【旅行体験記】スペイン尽くし!マドリッド、マラガ、セビリア、グラナダ、バルセロナ…夢の景色との出会い

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、スペインのマドリッド、マラガ、セビリア、グラナダ、バルセロナに渡航したとんとんとさんから、お話を伺いました。

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:とんとんとさん

神奈川在住専業主婦、子どもが生まれる前にご主人と行った海外旅行スペインについて語るとのこと。ご主人の意見でサグラダファミリアを見に出掛けたとのこと。

今回の旅程

こんにちは。
今回は、スペインに行かれた時のことをお話しいただくとのことで、まずは旅程から教えて頂けますか。
14日間の旅程でスペインの旅行に行ってきました。

1日目 関西国際空港より出発、ドイツのフランクフルトで乗り換え、スペインの首都マドリッドに到着

2日目 マドリッドを観光。
マドリッド王宮やプラド美術館、スペイン広場、マヨール広場へ

3日目 マドリッドのアトーチャ駅から電車でマラガへ移動

4~6日目 バスに乗り、セビリアへアルカサル、カテドラルなどを観光、マラガ観光

7日目 バスでグラナダへ移動

8~9日目 グラナダ観光。
アルハンブラ宮殿へ、カテドラルや市内観光

10日目 夜行寝台列車でバルセロナへ移動、グエル公園を観光

11日目 バルセロナ観光。
サグラダファミリアへ

12日目 バルセロナ観光。
ピカソ美術館、バルセロナの海岸沿い、市内観光

13日目 スペインバルセロナからドイツのフランクフルト乗り換えで移動

14日目 関西国際空港到着

今回の旅の目的は「サグラダファミリアを見ること」だったのですが、ガウディの代表作でもある「サグラダファミリア」は本当に素晴らしかったです。
サグラダファミリアは向きによって全く異なる彫刻が施され、教会内部も驚くようなデザイン、モニュメントが至る所にみられました。
サグラダファミリアの人気はやはり高いですね。
そしてだれもがこの建築技術に感動されますよね。

サグラダファミリアはどういった日程で見学をされたのですか。

グラナダから朝にバルセロナに着き、到着後すぐに、グエル公園に向かいました。
ガウディの作品であるグエル公園を散策してそこから「サグラダファミリア」が見えたので、期待に胸を膨らませ、翌日、朝から、午後の閉館までじっくりとサグラダファミリアを見学しました。

ちょっと高めだったけれど、サグラダファミリアがみえるレストランで食事もとって、サグラダファミリアを一日満喫しました。

なるほど、一日サグラダファミリア見学にたっぷり充てたのですね。

他にも何かゆっくり見られましたか。

今回の旅で一番ゆったりしたのは、「グラナダ」でした。
「アルハンブラ宮殿」を見学したほかは、ほとんどが、市内をブラブラと散策してすごしました。
3日間同じバルに通い、バルのスタッフさんとちょっと仲良くなったり、街の小さな公園でのんびりとくつろいだりしていました。

アルハンブラ宮殿では精巧な彫刻、建造物に感動しましたね。
それはそれは美しく、神秘的でここがスペインじゃなくてアラブの王国にでも来たかのようでした。

憧れの「パラドール」に泊まって

長期の旅行でしたが、どういう所に泊まられたのですか。
この旅行ではホテルはほとんど格安のホテルに泊まり、ほとんど寝るだけの目的にしました。
でも、一日だけ、「マラガ」ではスペイン特有のホテル、「パラドール」に宿泊しました。

ここは「ホテル マラガ パラドール ヒブラルファロ」で、「パラドール」と言う意味は歴史ある修道院や古城をホテルに改築したスペインの国営ホテルのことです。
せっかくスペインに行ったからには「パラドール」にどうしても泊まりたくて、予算の関係上、たった一泊でしたが、泊まることができました。

待望の「パラドール」宿泊体験はいかがでしたか。
どんな所にあったのですか。
マラガの「パラドール」はマラガ城に隣接していて、小高い丘のようなところにあり、ホテルからは市内を一望でき、海も眺められました。

静かで素敵な眺めのなかで、ゆったりでき、夕食もホテルのレストランでマラガの夜景をみながらいただきました。
食事もすばらしかったです。
その日はマラガ城をゆっくり観光しそのままホテルでくつろぐことができ、ここから見えるマラガの港と夜景は素晴らしかったですね。

