42億年前から歴史を刻むアメリカの人気絶景スポット『グランドキャニオン国立公園』

多くの人が死ぬ前に1度は見てみたい絶景としてその名を挙げるグランドキャニオン。
地球がひとつの惑星として産声をあげた遥か昔、42億年前から絶え間なくその歴史を刻み続けているグランドキャニオンは、世界中から多くの旅行客が足を運ぶ名所中の名所です。
今回は、そんな1979年にユネスコの世界遺産にも登録されたアメリカ合衆国が誇るグランドキャニオンについてご紹介します。
グランドキャニオン国立公園は、アメリカ合衆国アリゾナ州の北西部に位置する、アメリカで最も古い国立公園のひとつです。
気の遠くなるような長い年月をかけ、コロラド川が浸食した赤茶色の大地は、およそ450kmにおよぶ峡谷地帯を生み出しています。
現在この川が流れているのは、25億年前の地層の上。
100年かけてやっと2cmという、人間の寿命からではおよびもつかないような、圧倒的なスケールの時間をかけて削られていく川底。
これほどまでに言葉にできない感動を我々に与えてくれるものは、世界広しと言えどもなかなかありません。
グランドキャニオンの広大な面積の中でも、最も美しい景色を臨めると評判のポイントが、リパン・ポイントです。
海抜2175mのリパン・ポイントでは、コロラド川の力強い水の流れを肉眼でも確認することができます。
マーサ・ポイントはグランドキャニオンの日の出を見るには絶好のポイントで、展望台も設けられています。
安全柵も多い鑑賞スポットのため、比較的安心してその壮大な景観を楽しむことができるでしょう。
逆に夕日を観るなら断然おすすめなのがヤバパイ・ポイント。
谷底にある「ファントムランチ」と呼ばれるロッジを見ることができるポイントとしても有名です。
ぜひ明るいうちから訪れて日の入りの時刻を待ちましょう。
高所恐怖症でなければぜひ足を運んでいただきたいスカイウォークも見どころのひとつ。
ウエストリムにあるこのスポットは、絶壁から空中に向かって突き出したガラス製の橋で、その長さはなんと20m。
スカイウォークから見下ろすグランドキャニオンの深い深い谷底には、思わず身震いしてしまいそう。
地球の神秘と奇跡が詰まった観光スポット、グランドキャニオン国定公園には、この地にしか生息しない希少な生物も数多く存在しています。
人の手の及ばぬ雄大な大自然の中で独自の進化を遂げた固有種たち、そして世界で最も多くの化石が発掘された場所でもあるグランドキャニオン国定公園。
そんな母なる大地にあなたも1度訪れてみませんか。

グランドキャニオン国立公園(Grand Canyon National Park)への行き方

さあ、旅へでかけよう

日本からアメリカのラスベガスまで、飛行機で14~15時間(乗り継ぎ1回)

ラスベガスから出ている飛行機での日帰りツアーに参加するのが一般的ですが、レンタカーなどを借りて陸路で向かうこともできます。

車の場合は休憩なしでおよそ5時間の道のりです。