青の絶景ならここ!幻想的で美しすぎる青の芸術18選

世界には代表的なモロッコのシャウエンをはじめ、「青い街」「青い洞窟」などと呼ばれる街全体が青く染められた街が数多くあります。今回は、そんな世界の青い街だけを集めてみました。

#4 ザキントス島/ギリシャ

ザキントス島/ギリシャ

image by iStockphoto / 96793115

「海を出すならほぼほぼ全部青の絶景じゃん」などと言うなかれ。
ザキントス島だけは紹介させてください。
(と言いつつ、海の絶景はあといくつかご紹介しますが…)

ザキントス島は、イオニア海に浮かぶのギリシャの島。
島内の最大の見どころであるナヴァイオ・ビーチ(シップレック・ビーチとも呼ばれる)が青のコントラスト美しく、まさしく絶景。

密輸船が打ち上げられたのを機に、シップレック・ビーチ(難破船のあるビーチ)と呼ばれるようになりました。
展望台に上るとビーチを見わたすことができます。

#6 幻想的な青い街シャウエン/モロッコ

幻想的な青い街シャウエン/モロッコ

image by iStockphoto / 68142457

モロッコ北部に位置するシャウエンは「青い街」として人気の観光地。
シャウエンが青い街となった理由は諸説ありますが、一般的にはかつてこの地に住んでいたユダヤ人が家を神聖なる色である青に染めたことが起源であると考えられています。
シャウエンの街でおとぎ話の世界に迷い込んだような景色を堪能してください。
青い世界が浮かび上がったように見える夜景もおすすめです。

#7 ケファロニアの青の洞窟/ギリシャ

ケファロニアの青の洞窟/ギリシャ

image by iStockphoto / 88574869

ケファロニア島は、サントリーニ島のあるエーゲ海の反対、半島を挟んで西側にあるイオニア海に浮かんでいる小島。
手付かずの自然で溢れています。
他のどことも違う独特の青色をした海に恵まれた美しい島で、たくさんの観光客が訪れています。

特に人気なのがこの「青の洞窟」。
神秘的な風景を見るために、小型ボートでクルーズするツアーを利用しましょう。

#9 国営ひたち海浜公園のネモフィラ畑/茨城県

国営ひたち海浜公園のネモフィラ畑/茨城県

花のテーマパーク「国営ひたち海浜公園」は、茨城県を代表する観光スポット。
開園面積は約200haと広大で、各所に大規模な花畑があり、春にはスイセンやチューリップ、ネモフィラ、夏にはバラ、ジニア、ヒマワリ。
秋にはコキアやコスモスと四季折々の草花が咲き乱れます。
約3.5haもの広大な“みはらしの丘”一面に、450万本の青いネモフィラが広がる光景はまるでファンタジーの世界。

#10 ハロン湾/ベトナム

ハロン湾/ベトナム

image by iStockphoto / 78968479

ベトナム随一の景勝地として知られるハロン湾。
現地には、竜が舞い降り、その竜が吐き出した数々の宝石がこれらの奇岩になったという伝説が残っています。
それほど林立する奇岩が織りなす景観は、美しく、ここ唯一のものということでしょう。

数千もの奇岩がつくる特異な景観は圧巻です。
日帰りクルージングで観光できますので、ベトナム旅行のプランに組み込んでください。

#12 エルニド/フィリピン

エルニド/フィリピン

image by iStockphoto / 40226266

ハロン湾と似た絶景ですが、こちらもなかなか興味深い景色が広がります。
「フィリピン最後の秘境」という異名を持つビーチ「エルニド」も、このブルーのコントラストに目を奪われてしまいます。

エルニドの最大の特徴は、侵食を受けた岩山がニョキニョキと海中にそびえ立っているところ。
500メートルを超える大きな岩山もあり、壮大な景観美が眼前に広がります。
穏やかで波風の少ない湾に、鋭く切り立った岩がそびえ立つダイナミックな風景は、ここエルニドでしか見ることはできないでしょう。

#14 青い池/北海道・美瑛町

青い池/北海道・美瑛町

池の面積は1万2千平方メートルで、深さ2.5~5メートル。
陸から見ると水色だが、水は透明で酸性が強いこともなく、不思議な色の原因は分かっていなんだとか。

#15 サントリー二島(Santorini)/ギリシャ

サントリー二島(Santorini)/ギリシャ

image by iStockphoto / 20430519

世界で最も夕陽が美しいと言われている島。
素敵なラグジュアリーホテルが断崖に点在しています。
本当は白い壁なのですが、日が暮れるとブルーに染まり、絶景を演出します。

この壁は白い石灰を塗ったもので、夏の強い日差しで内部が高温になるのを防ぎ、さらには石灰に含まれる除菌作用を利用して、雨水を除菌する効果もあるそうです。
美しいだけではなく、このようにきちんとした役割もあるんですね。

#16 死海/イスラエル

死海/イスラエル

image by iStockphoto / 84780215

イスラエルの有名な観光スポットですが、フォトジェニックな撮影ができる絶景スポットとしてもおすすめ。
ご存知の通り死海は、湖の塩分濃度が非常に濃いため、人間が水面で浮いてしまうという摩訶不思議な体験をすることが出来ます。

#17 バイカル湖/ロシア

バイカル湖/ロシア

image by iStockphoto

ロシア南東部のブリヤート共和国とイルクーツク州・チタ州に挟まれた三日月型の大きな湖・バイカル湖。
日本の琵琶湖の約46倍もの大きさがあり、一見するとまるで海のよう。
世界遺産にも登録されています。
その美しさは、「シベリアの真珠」と称され、その生物の種類の多さからガラパゴス諸島に並ぶ「生物進化の博物館」とも称されます。

#18 シディブサイド(Sidi Bou Said)/チェニジア

シディブサイド(Sidi Bou Said)/チェニジア

image by iStockphoto

チェニジアのリゾート地。
チェ二ジアンブルーに彩られた美しい青と白の街並、そして地平線の彼方まで続くエメラルドグリーンの海。
ブルーのコントラストが映える絶景です。

世界に散らばる青の絶景を見に行こう!

世にも不思議な青の絶景から、壮大な自然、人類のこだわりを感じる歴史まで、なぜか地球には青の絶景が点在します。
「青の絶景」をテーマに旅に出たくなりますね。
photo by iStock