【旅行体験記】夜中のウエルカムサービスに込められたグアムの温かさinグアム

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 グアムに渡航したうめさんから、お話を伺いました。

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:うめさん

東京都内在住会社員、女性、旅行好き。出張とプライベートで年に6回程度海外へ。今まではあまり興味がなかった南国リゾートへ初めて行ったとのこと。

こんにちは。
今回は、グアムに行かれたという事でまずは旅程から教えて頂けますか。

今回の旅程

弾丸旅行でグアムに行ってきました。

1日目 成田空港よりANAで移動、グアムに夜中に到着 ※予約のシャトルバスでアウトリガーグアムリゾートに移動

2日目 ホテルで送迎バスに乗り沖に移動し、ダイビング。
アウトリガーグアムリゾートのプライベートビーチで海水浴。
ホテル内のスタンディングバーでハンバーガーの昼食、チャモロ料理レストランプロアへ。
ショッピングモールを散策

3日目 早朝にプライベートビーチで日光浴及び海水浴。
ホテル周辺のショッピングモール散策、メスクラドスでランチ、Kマートでお土産を調達

4日目 シャトルバスで空港に移動。
成田空港へ帰国

ゴミ一つないプライベートビーチとプールの贅沢な往復

今回の旅行で印象的だったスポットなどがあれば教えて頂けますか。
宿泊した「アウトリガーグアムリゾート」というホテルのプライベートビーチはとても美しく、印象に残っています。
グアムの海はエメラルドグリーンの遠浅で、砂浜の砂は真っ白でごみ一つ落ちていませんでした。

波も穏やかで日焼け防止のパラソルやくつろげるビーチチェアも完備されていて、まさにリゾートを満喫するのにうってつけです。
小さなボートや浮き輪なども貸し出してくれるため、小さな子供連れの方でも安心して楽しめると思いますね。

 

ホテルのプライベートビーチですか。
それは優雅でゆっくりと楽しめましたよね。
ビーチでの設備も整っていましたね。
ホテルの目の前がビーチなので、部屋からタオルをもってそのまま出られますし、寒くなったらすぐに部屋に戻ることもできます。
また、ビーチの脇にスタンディングバーがあるのですが、そこで出されるハンバーガーが本格的でジューシーでとてもおいしかったです。
まさにアメリカンサイズでした。
ありがちですが、少し甘めのカクテル、チチと一緒に食べるとリゾート気分が倍増しました。

また、ホテルから海に出る前の庭には大きなプールがあり、海が少し寒い時でもそこで楽しむことが出来ましたね。
部屋に戻る前に温水のシャワーを浴びて帰れるのも便利でしたよ。

おしゃれなビーチと夜中の感激のウエルカムサービス

プライベートビーチと大きなプールと両方のいい所を楽しまれて満喫されましたね。
ビーチ脇のスタンディングバーというのもオシャレです。

宿泊したホテルの部屋はいかがでしたか。

とても有名なリゾートホテルでしたので、立地、サービス、部屋のグレードの全てにおいてとても満足でした。

タモン地区のど真ん中にあり、ビーチに出るのもショッピングを楽しむにもとっても便利でした。
雨が降っても傘いらずでショッピングが楽しめ、バス停も目の前にあるので、有名なレストランに遠出するときもとても便利です。
また、プライベートビーチが完備されているため、水着に上着を羽織ってすぐにビーチに出ることができましたね。

 

ホテルでの食事はいかがでしたか。
朝食付きのプランにしましたが、朝食はとても充実していました。
ビュッフェスタイルの朝食で、パンの種類も豊富で、ローカルフードのチャモロ料理も出されていました。
ビーチが見える席に案内されて座ると、すぐにコーヒーや飲み物を持ってきてくれ、ウェイターのサービスも上々でしたね。

 

サービスもとても満足されたようですね。
ほかにもいろいろなサービスがあったのでしょうか。
ホテルに着いた時も飛行機の夜行便が便利でしたので、夜中着だったのですが、ホテル直通のシャトルバスを手配してくれました。
また、サービスとしてラウンジでのウェルカムドリンクや軽食まで出してくれて、サービスとは思えないくらいの充実した内容のホテルの対応でした。
ラウンジ内では生演奏を楽しみながら食事を堪能することも出来てとても嬉しかったですね。

