海だけじゃない!沖縄に行ったら見て回りたい観光スポット12選

日本国内でも人気の観光地の沖縄県。透き通った美しい海に少し日本離れした南国の風景など、誰もが一度は行ってみたいと思う観光地ですよね。今回は、そんな沖縄を訪れた際にぜひ行っておきたいスポットをご紹介いたします。

【沖縄観光の徹底ガイドおすすめ記事】
移住者が伝授する沖縄観光の完全ガイド!泊数別モデルプラン、格安旅行の仕方、おすすめ時期
もう迷わない!絶対おすすめの沖縄お土産20選

#1 国際通り

国際通り
沖縄の観光といえばまずココ!年間を通して国内外からの観光客で賑わいます。
お土産屋さんをはじめ、ステーキハウスから伝統工芸まで様々なお店が並んでいるため、じっくり見て回ると半日かかってしまうことも・・・。
日曜日は車の通行が制限され、歩行者天国(ホコテン)となるため、更にフリーにお店を回ることができます。
2015年には屋台村という新名所も誕生し、観光客だけでなく地元の方にも人気のスポットとなっています。

#2 美ら海水族館

美ら海水族館
国内の水族館の中でも圧倒的な知名度を誇る美ら海水族館は、沖縄に来る方にはぜひ一度は訪れて欲しいスポットです。
奄美・沖縄地域に生息する様々な生き物たちが集まり、まるで”ちゅら海”をそのまま覗いているかのよう。
水族館一番の目玉、ジンベイザメが悠々と泳ぐ大水槽は圧巻のスケールです!また、本館の外に併設された「ウミガメ館」「マナティー館」では、愛らしいウミガメやマナティーたちの姿をのんびり眺めることもでき、人混みの苦手な方にもおすすめです。

#3 古宇利島

古宇利島
空港から車で一時間半、船に乗らずに訪れることができる離島、古宇利島。
周辺の海は沖縄本島内でも屈指の美しさを誇り、眺めているだけでも心が満たされるようです。
ビーチの設備も整っており、安全・快適な環境で泳ぐことができるため、シーズンを問わず遊泳客も多いです。
マリンスポーツも体験できるため、美しい海を遊びつくすことができます。
屋我地島と古宇利島を繋ぐ古宇利大橋から見渡す景色はまさに絶景!ぜひ、天気の良い日に訪れて欲しいスポットです。

#4 美浜(北谷)

美浜(北谷)
おしゃれなアパレルショップや雑貨屋が揃う美浜は、若い方に特に人気があり、ショッピングにおすすめのスポットです。
夜には、観覧車をはじめ街全体がライトアップされ華やかなムードに。
カップルたちのデートスポットでもあります。
若者文化の強い街であり、メインストリートでは、ストリートライブやライブペイントをしていることも・・・。
米軍基地の近くに立地しているため、本州ではあまり見られないアメリカンな街並みを楽しむことができます。

#5 砂辺

砂辺
県内の海好きがこぞって集まる砂辺は、シュノーケリングやサーフィンの名スポット。
海岸から5分も泳がずに、美しいサンゴ礁と魚たちに出会うことができます。
ダイビングのエントリースポットでもあるため、ガッツリ海を楽しみたい!という方には体験ダイビングもおすすめ。

必要な機材は全てレンタルできるため、気軽に参加することができます。
また、砂辺にはおしゃれなカフェやバーも多く、とても雰囲気のある街並みとなっているため、潮風を感じながら、ぶらぶらと歩いてみるだけでも楽しいかもしれません。

#6 栄町

栄町
「有名な観光スポットにはもう行った」「もっとディープな沖縄が知りたい!」・・・そんな方にオススメなのは、ゆいレール安里駅から歩いて10分の栄町市場。
昼も市場として活気のあるスポットですが、筆者が特におすすめしたいのは夜の栄町です。
慣れないうちは迷ってしまうほど入り組んだ路地に所狭しとお店が並び、どのお店もほろ酔いの人々で満員に賑わっています。
その風景はどこかノスタルジーでまるで映画のワンシーンのよう。
「観光客向けの飲み屋はもう飽きた」・・・そんな方はぜひ、那覇の穴場スポット栄町へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

#7 おきなわワールド

おきなわワールド
おきなわワールドは、1か所で沖縄の自然や文化、歴史が楽しめる施設となっています。
中でも注目なのが、自然が作り出した非常に美しい鍾乳洞。
現在公開されているのは約1キロメートルほどですが、その全長は5000メートルと、国内最大級とも言われています。

中は少しひんやりしており、静かにしていると水滴がしたたる音が聞こえてきます。
ライトアップされた鍾乳石や水辺はとても綺麗で、幻想的な雰囲気を漂わせていますよ。

施設内には他にも、数多くの生き物の展示が見られるハブ博物公園や、迫力のある沖縄の伝統芸能のエイサー、古い町並みを再現した琉球王国城下町など、体験などを通して沖縄を知ることができる場所が盛りだくさんです。
ご家族やお友達同士で沖縄に来た際は、ぜひお立ち寄りください。

