本当に人が埋葬されているの?イギリスの世界遺産「ウェストミンスター寺院」まとめ

今回は、イギリスにある「ウェストミンスター寺院」をご紹介します。英王室のウイリアム王子とキャサリン・ミドルトンさんの結婚式で有名になった寺院です。堅苦しいことは抜きにして、観光地としてのご案内を画像と動画を合わせてご紹介しますので、最後までお付き合いください。

ウェストミンスター寺院とは?

ウェストミンスター寺院とは?

image by iStockphoto

イギリス、ロンドンにある「ウェストミンスター寺院」は、冒頭に書いた通り、英王室のウイリアム王子とキャサリン・ミドルトンさんの結婚式でより一層有名になった寺院です。

ウェストミンスター寺院では、戴冠式などの王室行事が執り行われたりします。
ちなみに、すぐそばにある「国会議事堂 ビッグ・ベン」の正式名称は、ウェストミンスター宮殿なんですよ!

内部の壁と床の下には・・・

内部の壁と床の下には・・・

image by iStockphoto

※写真は北側のファサード。

内部の壁と床には歴代の王や女王などが多数埋葬されています。
墓地としては、既に満杯状態で、新たに埋葬する場所はなくなっているそうです。

というか・・ええ?!壁の中に?!と驚きますよね・・・

image by iStockphoto

※写真は、ウェストミンスター寺院の西側ファサード。

北側、南側、それぞれ異なる雰囲気ではありますが、どの門もとて綺麗ですね。

ゴシック調が美しい

ゴシック調が美しい

image by iStockphoto

イギリス中世の大規模なゴシック建築である。
11世紀にエドワード懺悔王が建設し、1066年以降、英国国王の戴冠式が行われている。
1245年、ヘンリー3世により、フランスの建築家を招き、フランスのゴシック建築にならって改装を始めた。
14世紀末までにおおよそ完成するが、墓所の増築や西側正面部分、塔など20世紀に至るまで長期間にわたり、時代によってさまざまな様式で増改築されている。
 wikipedia

ウェストミンスターの鐘

ウェストミンスターの鐘

image by iStockphoto

多くの学校で使用されている始業時、終業時のチャイムの音(音階)は、ウェストミンスター寺院の為に1927年に作曲された「ウェストミンスターの鐘」が元となっているんです!

有名人が眠る墓

有名人が眠る墓

image by iStockphoto

王族は勿論、有名人が沢山眠るウェストミンスター寺院。
ニュートンやダーゥィンは出口前、シェークスピアは中程に眠っているそうです。
各々、墓の前に彫刻があるとのことなので目印になりますね。

「20世紀の殉教者」10人の像

「20世紀の殉教者」10人の像

image by iStockphoto

左からマキシミリアノ・コルベ、マンシュ・マセモラ、ヤナニ・ルアム、エリザヴェータ・フョードロヴナ、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、オスカル・ロメロ、ディートリヒ・ボンヘッファー、エスター・ジョン、ルシアン・タピエディ、王志明 wikipedia

いかがでしたでしょうか?

今回は、イギリス、ロンドンにある「ウェストミンスター寺院」をご紹介しました。
寺院だからと言っても、堅苦しいことは一切考えなくともよいのです。
ほんの少しの知識があれば、自然と様々な事を知りたくなるきっかけになります。
まずは、難しく考えず、現地へ行ってみるのが一番です。
この記事がその最初の一歩のきっかけになってくれれば幸いです。
photo by iStock