スペインバルとスペイングルメの楽しみ方

最高の夜でしたね。
マラガ城にも近くて海も見えた良いロケーションの「パラドール」での宿泊体験でしたね。

スペインで食べられたお料理はいかがでしたか。

スペイン旅行での食事は、ほとんどが「バル」を利用しました。
スペインでは定番?の朝食には揚げたてのチュロスにホットチョコレートドリンクやカフェコンレチェ(カフェオレ)にパンなどでしたので、バルで簡単に済ませ、お昼はマドリッドではコシードという郷土料理をいただきました。

夜はもっぱら「バル」でワインを注文して、おつまみのようなピンチョスをいろいろ頼んでいただきました。
メニューが読めなかったり、想像していたものと違うものが出てきたりと、それはそれで楽しかったです。

 

最近は、日本でも食堂とバーが一緒になった「バル」が流行っていますが、スペインで体験されてきたのですね。
「バル」でワインを注文して飲むなんていいですね。
旅行気分が満喫できましたね。
スペインでは外せない「イベリコ豚」も生ハムをお肉屋さんで100グラム買って、パンとチーズと一緒にホテルの部屋でワインを飲みながら食べたりもしました。
地元のスーパー巡りも楽しく、いろいろ買ってはホテルで食べたり、めちゃくちゃ種類のあるワインを選んで昼間から飲んだりして楽しみました。
アイスクリームやお菓子屋さんパン屋さん、地元のお店を何軒も食べ比べたりもしましたね。

スペイン旅行で感じたこととこれから行く方へのアドバイス

いい楽しみ方をされていますよね。
海外に行って地元のスーパーマーケットを巡るのって楽しいと思います。
まさしく現地のグルメ食材を買う事ができてリアルに現地の生活や料理を楽しめます。

スペインでの旅行で感じられたことはどんなことでしたか。

スペイン旅行で感じたのはマドリッドやバルセロナなどの大都市以外ではあまり英語が通用しないと思いました。
旅行する前にスペイン語の読み方、よく使う旅行会話を少し勉強していきましたが、ちょっとでも準備していてよかったと思いました。

マラガの格安ホテルでは英語が通じず、旅行会話の本にのってる会話とスペイン語対応の電子辞書でメモに書いてやっと通じました。
もう少しスペイン語が会話で来たら、地元の方とコミュニケーションがとれてもっと楽しい旅行になったと思いましたね。

そうですね。
特に長期で行かれたことですし、会話が通じれば楽しいですよね。
英語が通じなかったのは大変でしたね。
治安は都市のメイン通りは明るく夜もにぎやかですが、一歩路地に入ると本当に暗く、人通りもなく、危険でした。
夜は特に女性の一人歩きは気を付けたほうがいいと思いました。
グラナダで宿泊したホテルはメイン通りから外れて、人気のない真っ暗な路地を通らなくてはならないところで、夜は本当に怖かったです。

そういう点でホテルも立地を地図で確認してから予約したほうがいいと思います。

なるほど、治安があまりよくない国などではホテルがどんな所に立っているのかしっかり地図を見て周りの通りなどをチェックした方がいいですね。

他にもなにかありますか。

食事などは高価なレストランも素敵ですが、地元の方が通うような私達が行ったバルもとても面白いです。
おつまみにいろいろ注文できて様々なものが味わえます。
また、周りの人たちを見ているのも楽しいです。

それから、ホテルは一度は「パラドール」への宿泊をおすすめします。
雰囲気が最高に素晴らしいと思いましたね。

本日はお話をありがとうございました。
「バル」や「パラドール」を体験され、スペイン旅行がとても満足できたことがお話からわかりました。
スペインの魅力はそんな所にもあるというのを教えてもらった気がします。

さあ、旅にでよう

いかがでしたか。
スペインのマドリッド、マラガ、セビリア、グラナダ、バルセロナの旅行体験記として、本日はとんとんとさんのお話を聞くことができました。
他人の旅行記は、不思議と旅に出かけたくなるパワーがありますね。
ぜひスペインのマドリッド、マラガ、セビリア、グラナダ、バルセロナへの旅行の際には参考にしてください。