#8 沖縄こどもの国

沖縄こどもの国
沖縄こどもの国は、沖縄を代表する動物園です。
園内には哺乳類を始め、鳥類、魚類、爬虫類など約200種類の動物たちがいます。
定期的に動物と触れ合えるイベントを開催しているので、より近くで観察したり実際に触れたりして楽しむことができます。
また、釣り堀コーナーやバードウォッチングデッキ、乗り物コーナー、お子様向けの博物館ワンダーミュージアム、沖縄の昔ながらの古民家を再現した国登録有形文化財のふるさと園など、遊んだり学んだりできる場所も多数あります。

園内のレストランやパーラーでお食事をするのもいいですし、施設内の広場でお弁当を持参してピクニック気分を味わうのもおすすめです。

#9 オリオンハッピーパーク

オリオンビールは、沖縄でもっともポピュラーなビールです。
現在では、海外にも出荷されるほど人気も高まってきているんです。
そのオリオンビールを製造する過程を見学できるのが、沖縄県名護市にあるオリオンハッピーパークです。

インストラクターの方が1名同行し、ビールの原料や仕込み、発酵、缶詰といった一連の過程を、丁寧に説明してくださいます。

そして、工場見学が終了した後は、できたてのビールを試飲することができます。
お子様やハンドルキーパーなどお酒の飲めない方は、数種類のソフトドリンクから選んでみなさんとご一緒に試飲を楽しめます。
いずれの場合も、おつまみのサービスがありますよ。
試飲会場にはレストランとお土産品店も併設されているので、お食事やショッピングも楽しむことができます。

予約なしでも見学できますが、団体のお客様もいますので、事前に電話で予約を取ることをおすすめします。

#10 ネオパークオキナワ(名護自然動植物公園)

ネオパークオキナワ(名護自然動植物公園)
ネオパークオキナワでは、緑豊かな自然と様々な動物を間近で楽しむことができる施設です。
えさを購入すれば、すぐ近くまで寄ってくる動物たちに直接えさをあげることができます。

人慣れしているので、えさを持っていなくてもこちらに興味を持ってどんどん集まってきます。
どの動物も人懐っこくとても愛らしいのですが、特にワラビーはぴょんぴょんとジャンプしながら近づいてきて、手に乗せたえさをおいしそうに食べてくれて、とても可愛く癒やされます。

オプションで、園内を一周する機関車に乗ることができます。
ガタゴトと機関車に揺られながら、のんびり園内を案内してもらうのも、とても気持ちいいです。
園内は整備され過ぎているわけではなく、全体的にノスタルジックな雰囲気で懐かしい気分にさせてくれます。

#11 恩納村博物館

恩納村博物館は、沖縄県内でも比較的新しい博物館で、館内は清潔感があり明るい印象の綺麗な施設となっています。

常設展では、民俗、歴史、考古のゾーンがあり、恩納村の人々がどのように生活してきたか、そして恩納村がどのように変遷してきたのかを詳しく知ることができます。
昔の人が実際に使っていた道具などの展示品から、かつての生活にタイムスリップしたような気分になれます。
また、恩納村の伝統芸能を映像で知ることができるシアターもあり、椅子に座りながらゆっくりと鑑賞できます。

ガラス張りになった展示ホールからは、博物館からすぐ近くにある美しい海を眺めることができます。
椅子やテーブルも設置されているので、休憩しながら海や展示品のサバニ(沖縄の伝統的な小型船)などを見ることもできます。
入場料はリーズナブルですが、展示内容は充実していてとても満足できる施設です。

#12 平和祈念公園

平和祈念公園
第二次世界大戦中、沖縄では日本国内で唯一の地上戦が行われ、本当にたくさんの命が犠牲になりました。
公園内にある平和の礎(いしじ)には、沖縄戦で亡くなられた20万人すべての犠牲者の方のお名前が刻まれています。

また、平和祈念資料館には戦争体験者の証言や、ガマ(自然の洞窟を利用した防空壕)の再現、被災者が実際に着用していた着物など、生々しい展示物が紹介されています。

現在の日本は戦争もなく、平和な生活を送ることができています。
多くの方々が犠牲になった悲惨な戦争があった事実から、目を背けたいと思う方もいらっしゃるかと思います。
しかし、沖縄を知る上で沖縄戦は避けては通れません。

戦争体験者は年々高齢化により減り続けていますが、戦争を知らない方々がこの平和祈念公園に訪れることで、今の生活のありがたさを実感し、ひとりひとりがこの平和な世の中を守ろうと思うきっかけにになることを願います。

さあ、沖縄にいこう!

いかがでしたでしょうか?定番のビーチや美ら海水族館、ディープな市場までご紹介いたしましたが、沖縄の魅力的な観光スポットは他にもたくさん。
初めての方も何度も行ったことのある方も、ぜひ沖縄へ行く際にはいろいろ見て回ってみてください。