グアムで行きたかった2つのレストラン

それは、夜中にも関わらず素敵なサービスを受けて感激でしたね。

グアムでは何か美味しい料理も食べられたのですか。

グアムに行ったら必ず行くと決めていたレストランが、チャモロ料理の「プロア」とバーガーレストランの「メスクラドス」です。
この2点は地元でも大人気なので、いつも順番待ちの客で溢れています。
でも並んででも食べる価値のあるレストランですよ。

 

最初から決めていたレストランがあるのですね。
チャラモ料理とバーガーレストランですか。
「プロア」は、グアムのローカルフードであるチャモロ料理の専門店で、チャモロ料理は、醤油のようなケチャップのような、少しアジアの要素が入った料理ですので、日本人の口には合うと思います。
料理は肉料理がメインでしたが、そのボリュームにはさすがアメリカサイズ!と感嘆してしまいます。
しかし、見た目はこってりしているのですが、口直しの野菜もたくさんついてくるため、意外とぺろりと完食できてしまいましたよ。

 

アメリカンサイズでも大満足のチャモロ料理でしたか。
もう一つのバーガーレストランはどうでしたか。
「メソクラドス」はバーガーレストランですが、ハンバーガーというより、トーストしたサンドイッチ用のパンに肉厚のハンバーグを挟んだサンドイッチが売りです。
ハンバーグはとても肉厚でジューシー。
チーズもたっぷりとろけています。
面白いのが、付け合わせのポテトがサツマイモだったことです。

ここのレストランはKマートに近く、待っている間にKマートでショッピングを楽しむこともできます。
Kマートには地元の面白い食材やスナック菓子が充実していて、お土産の調達にぴったりでした。

2つのグルメを制覇されてお土産を買うのにいいお店も発見できたのですね。
そうですね。
また、これは偶然出会ったのですが、朝市で食べたココナッツの刺身(?)がとてもおいしかったです。
市場のおじさんがココナッツの身を割り、スプーンでくりぬき、醤油であえてくれました。
本当に白身魚の刺身を食べているようで感激しましたね。

アメリカ本土とも違うグアムならではの魅力

地元の人に教えてもらったココナッツの食べ方ですか。
アボガドの食べ方にも似ていますが、味は違ったみたいですね。

グアムへの旅行で感じられたことやアドバイス的なことはありますか。

言葉に関しては、グアムはもちろん英語が公用語ですが、とてもゆっくりと話してくれるのでコミュニケーションが楽でした。
気を使ってゆっくり話してくれていたのか、もともと話すスピードがゆっくりなのかはわかりませんが、あまり不自由はしませんでした。
それは安心でしたね。
言葉の面はやはり心配になりますよね。
私は、グアムは日本語が通じるし、周りを見渡しても日本人ばかりで、海外旅行に来た気分になれないのでは…と、実は長年敬遠してきました。
ところが来てみると、確かに日本語が通じる安心感はあるものの、日本では味わえない美しいビーチや海、人の素朴な温かさに触れることが出来ました。

また、料理のサイズにしても違いますし、底抜けに明るく気さくな南国の地元の方々も、日本とは全く違います。
またアメリカ本土とも違う、グアムならではのユニークな体験もできましたね。

そういえば、あまり南国のリゾート地には旅行に行かれないと言われてましたよね。
そうですね。
今までのようにあえて日本人があまり行かない場所に行くことも旅の醍醐味として良いかもしれませんが、手軽に行けて時差もあまりなく、価格も手頃というのは、忙しい社会人にとってはとても魅力だとも今回思いました。
リゾート地でゆっくりと身体を癒すという喜びを初めて知ったのがここ、グアムでした。
初めて違った形の旅行をされたということでしょうか。
ゆっくりとした旅の魅力を感じられたのがグアムということで、本日はお話をいろいろ頂きありがとうございました。

さあ、旅にでよう

いかがでしたか。
グアムの旅行体験記として、本日はうめさんのお話を聞くことができました。
他人の旅行記は、不思議と旅に出かけたくなるパワーがありますね。
ぜひグアムへの旅行の際には参考にしてください。