【衝撃】こんなに違った日本とアメリカのバレンタインデーの違い

アメリカ在住の筆者がお届けします。バレンタインデーはもともと西洋の文化が日本に来たものですが、日本とアメリカでバレンタインデーの習慣が異なることを最近知りました。そんなアメリカのバレンタインデー事情についてご紹介。

基本男性から女性にチョコをあげる!?

基本男性から女性にチョコをあげる!?
日本とは全く逆で、アメリカのバレンタインデーは、男性から女性にチョコレートを上げるのが基本だそうです。
驚きですね!ちなみにこの文化、アメリカだけではなくて中国でもそうなんですって。
ひょっとすると日本だけが間違っているのかもしれません…。

プレゼントは特にチョコレートじゃないといけないということもなく、バラなどの花やカードをあげることもあるそうです。
義理チョコというものもないことはないのですが、実際に「義理チョコ」にあたるものを会社の同僚などにプレゼントしている人はさほど見当たりません。

特に告白する日というわけでもない!?

特に告白する日というわけでもない!?
日本であれば、バレンタインデーを機会に好きな人に告白する日というイメージもあります。
青春を彩る印象的な日ですね。
一方、アメリカではそういったことは全くありません。
意外です。
アメリカでは、異性を気軽にデートなどに誘うことができる文化があるので、特にバレンタインデーをチャンスにする必要はないようです。

ホワイトデー?そんなものはアメリカにはありません。

ホワイトデー?そんなものはアメリカにはありません。
基本ホワイトデーというものはありません。
日本だけではないでしょうか。
日本とアメリカの違い、というよりかは、日本が際立って珍しい国なんじゃないか、という気もしてくるくらい、文化の違いがありますね。
特に女性から男性に何かお返しをあげるという習慣もありません。
女性はもらい得ですね。
これもレディーファーストの国だからでしょうか。

高校ではバレンタインデーイベントがある。

高校ではバレンタインデーイベントがある。
アメリカの高校ではバレンタインデーに男女構わずチョコレートやその他お菓子、花などを交換するイベントがあるようです。
(それでも男性同士にあげているところを想像するとちょっと変な気持ちになるのは私だけでしょうか)また、学校がそういったプレゼントを販売していて、売り上げを寄付に充てているところもあるそうです。

日本にいると「片思い」「女性の一途な恋」といったピュアな冬の風物詩を想像してしまうバレンタインデーですが、もっとカジュアルで気さくなイベントなんだそうです。

アメリカでは正直あんまり盛り上がっていない…!

アメリカでは正直あんまり盛り上がっていない…!
サンクスギビングやクリスマス程じゃないにしても、アメリカでもバレンタインデーは盛り上がるイベントなのかなと思っていたのですが、全くそうでもありませんでした。
日本のようにお菓子会社がCMをたくさん流すこともないですし、スーパーなどで販促イベントが行われたこともありませんでした。
ゴディバチョコの店ですら、特に盛り上がっていませんでした。

こういったバレンタインデーの習慣は知っておくと便利

アメリカのバレンタインデーの習慣は日本のものとは違うので、知らないと結構赤っ恥をかくことになるかもしれません。
また日本の独自性や文化の違いもびっくりしました。
photo by PIXTA