【旅行体験記】オーストラリア尽くし!ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、エアーズロック、シドニー…広大な地を巡る旅

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、オーストラリアのブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、エアーズロック、シドニーに渡航した、一彩さんからお話を伺いました。

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:一彩さん

60代男性、信州で野菜作りをしながら関西との二重暮らし。温泉巡り、国内・海外旅行で出かける中、比較的多くの街を巡ることができるオーストラリア旅行について語るとのこと。

今回の旅程

こんにちは。
今回はオーストラリア各地に旅行に行かれたという事で、旅程から教えていただけますか。
8日間のオーストラリア旅行に行ってきました。

1日目 成田空港より空路にてブリスベンへ移動。
早朝到着

2日目 ブリスベン市内観光後、コアラを抱っこして imageが撮れる動物園を訪れ、ゴールドコーストへ車で移動。
ゴールドコーストの街を散策後宿泊

3日目 ゴールドコーストよりブリスベンまで車で移動し、ケアンズまで空路で移動。
世界遺産のキュランダ村散策。
その後ケアンズ泊

4日目 ケアンズから船でグリーン島に向かいグレートバリアリーフで水泳やシュノーケリング。
ケアンズ市内自由行動。
ケアンズ泊

5日目 ケアンズからエアーズロックへ空路にて移動。
カタ・ジュタの散策及び夕日に照らされるエアーズロック鑑賞。
エアーズロックにて宿泊

6日目 朝日に照らされるエアーズロックを鑑賞後エアーズロック散策、空路にてシドニーへ移動。
シドニー泊

7日目 ブルーマウンテン及びシドニー市内観光後、シドニー湾クルーズにて夕食。
宿泊

8日目 シドニーより空路成田へ帰国

コアラにグレートバリアーリーフにエアーズロックに・・・待ち受ける感動の景色

オーストラリアのブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、エラーズロック、シドニーと各地を回られましたが、印象的だったスポットをご紹介して頂けますか。
まず最初に訪れたブリスベンの「ローバイン・サンクチュアリ」が良かったですね。
コアラやカンガルーが当たり前のように身近に居てオーストラリアらしさを体験することができました。
抱っこ用に訓練されたコアラがお客様の腕の上におとなしく乗り、 imageを写してもらえるサービスがあって、本当におとなしくてかわいくて感動でした。

それからカンガルーは奈良公園の鹿のように放し飼いで、餌も売っていて自由にあげることができました。
ただしみんな満腹のようでしたが・・・。

コアラもカンガルーもさすがにオーストラリアでは観光客に慣れているのですね。
ゴールドコーストも素敵な所があって印象的でした。
「サーファーズパラダイス」という海岸とその海岸に迫る高層ビル群が有名ですが、その海沿いの街もトラムが走るオシャレなショッピング街で、こんな所に住んでみたいなと思わせるような場所でした。
ホテルのベランダには必ずイスとテーブルがありワインでも飲みながら高層ビルの夜景を見ているとリッチな気分になりましたね。
海岸に迫る高層ビル群ですか。
雄大な自然と近代的な建築がマッチした景色も素敵ですね。
ゆったりと見ながらのワインは、まさにリゾート気分たっぷりでしょうね。
次は、「グレートバリアーリーフ」が印象的でしたね。
ケアンズの港から船で訪れるグリーン島は「グレートバリアーリーフ」の海の島です。
「グレートバリアーリーフ」は、オーストラリアの北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁で世界遺産にも指定されています。

ここの浜で泳ぐもよし、シュノーケルをするもよし、グラスボートで海の底を眺めるも良しです。
自分はグレートバリアリーフで泳いでいるんだという感動を味わえますよ。

「グレートバリア―リーフ」ですか。
オーストラリアらしい雄大なサンゴ礁にはやはり世界最大という事で感動しますよね。
次は、「エアーズロック」ですね。
登山もできますが、結構難所なので勇気が必要です。
登山はどうもという人でも、夕日に照らされたエアーズロックと朝日に照らされたエアーズロックを満喫することができますのでおすすめですよ。
美しい海の次は今度は「エアーズロック」ですか。
次々と美しい雄大な景色がこれでもかと味わえましたね。
そして、最後は、シドニー観光の目玉でもある、オペラハウスとハーバーブリッジのクルーズです。
デイナークルーズ船から見るオペラハウスとハーバーブリッジは感慨ひとしおです。
夕食後のひと時に眺める街の姿はザ・シドニーと言えます。

