのポイントを知っておくと便利です。

1.踊り出す人の選定は慎重に

1.踊り出す人の選定は慎重に
踊り出す人は意外性がある人にすることが重要です。
サプライズ相手の知り合いは避けて、なるべくスキルの高い人に1番手を頼みましょう。

2.プロを雇って見栄えをよく

ダンスを習ったことのない人が一生懸命踊って気持ちを伝えるのは心に刺さりますが、プロのダンサーがいると、より感動的な空気をサポートしてくれます。

3.段取りをなんども確認する

フラッシュモブにもっとも大切なことです。
相手に喜んでもらえるために、周りの人に迷惑にならないかを確認したうえで完璧なタイミングを全員でシュミレーションしましょう。

 

フラッシュモブの人気動画もチェック

大阪のフラッシュモブ。
フラッシュモブをつかって、サプライズ・プロポーズ!
ニュルンベルクで行われた、大掛かりなサプライズ。
街中の人々が感動。
シドニーにて飛行機がフライトする前にフラッシュモブ。
一体感のある機内となりました。

さぁ、フラッシュモブでサプライズ

いかがでしたか。
「聞いたことがあるけど、よくわからないもの」としてフラッシュモブが最近キーワードだけ一人歩きをしていました。
素敵なフラッシュモブでぜひ相手を楽しませてください!