オーストラリアの世界遺産「ブルー・マウンテンズ国立公園」はなぜ青いのか?見どころ、絶景まとめ

今回は、オーストラリアにあるブルーマウンテンズ国立公園のご紹介です。ブルーマウンテンがなぜ「ブルーマウンテン」なのかも含めて、様々な角度からご紹介してまいります。どうぞ最後までお付き合いください。

ブルーマウンテンズとは?

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州の国立公園で、グレートディヴァイディング山脈のブルー・マウンテンズ地域にあります。
マウンテンズと称されていますが、この地域は高原地帯になります。

BLUE MOUNTAINS NATIONAL PARKの住所・アクセスや営業時間など

名称 BLUE MOUNTAINS NATIONAL PARK
住所 Katoomba, New South Wales 2780, Australia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.australia.com/ja-jp/places/blue-mountains.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

なぜ「ブルーマウンテン、青い山」なの?

ブルーマウンテンズに多く生息するのがユーカリの木。
そのユーカリの木から、揮発されるオイルが太陽光に反射することで青く見えるので、「ブルーマウンテン」と呼ばれるようになりました。

 

 

広大な国立公園の成り立ちは・・・

1932年に自然保護活動家が、ブルーマウンテンズ国立公園を計画したことがきっかけになり、ウォレミー国立公園やカナンガラ-ボイド国立公園、ナッタイ国立公園やその他小規模の国立公園などに範囲を広げていき、1959年に国立公園が開園。
後の2000年11月にはグレーター・ブルー・マウンテンズ地域の一部として世界遺産されました。

ブルーマウンテンズで最も有名な奇岩

ここブルーマウンテンズで最も有名なのが「スリー・シスターズ」という奇岩です。
この三本の奇岩は「父の魔法により3姉妹が岩に変えられた」というアボリジニの伝説があります。

美しい滝

緑のコントラストに白糸のような滝が美しい・・・基本的に、ブルーマウンテンズ国立公園内は、一部のトレッキング、キャニオリング以外は立ち入ることは出来ません。
こういった絶景を観るための展望施設があるので、そこから絶景を観ることになります。

切り立つ岩壁

遥か昔、幾度となく起きた地殻変動により、大地が突き上げられて形成されていったブルーマウンテンズの山々は、こうした絶壁がとても多いのです。

こんな美しい姿も

季節や観る角度によっては、より一層美しい姿が見られます。

ちょっとハードなキャニオニング

キャニオニングを体験するのもいいですね!ただし、ちょっとハードです・・・
え?!こんな岩肌を登る?!
どちらかというと、山肌を登るよりも、その隙間を探検したり、流れに逆らうようにロープを使って滝を登るようなものが多いようです。
足元が水場・・・こうなるともう、トレジャーハンティングな気分ですね。

ケーブルカーからの景色

体力に自信のない方は、空中散歩はいかが?スリー・シスターズも見られちゃいます。
ブルーマウンテンズ国立公園は、かなり広大なためいくつかのケーブルカーがあるようです。
どのケーブルカーからも眺めは最高!

ヘリコプターからの眺めも最高!

ツアー会社によっては、ヘリコプターを使ったガイドツアーも実施しているようなので、予算の都合がつけば、ぜひ体験したいところ・・・

トロッコ列車もおすすめ!

シーニックワールドのアトラクションの1つで観光客には人気です。
トロッコなんて、乗る機会ありませんよね!

いかがでしたでしょうか?

オーストラリア、ブルーマウンテンズのご紹介をしてまいりましたが、ブルーマウンテンの素晴らしさが少しでも伝わりましたでしょうか?緑色をした木々が光の加減でこんなにも青くなる、実際見てみたいと思いませんか?ただの木が生い茂った土地、なんて思っていても、実際に見ればその魅力に気が付く事でしょう。
自分へのご褒美に緑に囲まれたブルーマウンテンズへ足を運んでみませんか?