伝説の巨人が歩いた六角形の柱が連なる奇岩『ジャイアンツ・コーズウェイ』

おおよそ自然にできたとは思えない特異な景観から、多くの伝説が語り継がれてきたジャイアンツ・コーズウェイ。ここではそんな、イギリス・北アイルランドにあるジャイアンツ・コーズウェイについてご紹介します。

火山活動で生まれた4万もの玄武岩の柱状奇岩

ジャイアンツ・コーズウェーは、イギリス・北アイルランドにある、火山活動で生まれた4万もの玄武岩の柱状奇岩が連なる地域で、海岸線上に伸びるその異様な景観は約8kmも続いています。

「巨人の石道」

ジャイアンツ・コーズウェイは「巨人の石道」を意味し、アイルランドの伝説の巨人フィン・マックールに因んで名付けられました。
彼が対岸のスコットランドの巨人と戦いに行くためにつくっただとか、スコットランドに住む巨人の女性に恋をし、彼女をアイルランドに渡らせるためにつくったなど、今でもさまざまな伝説が語り継がれています。

火山活動により流出した溶岩が冷えて固まり形成

ロマンあふれる伝説が語られているこのジャイアンツ・コーズウェイですが、地質学的には「柱状節理」と呼ばる、六角形の柱を束ねたような地形をしています。
今から約5000万年~6000万年前に起きた火山活動により流出した溶岩が冷えて固まり、割れ目が生じたことにより形成されたものです。

柱の天辺は踏み石のように平らで、そのほとんどが六角柱です。
最も高い柱は12mにも達します。

その形状から人々はいくつかの柱群に愛称を付けました。
中でも有名なのがこの、切り立った柱の群れがパイプオルガンを思わせる「ジャイアンツ・オーガン」です。

凛として立ち並ぶ石柱群は、自然の造形とは思えず、まるで人の手でつくったかのように感じられます。
ケルト人が残した数々の巨人伝説とも相まって、この特異な景観は今もなお神秘的な景勝地として人々に愛されています。

ジャイアンツ・コーズウェイ(Giant’s Causeway)への行き方


さあ、旅へでかけよう

成田、関西、名古屋から直行便でロンドンへ(12.5?14.5時間)。
その後ロンドンからさらに1時間ほどのフライトでダブリンへ入ります。
ダブリン、コノリー駅から鉄道で約2時間、ベルファスト中央駅で下車し、さらに列車に乗り換えて約2時間のところにあるポートラッシュ駅を目指しましょう。
ポートラッシュ駅からジャイアンツ・コーズウェイへは車で約30分の道のりです。
レンタカーでのんびり回るのがおすすめです。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