世界遺産ランキング2位だったカンボジア・アンコールワットの絶景と歴史まとめ

世界に1000件以上ある世界遺産のなかで、今年行われたこのランキングで2位に輝いた「カンボジア・アンコールワット」。カンボジアの顔として、東南アジア旅行の代表格としてご存じの方も多いと思いますが、さて歴史をご存知かと聞かれればいかがでしょうか。本日は、絶景写真ととtもに、アンコールワットの歴史を簡単に振り返ってみましょう。

アンコール遺跡群ってこんなところ

アンコール遺跡群ってこんなところ
アンコール王朝時代の寺院遺跡群として知られる、アンコール遺跡。
ヒンズー教ビシュヌ神に捧げるための寺院として1113年から30年間かけて建てられました。
はじまりは、ラアン・スピアンの洞窟から人間の生活の痕跡が発見されたことから、紀元前4200年ころだと推定されています。
最初にできた国家は2世紀ごろの「扶南」(ふなん)。
メコン下流にあった国家で、インド、中国、ローマとの交易が行われ、海のシルクロードの貿易の中継地点として栄えました。
5~6世紀にはメコン川中流域に「真臘」(しんろう)と呼ばれる国家も建国されています。
建国当初は扶南国の属国でしたが、勢力をつけて7世紀に併合しました。
707年には「水真臘」、「陸真臘」分裂し勢力が弱まりジャワ王国の支配下となっています。

そんなアンコールワット周辺の歴史を振り返ってみましょう。

アンコール遺跡群の住所・アクセスや営業時間など

名称 アンコール遺跡群
住所 アンコール・ワット, カンボジア
営業時間・開場時間 5:30~17:30
利用料金や入場料 1日券20ドル3日券40ドル
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/668/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アンコール朝の誕生

アンコール朝の誕生
802年にはジャワから帰国したジャヤーヴァルマン2世(在位802-834年)は、分裂していた国内を統一しアンコール王朝を創設し、王を神の化身として考える「王即神」を擁立。
その後ヤショーバルマン(在位889-910年)1世が、ロリュオスにあった王都をアンコールの地に遷都しました。

 

1177年にチャンバ王国(ベトナム中部沿海)に占領されますが、その後勢力を取り戻し1181年に即位したジャヤーヴァルマン7世(在位1181-1219年)が1199年ごろにチャンパ王国や大越国(ベトナム)を陥落し領地を拡大しました。
インドシナ半島の大半を支配化に治めた、この頃が一番の繁栄期といわれています。
1113年にアンコール・ワット、1181年にアンコール・トムなどが建設されました。

アンコール王朝最盛期

アンコール王朝最盛期
9世紀から14世紀の間に王位に就いた王は26名。
アンコール朝は王の血縁者が王位を継承するのではなく、戦闘により決めていました。
まさに戦国乱世のようですね!現に26人の内血縁関係で王の座に就いたのはたったの8名にしかすぎません。
王は即位すると、都城、寺院、王宮の3つを建てるのが夢でした。
でも、やり遂げたのはたった4名のみでした。
ジャヤーヴァルマン7世は、アンコール・トムや仏教寺院の建設、道路網を整備し、街道に121ヶ所の宿泊施設や全国に120ヶ所の病院なども建設しました。
強い政治力を持った彼は、国教だったヒンドゥー教を廃止し、「大乗仏教」の信仰を広めています。
バイヨン寺院、パンテア・クディ寺院、タ・ネイ寺院などの仏教寺院が建てられ仏像なども奉納されました。

アンコール王朝の衰退

アンコール王朝の衰退
1219年にジャヤーヴァルマン7世が亡くなると、クメール王朝は衰退しはじめます。
王位継承の争いから、仏教を廃絶し寺院などが壊される廃仏毀釈事件が起こりました。
その後、王位を継承したのはヒンドゥー教を信仰するジャヤーヴァルマン8世(在位1243-1295年)。
この頃は反仏教が横行し寺院や仏像が壊されました。
歴代王の中でも最長の52年間に渡り統治しましたが、仏教を信じる義理の息子により暗殺されています。
アユタヤ朝(ベトナム)とバンコク朝(シャム)に頻繁に攻められ領地が減り、最後には両者の二重支配に陥ってしまいました。
1432年に首都アンコールが陥落し、ついに約600年間続いたクメール王朝の長い歴史に幕を閉じました。
その後ジャングルに埋もれ忘れ去られてしまいました。

アンコール遺跡のその後

アンコール遺跡のその後
1859年にカンボジアに探検にきた、フランス人のアンリ・ムオが1860年1月22日に、シェムリアプのジャングルで巨大遺跡アンコール・ワットが発見しました。
寺院の内部には壁にはストーリー朝のレリーフが施されています。
一つとして同じものがなく、神の偉大さを感じ取れる遺跡です。
神話の中で宇宙世界の基軸を意味するメール山、それを囲む回廊はヒマラヤを表しています。

歴史の神秘と神への崇拝の心が伝わるアンコール遺跡群は、一生に一度は訪れたい世界遺産ではないでしょうか?

さあ、カンボジア・アンコールワットへ出掛けよう

僅か9世紀の段階で、このように発達した技術と意志のもと、高度な政治による一帯の遺産ができました。
神の存在、宗教の大きさ。
パワーを受け取れる世界遺産であることは間違いありません。
ランキング2位も、うなずけますね…。

ぜひアンコールワットへの旅行も、ご検討ください。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