日本のマチピチュ『竹田城跡』!雲海に浮かぶ幻想的お城を紹介!

廃城から約400年を経てもなお石垣がほぼそのままの状態で残っている竹田城。現存する山城として日本屈指の規模となっていることと、雲海に浮かぶ幻想的な風景から、人気の観光スポットとなっています。

兵庫県の絶景スポットです

 

兵庫県の絶景スポットです
竹田城は現在の兵庫県朝来市和田山町竹田にあった山城です。
、標高353.7メートルの古城山(虎臥山)の山頂に築かれ、縄張りは、南北約400メートル、東西約100メートル。
頂のほど中央に天守閣が置かれていました。

天空の城、日本のマチュピチュとも…

 

天空の城、日本のマチュピチュとも…
円山川の川霧により城壁周辺が霞むと、その雲海に古城の累々たる石垣群が浮かんでいるように見えます。
その流麗な姿から、天空の城や日本のマチュピチュとも呼ばれています。

およそ400年以上前の城です

 

およそ400年以上前の城です
築城の経緯や詳しい築年については諸説ありますが、おおよそ15世の始めから中頃にかけて築かれたとする節が有力です。
戦国時代は織田信長の指示のもと、羽柴秀吉が攻城したという記録も。
秀吉も城攻略後こうして眼下に広がる城下町を眺めていたのかもしれません。
現在残る城の形は、秀吉の命で城主に据えられた赤松広秀が、秀吉の支援を受けながら仕上げたものと考えられています。
残念ながら江戸時代に入り、竹田城は家康の命で廃城とされました。

雲海が現れるのは、朝!

 

雲海が現れるのは、朝!
雲海は気候、時間帯によってその現れ方が変わります。
標高はそれほど高くない山でありながら、早朝の冷え込んだ空気が朝日で急に暖められることから雲海が現れます。
風のない日が狙い目です。

冬の景色も絶景です

 

冬の景色も絶景です
雪の季節の竹田城跡も趣きがありますね。
季節ごとにその表情を変えるのも竹田城跡の魅力です。

テレビや映画のロケ地としても…

 

テレビや映画のロケ地としても…
他に類を見ないその神秘的なロケーションから、映画「天と地と」や時代劇「暴れん坊将軍III」「軍師官兵衛」などの撮影にも使われた竹田城。
その幻想的な姿、是非自分の目で見てみたいものですね。

竹田城跡への行き方

 

JR西日本播但線「竹田駅」下車。
そこから一般道路を進んだ場合徒歩で約50分、駅裏の山道を登った場合は約25分。

車で向かう場合は和田山ICから国道312号へ。
周辺に城跡見学者用の無料駐車場が有ります。
また、土曜・日曜・祝日に全但バスが「天空バス」の運行を行っています。

歴史の神秘を感じる旅

 

5世紀越の歴史をもつ竹田城跡。
この神々しい風景を見ると、まるで当地を治める神にいまも見守られているようですね。
幻想的なこの絶景、ぜひ見てください。