燃え続ける”地獄の門”の原因は?トルクメニスタンの「ダルヴァザ地獄の門」

40年以上に渡って赤々と燃え続けている炎。小さな村はこの大穴の出現で一躍有名になりました。ここではそんな、トルクメニスタンのダルヴァザ村にある「地獄の門」についてご紹介します。

40年以上も燃え続けるクレーター

地獄の門は、トルクメニスタンのアハル州、ダルヴァザ村にあるクレーター。
この大穴は40年以上にも渡って絶えず燃え続けています。
広大な砂漠にぽっかり口を開けた不気味な穴。
「地獄の門」と名付けられたのもうなずけます。

偶然にも落盤事故が起きてしまったとか

実はこれは天然ガスを採掘するときに偶然開いてしまった大穴。
1971年に地質学者がボーリング調査をした際に天然ガスに満ちた洞窟を発見したのですが、その調査の過程で落盤事故が起き、採掘作業用の装置が置かれていた場所もろとも直径100メートルにもなるこの大きな穴が開いてしまったというわけです。

ガスの応急処置で火をつけたのがきっかけ

穴からは有毒ガスが絶えず噴出するため、その放出を食い止めるために火を付け、燃焼させることに。
しかしこのガスが地下より絶え間なく吹き出るために、延々と燃え続ける事態となりました。

いつまで燃え続けるかは不明…

現時点ではこの天然ガスの燃焼を食い止めることは技術的にとても困難と判断されています。
また、天然ガスの埋蔵量自体が不明なため、今後いつまで燃え続けるのかもよく判っていない状態です。

消すのか、いや、消せるのか

天然ガス生産量の増加を計画するトルクメニスタンでは、大統領が穴の封鎖、または周囲のガス田開発のために対策を立てるように指示したという報道があり、今後人為的に地獄の門が消される可能性も残されています。

地球の怒りなのでは…

人間が天然資源をコントロールしようとした結果現れた、コントロール不可能な巨大クレーター。
地球の怒りのような側面も感じます。
ガスの埋蔵量の面からも、経済的な思惑の面からも、いつまで燃え続けるかは誰にもわかりません。
それがまた人々を惹き付けているのかもしれませんね。

タルヴァザ地獄の門(The Door to Hell)への行き方

日本からの直行便はないので、イスタンブール(トルコ)などを経由して首都アシガバットに向かいます。
アシガバットから地獄の門までは約260キロ、車で3-4時間の道のりです。
アシガバットのツアー会社で車とドライバーを手配して向かいましょう。

地球の神秘を見に行こう!

きっかけは人為的とはいえ、今日まで燃え続け、逆に観光スポットとして人を魅了するようになった地獄の門。
吹き出るガスは、採掘できていればトルクメニスタンの国益にもなったでしょうが、今となっては自分が行くまでは消さないでくれという勝手な思いも芽生えます…。