【旅行体験記】 タイ古式マッサージに癒されながら巡る旅inタイのバンコク、アユタヤ

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 タイのバンコク、アユタヤに渡航したkiriさんから、お話を伺いました。

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:kiriさん

神奈川在住会社員、女性、学生のころから旅行好き。年に数回の旅行をし、今回は春先に友人と二人でタイに行ったとのこと。

 

 

今回の旅程

こんにちは。
今回は、タイのバンコク、アユタヤへ旅行に行ってこられたという事で、まずは旅程から教えていただけますか。
5日間のタイ旅行に行ってきました。

1日目 成田空港より移動、ハノイで乗り換えてタイのバンコクへ、バイヨークスカイホテルで夜景見学

2日目 事前に予約しておいたツアーでアユタヤ観光、バンパイン宮殿、ワット・ヤイ・チャイ・モンコイ、ワット・ロカヤスタ、ワット・プラ・マハータート、そして王宮跡へ。
ゾウに乗ったりもしました。

3日目 ツアーをつけてバンコク市内を半日観光後、バンコク市内を探検、直前の前日になって、HISへ電話をかけてツアーを予約。
ワット・アルン、ワット・ポー、王宮へ。
買い物と夜はタイ古式マッサージ

4日目 バンコク市内で買い物、バンコクより移動、ハノイで乗り換え

5日目 成田空港へ帰国

特に印象的だったスポットや、そこでの体験談

今回は、タイのバンコク、アユタヤへ旅行に行かれたということですが、印象に残ったスポットがあったら教えてください。
タイ古式マッサージがすごく良かったです。
私たちが泊まったのは、「バイヨーク・スカイホテル」という有名なホテルの系列のような、「バイヨーク・ブティック」というホテルでした。
ホテル内にあるということで安心して、タイ古式マッサージを夜お風呂に入った後に1時間みっちり受けました。
ホテルなのにかなり格安でした。
本場タイ古式ッサージですね。
1時間みっちりという事ですが、マッサージを受けた感想はどうでしたか。
ストレッチのように体を動かさせられ、伸ばすようなマッサージでした。
日本で大体指で指圧を受けるのとは異なり、圧を受けるときは手のひら全体で押されます。
それが気持ちいいこと。
私も友人も、その日は一日中歩いて疲れていたのもあるでしょうが、体勢をしょっちゅう動かされるのにもかかわらず爆睡してしまいました。
よっぽど疲れていたという事と気持ちよかったのでしょう。
マッサージが終わり起こされると、一日中歩いた足の痛みが、嘘のように消えているのです。
こんなに効果のあったマッサージは初めてでした。
そのあと友人と、部屋に戻ってまた気持ちよく爆睡しました。
旅先でマッサージを受けると、疲れていた身体も気分もリフレッシュされるので、おすすめします。
そうですね。
旅行先で受けるマッサージは旅の疲れも癒してくれていい効果になりますね。
そして、それが一番の印象に残るとはとてもおすすめですね。

 

立地が良かったホテル

ここのホテルに3泊とも泊まりましたが、ホテルの場所は有名な「バイヨーク・スカイホテル」にも近かったのですが場所が少し分かりづらかったです。
ホテルからは、無料の送迎バスで、日本でいう渋谷のような繁華街に連れて行ってもらったりもしました。

また、この送迎バスのおかげで、旅行中はタクシーを利用せずに済み、ホテル内もきれいでオシャレでしたよ。
お部屋も広く、格安のツアーにも関わらず、清潔感がありました。
朝はビュッフェスタイルの朝食で種類が多くて美味しかったです。
ホテルのエレベーターには、ドリアン持込み禁止の張り紙があり、それだけはどうぞお気を付けくださいね。

3種のスパイスをかけるタイラーメンに出会って

現地で食べておいしかったものがあったら教えていただけますか。
感動したのはタイラーメンです。
ツアーで出かけた際のお昼がビュッフェだったのですが、そちらで目の前で茹でて出してくださるタイラーメンがありました。
唐辛子のような赤い何かと、砂糖と思われる白いもの、また酸っぱい何かの3種類のスパイスが一緒に置いてあり、自分でそれぞれを好きな量だけラーメンに入れます。

放っておいたら、店員さんが3種類のスパイスを、同じぐらいずつ勝手に入れてくれていました。
赤い色のスパイスが目立ち、見た目は辛そうで怪しく、日本人旅行者たち皆が食べたくなるようなものではありませんでした。

そうでしょうね。
タイのことですし、とても辛そうですね。
食べられましたか。
私も辛い物が苦手でしたが、まあビュッフェだしと食べてみるとあらびっくり。
辛味、酸味、そして甘味のバランスがなんとも絶妙で、ものすごく美味しいではありませんか。
お腹に余裕があるならば何杯でも食べたいお味でした。
その後他でのビュッフェでもいただきました。

他に印象的だったものは、食べていませんがおにぎりの自販機があったり、チェーンのすし屋に今季のメインの寿司として「しいたけ入りイカ」(日本語でも表記があり、そう書いてありました(笑))があったことですかね。
ご自身の舌で、ぜひ確かめてほしいお味です。
(笑)

友好的なタイ

タイには様々な異文化の料理のメニューもありそうですね。
ちょっと冒険的なメニューですが・・・。

このタイ旅行で特に感じられたことはありますか。

タイの人々は日本人に対して非常に友好的でした。
通りを歩いているだけで、「ミヤサコデース!」と声をかけられたりします。
(私が子供の頃に流行った少し古いネタですが、いつタイの方々はは覚えたのでしょう?)洋服も安く、路面店で売っていたりしますが、さらに値引きをお願いすると成功することもありました。

ツアーに参加するのも沢山巡る秘訣

それでは、最後にこれからタイへ旅行に行かれる方へのアドバイスをお願いします。
観光に関しては、ツアーを付けるのが私は楽でいいと思います。
私たちはツアーを当初は「アユタヤ」の1つしかつけておらず、残りは自力で行く予定でした。
しかし、それでも非常に疲れて帰ってきたので、自力では無理だと考え、現地で急きょツアーを探しました。

ひとつひとつの寺院が離れていることが多かったので、ツアーでないとタクシーなどを使わなければなりません。
ツアーなら疲れて寝ていても大丈夫なバスで連れて行ってもらえ、その方が良いかなと。
タクシーには今回乗っていませんが、チケットを買うのも大変そうな光景もみて、観光地を巡るなら事前に手配したほうが観光しやすくてよいと思いましたね。

海外旅行の場合は、交通の問題は結構ありますね。
予定通りに列車やバスが来なかったり、意外と遠かったり、スムーズにまわるにはツアーに参加するのも沢山見る事ができる秘訣かもしれませんね。
本日はどうもありがとうございました。

さあ、旅にでよう

いかがでしたか。
タイのバンコク、アユタヤの旅行体験記として、本日はkiriさんのお話を聞くことができました。
他人の旅行記は、不思議と旅に出かけたくなるパワーがありますね。
ぜひタイのバンコク、アユタヤへの旅行の際には参考にしてください。