【旅行体験記】イタリア尽くし!ローマ、フィレンツェ、ナポリ、ポンペイ ナポリのピザを食べに街を歩く

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 イタリアのローマ、フィレンツェ、ナポリ、ポンペイに渡航したkiriさんから、お話を伺いました。

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:kiriさん

会社員、女性、旅行好き。学生時代から年数回旅行へ。最近は国内旅行が多いが、海外旅行へもたびたび出掛けるとのこと。今回は、昨年春の弾丸海外旅行について語るとのこと。

今回の旅程

こんにちは。
今回は、イタリアのローマ、フィレンツェ、ナポリ、ポンペイに行かれたという事でまずは旅程から教えて頂けますか。
6日間のイタリア旅行に行ってきました。

1日目 羽田空港より夜中発のエミレーツ航空でまずはドバイへ

2日目 ドバイで乗り換え、イタリアへ、ローマ観光。
夜は本場のカルボナーラを食べに。

ローマで計3泊

3日目 ポンペイ遺跡、ナポリ観光、地元のナポリピザを食べる

4日目 フィレンツェ観光、これぞ観光地という美しいフィレンツェの街。
私は高所恐怖症ですが、友人の希望でドゥオーモに登る。
また、お土産もこちらで買入

5日目 バチカン市国、ローマ観光、ドバイへ移動

世界一小さな国、バチカン市国にも入国。
ローマでは初日に入れなかったフォロ・ロマーノやコロッセオを見学

6日目 ドバイで乗り換え、帰国

人種のるつぼのナポリの街を歩く

今回のイタリア旅行で印象的だったスポットはありますか。
ナポリの街が最も強く印象に残りました。
私が印象に残っているのは町全体の雰囲気です。
駅から歩いて分かりづらい道を進み、地元の人が行くという有名なピザ屋さんに行き、ふたりでナポリピザとして有名なピザ2枚(特大)と飲み物を飲んで、たったの1600円ほど。
食べきれませんでしたが、本場ナポリピザはすごく美味しくて、大満足でした。

途中の道では、街中で洗濯物を外に派手につりさげて干している様子を見ることができました。
人種のるつぼといいましょうか、他の街よりいろいろな人が歩いていると感じましたね。

ナポリの街に独特な多国籍な感じを受けたということですか。
そうですね、そういう雰囲気があり、ちょっとだけ慎重にバッグをコートの中に隠して歩きました。
それでも途中で歩く私と友人の間となる側の、コートのポケットに手をつっこまれ、スリにあいかけました。
友人が気づいて睨み付けると、「何もしていないよ~」というように手をひらひらさせて、去っていきました。

私は全くポケットに手を突っ込まれても気づかず、プロだなと感心してしまいました。
(笑)そのポケットに入っていたのは、花粉症の鼻をかんだティッシュだけでしたが・・・。
(笑)

フィレンツェなどとは異なり、観光感のある街ではないため、本物のイタリアを味わいたいという方にはおすすめです。

本物のイタリアですか。
観光地ではない生きたイタリアをいい意味で、ナポリで体感されたのですね。

イタリアではどんな所に泊まられたのですか。

宿泊したホテルについて

ローマのホテルに3泊しました。
ひとつのホテルしか泊まらなかったので比較はできませんが、ホテルと言うよりはマンションのような建物でした。
大きな看板もなく、場所が分かりづらかったです。
しかも友人との旅行なのに、用意されていたのはダブルベッド。
お風呂はお湯が出ない日があったり、トイレの隣にもうひとつトイレがあったり、(おそらくウォシュレットの役割を担うもの)となにかと謎が多かったです。
ところで、食事などはどうでしたか。
朝ごはんは良かったです。
格安だったにも関わらず朝食ビュッフェがついていました。
クロワッサンは一人一個までですが、謎のラスクやパン、ジャムや甘いチョコレートクリームは食べ放題。
飲み物も朝は飲み放題でした。
クロワッサンは、けしてサクサクではないのですが、ギュッと詰まっていてほんのり甘く、地味に美味しかったことを覚えています。

従業員の方には英語が通じ、フィリピン人の従業員さんと仲良くなりました。
移民の方々が働いているようでした。

イタリアの現地の美味しい物

イタリアで食べたもので美味しかったものはありますか。
いわゆるイタリア料理は食べましたか。
最初にお話したナポリピザが非常に美味しかったですね。
ナポリピザではない、ふわふわタイプのピザも食べましたが、そちらは普通かなと。
他にはズッパと呼ばれる豆のスープ。
ヒヨコマメでしょうか。

カルボナーラは卵が濃いのですが、日本のクリーミーで生クリームを使ったタイプの方が私は好きでした。
ジェラートは3回ほど食べました。
日本でイメージするジェラートは「さっぱりしたもの」でしたが、あちらでは普通のアイスクリームといった位置づけです。
ジェラートの入ったショーケースに、フルーツなども飾られていて、購入する前から見た目にも可愛く、美味しかったです。

意外と日本人の口には日本でのイタリア料理があったりすることもありますよね。
日本人向けに工夫してありますから。
その他にもビステッカというお肉も食べたのですが、適当に選んだお店で食べたためか、硬くてそこまで美味しくはなかったかな・・・。
あと、ふと思い立ってマクドナルドにも入りました。
ポテトがキザギザだったり、オレンジジュースがペットボトルのトロピカーナだったり、日本とは少し違いましたね。

今回の旅で感じた事

今回の旅行でイタリアについて感じたことってありますか。
イタリア人は、いろんなことをあまり気にしないのだなあ、と文化の差を感じました。
列車だけ見ても、日本でいう新幹線のポジションにある列車が、平気で何十分も遅れたり、予約席に勝手に他の人が座っていたり(4回乗ったうち、2回座られていました。)、ローカル列車ではつめを切っていたり(しかも床に落とす…)。
日本では信じられないようなことがたくさんありました。

 

日本の列車は正確すぎるぐらいで海外の人達からは逆に驚かれますがね・・・。
あと、スリなどの軽犯罪が多いです。
友人のお父さんも、イタリアで気づいたらチャックというチャックが全て開いていたそうですから。
ただし、派手な犯罪は少なそうなので、自分で荷物に気を付けていれば大丈夫です。
私は旅行があんまり長いと寂しくなってきてしまうタイプで3泊にしましたが、もっとミラノなどの北の方にも行きたかったなあと思いました。
そうですね。
スリは自分自身でも体験されましたから、余計そう思いますよね。
旅行での注意ばかり話してしまいましたが、イタリアは食事が日本人好みの味なので、これまでに行った国の中でも、非常に満足度が高かったです。
とても素敵な国でした。
また行きたいと思っているぐらいなおすすめです。
そうですね。
イタリアも場所によって雰囲気も違いますから、いろいろなイタリアを楽しめるといいですね。
本日はどうもありがとうございました。

さあ、旅にでよう

いかがでしたか。
イタリアのローマ、フィレンツェ、ナポリ、ポンペイの旅行体験記として、本日はkiriさんのお話を聞くことができました。
他人の旅行記は、不思議と旅に出かけたくなるパワーがありますね。
ぜひイタリアのローマ、フィレンツェ、ナポリ、ポンペイへの旅行の際には参考にしてください。