【旅行体験記】地中海に浮かぶ島国の美しき姿と深い歴史inマルタ・バレッタ

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 マルタ・バレッタに渡航したクロロンさんから、お話を伺いました。

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:クロロンさん

フリーター、20代女性、旅行好き。今まで30か国を旅行。2014年には船で105日間の世界一周を体験、寄港地のなかで様々な驚きを覚えたマルタ・バレッタについて語るとのこと。

今回の旅程

こんにちは。
今回は船で世界一周をした際の寄港地マルタ・バレッタについてお話を頂くという事で、まずは旅程を教えていただけますか。
2014年7月9日横浜発~10月21日横浜寄港で105日間の旅行をして22の地域を巡ってきました。
今回はその中から9月5日のマルタへの旅程をご紹介します。

9:00 船がマルタの港に入港。
歴史的な街並みの中をクルージングし様々な船が見えて感動

9:30 上陸許可が出て街へ。
青の洞門をできる限り早い時間に観光するために走ってバス停へ

10:00 バスにギリギリ間に合う

11:00 青の洞門に到着

13:00 昼食:マルタの名物ウサギ料理を堪能

14:00 マルタの歴史的な街並みを散策

15:00 街並みを散策中にTHE KNIGHTS HOSPITAL(日本語訳は騎士の病院)という博物館を見つけて入館

16:30 お土産探し。
マルタの国旗がデザインされたライターと記念コインを購入

18:00 船に帰る

19:00 マルタ出港。
出港時間は夕暮れの時間と重なったため朝とは違ったマルタ市街の風景を眺める

痛ましい歴史の地を見つけて

マルタ・バレッタでの印象に残ったスポットを教えていただけますか。
「THE KNIGHTS HOSPITAL(日本語訳:騎士の病院)」です。
マルタ滞在中に最も驚いた場所がこの騎士の病院です。
マルタは歴史を感じる石造りの街並みでとても美しいのですが、この病院博物館にはマルタの悲惨な歴史が紹介されていてとてもショックを受けました。

この博物館には何百年も前にこの地で実際に起こった戦争に関する様々な展示物やレプリカが置かれていました。
また、地下には墓地があり、何百年も前の事でしたが戦争を身近に感じた時でした。

歴史的に一時イスラム帝国の支配に入ったことがある小さな国「マルタ共和国」ですよね。
それに抵抗して戦った「マルタ騎士団」が有名でもありますね。
次に印象的だったのが「青の洞窟」ではなく「青の洞門」です。
イタリアの青の洞窟は有名ですが、マルタにも似たような洞窟があり多くの観光客でにぎわっていました。
私が体験したのは船で海にできた洞窟を30分程度で巡るツアーでしたが、日本の海とは全く異なる海の青さや透明度に本当に驚きましたね。
「青の洞門」ですか。
まさしく青と言う感じの透明度が美しいですね。
人気な訳が分かります。
それから、マルタ市街地もとても素敵でした。
まるでジブリの世界に迷い込んだかのような可愛らしい街並みで、世界遺産に指定されている街に人々の暮らしがあり、その暮らしぶりを見る事ができ、ここでは文化の違いを感じましたね。

貴重な船での宿泊体験

マルタでは宿泊をされたのですか。
寄港だけですか。
船旅だったので船が宿泊施設でした。
日本の旅行会社が企画している世界一周旅行の中では最も安い「ピースボート」で旅をし、宿泊した部屋は4人部屋でした。
4人部屋の広さは20平米のワンルームマンションと同じくらいの広さで、ベッドは二段ベッドです。
客室と言うよりは寝る場所+物置と言った感じで豪華客船とは程遠いと思いました。

しかし、バックパッカーが良く利用する海外のドミトリーに比べると清潔で、毎日午前中にハウスキーパーさんがベッドメイクや掃除をしてくれましたね。

世界一周の料金っていうと「ピースボート」でいくらぐらいでしたか。
良かったら教えてください。
値段は最低で129万円(部屋のランクによって異なり、一人部屋だと2倍以上の値段になる)で、3食おやつ付きで、部屋に居るだけで様々な国に移動してくれるのでお得だと思います。

現地でのグルメについて

そうですね。
自分ではなかなかそんなに世界各地を旅行するような企画はできないからですね。
プランニングだけで大変そうです。

ところで、マルタでは何か美味しいものは食べましたか。

マルタで食べたのは、「マルタ名物のウサギの煮物」でした。
マルタの市街地の中心部は観光地になっていて、名物のウサギ料理を扱う店がたくさんあるんです。

ギャルソンに「マルタの名物料理は何ですが?」と聞くと「ウサギ料理が有名ですよ」と答えてくれました。
「一体どんなんだろう・・・」と思い食べる事には抵抗があり、一旦は店を離れましたが、欧米の観光客が食べていて見た目は結構普通な感じだったので「試してみよう」と思いました。

 

実際に食べてみていかがでしたか。
どんな感じでしたか。
ウサギ料理はパンとジャガイモ料理とセットになっていて、隣で食事をしていた白人の男性はウサギ料理とビールを頼んでいました。
この組み合わせが美味しいのかなと思い私も同じ物を注文しました。

ウサギの味は鶏肉に近くて淡泊な味わいで、トマト系のソースで煮込まれていたからか臭みはほとんど感じず、ジビエの中では日本人にも食べやすいのではないかと思いましたね。
ただ、量が多く食べるのに苦労しました。
(苦笑)

今回の旅で感じた事

今回のマルタでの旅で感じられたことと言ったらどんなことでしょう。
マルタ・バレッタは「天井の無い博物館」とも呼ばれていて、バレッタの街全体が古い街並みなのでバレッタの街の中であればどこへ行っても美しい風景を楽しむ事ができます。

また、治安も良く昼間の散策であれば危険を感じる事も無く、最低限の注意さえ払っていれば初心者でも気軽に自由行動を行う事ができます。
(安全と言っても日本ほどではなく海外なので注意は払って下さい)また、物価もフランスやスペインと比べると安く買い物やお食事もしやすいと思いますよ。

「天井の無い博物館」ですか。
それは断然行ってみたくなりましたね。
小さい国ですが、美しい場所が沢山なのですね。
博物館のように・・・。
マルタは日本人にとってはあまり知られていないマイナーな観光地ですが、フランス・スペイン・ギリシャに負けない魅力溢れる美しい観光地です。
日本からのアクセスは難しいかもしれませんが、ぜひ訪れてみて下さい。

30か国を旅した中で、歴史的な観点から評価すると私の中ではNO.1でした。
今回は1日だけの滞在でしたがもう一度マルタに行く機会があれば文化や歴史をより深く知るためにホームステイをしたいと思っているんですよ。

歴史的な観点からも魅力を感じると言うマルタ共和国なのですね。
ジブリの世界のような通りと建物、そして透き通る海、そこに秘められた痛ましい歴史、世界遺産にも指定されているこの場所で見つけたものは多いようですね。
世界一周の旅で意図せず見つけた貴重な場所ですね。

さあ、旅にでよう

いかがでしたか。
マルタ・バレッタの旅行体験記として、本日はクロロンさんのお話を聞くことができました。
他人の旅行記は、不思議と旅に出かけたくなるパワーがありますね。
ぜひマルタ・バレッタへの旅行の際には参考にしてください。