ホテルでのオーストラリアの美しい景色との出会い

やはりオーストラリアの各地を回られただけに、素晴らしい景色との出会いがありましたね。

それぞれの地で泊まられたホテルについてもご紹介して頂けますか。

1泊目のゴールドコーストの宿泊は「ホテルグランドチャンセラーサーファーズパラダイス」で、街の真ん中にあり海にも近い好立地でした。
先ほどもお話したように、昼は海、夜は高層ホテル街の夜景を見ながらのワインを堪能しました。

2泊目3泊目のケアンズの宿泊は「プルマンケアンズインターナショナル」で、こちらも街で港にも繁華街にも近く、「グレートバリアリーフ」に出かける人も多く、館内を水着で移動している姿を多く見かけました。

どちらのホテルも素晴らしい景色と街にも近い立地だったようですね。
4泊目のエアーズロックでの宿泊は「ボヤージデザートガーデンホテル」で、砂漠の中に突然現れるエアーズロックの街ですが、そこにショッピングエリアやホテルのリゾートがある感じで、ホテルでの宿泊もロッジのような離れでリゾート気分満点でしたね。

5泊目6泊目のシドニーでの宿泊は「ザグレースホテル」で、中心街にあり、ランドマークともいえる「クイーン・ビクトリア・ビル」の近くの伝統的なホテルでした。
近くの街並みを散策するとシドニーを感じることができましたね。

現地でのグルメについて

オーストラリアの美味しいものはどんな物を食べられたのでしょうか。
各地で美味しいものを食べられたと思いますが、印象的だったものを教えていただけますか。
まずは、コアラを見た「ローバイン・サンクチュアリ」の昼食では、園内でOGビーフのバーベキューを食べました。
ビーフとチキンとポテトという定番でしたが、これぞオーストラリア料理という感じでしたね。
その日のゴールドコーストでの夕食はホテルの高級バイキングでスモークサーモンなどの魚系もいただけるなどバラエティーに富んでいましたね。
やはりOGビーフを食べられましたか。
魚介系も美味しいようですね。
エアーズロックのホテルでの食事はなんとカンガルーの肉が出ました。
なかなか美味しかったです。
オーストラリアのレストランは日本人には量が多いですが、オーストラリア人は量が少ないと怒るそうで、店としても多すぎるぐらい出さないといけないらしいです。
オーストラリアもボリュームがあり過ぎるくらいなのですね。
海外に行くとそれがちょっと苦労しますよね。
最後の夜はシドニーのクルーズ船でのディナーを楽しみました。
コース料理で落ち着いた雰囲気で食事した後、デッキでオペラハウス、ハーバーブリッジ越しのシドニーの街並みを楽しみましたね。

今回の旅で感じた事

今回の旅行で感じられたことはどんなことでしょうか。
いろいろ回られてオーストラリアの印象を沢山持たれたと思いますが・・・。
まず、入国に関して厳しい国だなと感じました。
所持している薬や食品は申告しなければなりませんし、以前に黙っていたらわからないと思って申告しなかった人が居て、抜き打ち検査で見つかって大変なことになったそうです。
申告すると検査コーナーに案内され麻薬検査犬が出てきますが、持っているものをきちんと言えば通してくれます。
正直に申告する方が無難だそうですよ。
入国はそうですね。
厳しい国は厳しいでよね。
海外旅行はその点はきちんと申告しなければいけないというのはありますね。

他に感じられたことはありますか。

次に感じたのは広い国だなあということです。
訪れたのは11月末ですがケアンズは真夏、シドニーは肌寒いという感じです。
そして海が見えるかと思いきや、エアーズロックに向かったときは一面の砂漠、本当に砂漠のど真ん中にエアーズロックを発見しました。
そして内陸は灼熱の気候でしたね。
土地が広いですから、様々な地を旅行していくと気候も変わってしまうのですね。
体調管理をするのも大変でしたね。
それから「エアーズロック」と言えば、トリビアがあって、登山は存外危険だと言います。
登山道はつづら折ではなく真っ直ぐに頂上に向かっています。
従って傾斜もきついですし、馬の背のような地形で少しコースを外れると滑落の危険があります。
事実今までに40人ほどが亡くなったそうです。
登山靴など十分な装備がない場合は、断念したほうがいいのもアドバイスしておきたいと思います。
今回は、随分多くの地を訪問してこられ、お話を聞かせて頂きありがとうございました。
オーストラリアの雄大な自然の素晴らしさと魅力を伝えて頂きました。
この広大な土地をゆっくりと見て回ることができたら確かにいい旅行ができそうです。

さあ、旅にでよう

いかがでしたか。
オーストラリアのブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、エアーズロック、シドニーの旅行体験記として、本日は一彩さんのお話を聞くことができました。
他人の旅行記は、不思議と旅に出かけたくなるパワーがありますね。
ぜひオーストラリアのブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、エアーズロック、シドニーへの旅行の際には参考にしてください。