世界の七不思議に選ばれている建造物7選

世界の七不思議、知っていますか?一度は聞いたことがあるかもしれないですが、7個全部言える人ってなかなか少ないのではないでしょうか。しかも「世界の七不思議」っていくつか定義があるのです。今回は、2007年に選出された「新・世界七不思議」から7つの建築物をご紹介します。

そもそも世界七不思議って何??

世界七不思議が作られたのは、さかのぼること古代ギリシャ・古代ローマ時代。
紀元前2世紀にビザンチウムのフィロンという人が書いた「世界の七つの景観」の中で選ばれた、古代の地中海地方に存在していた七つの巨大建造物がはじまりだと言われています。
そもそも「七不思議」でないのですが、これは日本だけの事情。
「The Seven Wonders of the World」という原題のうち景観(Wonder)という意味を誤訳してしまい、それにオカルトブームなどが結びついて七不思議になってしまったとのこと。

そのため、「七不思議」とありますが、ほぼ解明されている建築物が選出されています。

現代の世界の七不思議

現在においても、さまざまな七不思議をスイスにある「新世界七不思議財団」が世界中からの投票の結果で決めています。
そんな財団が存在していることが一番の七不思議のひとつだと思ったみたり…。
ここからは、世界中の人が選んだ世界の七不思議を紹介していきます。

#1 万里の長城/中国

世界遺産として知らない人はいないくらい有名なのが万里の長城。
これは中国の城壁の遺跡で、長さは、21,196.18km。
人工衛星から見える唯一の世界遺産というのも有名な話。
長城の建設はB.C.7~6世紀の春秋時代に始まりました。
これは西方から異民族が侵入してくるのを恐れたためだといわれています。
楚、斉、魏、趙、燕、秦などが互いに争い、どんどん防護壁が増えていきました。
この王朝全てが大規模な長城を建設しています。

中国にある世界一長い城壁!月から見える唯一の建造物?万里の長城の歴史


#2 インドの廟堂タージマハル

こちらも万里の長城と同様に有名な世界遺産のひとつ。
ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した総大理石の墓廟。
一言で言うならば、「愛の結晶」である。
タージ・マハルを言葉どおりに訳せば「王冠宮殿」もしくは「宮殿の王冠」という意味にらしく、地元では親しみを込めてピーピー・カ・ロウザと呼ばれているらしい。
ピーピーは親しみを込めた貴婦人への呼びかけ。
カ・ロウザは「(その貴婦人)の廟園」を意味する。

#3 イタリア・ローマの古代競技場コロッセオ


おもしろくてわかりやすい古代ローマの歴史


#4 ヨルダンの古代都市遺跡群ペトラ

ヨルダンの死海とアカバ湾の間にある渓谷にあるのがペトラ遺跡。
映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」で聖杯を隠された遺跡としても有名。
ペトラとは、ギリシャ語で「岩」を意味していて、その名の通り、柔らかい砂岩を削って作られている。
ちなみに入場料は5000円とかなり高い

ヨルダン観光なら世界遺産「ペトラ」は外せない!行き方、料金や営業時間は?


#5 ブラジル・リオ・デ・ジャネイロのコルコバードのキリスト像

ブラジルのリオ・デ・ジャネイロを見下ろすコルコバードの丘にあるの巨大なキリスト像。
1931年のブラジル独立100周年を記念して、9年の歳月をかけてつくられたとか。

世界一有名なブラジルの丘「コルコバード」、どんなところか知ってる?


#6 ペルーのインカ帝国遺跡マチュ・ピチュ

アンデス山麓に属するウルバンバ谷に沿った高いやめの尾根にあるのが有名な天空都市マチュピチュ。
15世紀のインカ帝国の遺跡で、「マチュピチュ」とは、”老いた峰”を意味する。
ちなみにマチュ・ピチュとは間違えて付けられたといわれている説もあるらしい。
遺跡に名前は決まっておらず、第一発見者とされているアメリカの探検家ビンガムが地元民に遺跡の名前を尋ねたところ、地元民は今立っている山の名前を聞かれたと思ってマチュ・ピチュと答えたことで遺跡の名前がマチュ・ピチュであると間違って伝わったとか。
ほんとは他の名前があったかもしれないですね。

謎多き神秘の遺跡が盛りだくさん、「マチュピチュ」などペルーの世界遺産まとめ


#7 メキシコのマヤ遺跡チチェン・イッツァ

最後の七不思議は、メキシコのマヤ文明の遺跡「チチェン・イッツァ」
マヤの最高神ククルカンを祀るピラミッドで、「ククルカンのピラミッド」、「ククルカンの神殿」とも呼ばれているらしい。
大きな9段の階層からなり、4面に各91段の急な階段が配されていて、最上段には真四角な神殿がある。
ピラミッドの階段は、4面の91段を合計すると364段で、最上段の神殿の1段を足すと、丁度365段である。
また1面の階層9段は階段で分断されているので合計18段となり、これらはマヤ暦の1年(18ヶ月365日)を表す。
このことから「暦のピラミッド」とも呼ばれているとか。

マヤ文明の跡地「古代都市チチェン-イッツァ」の絶景&歴史まとめ


世界七不思議を旅しよう

世界にはまだまだたくさんの不思議な遺産や建造物があります。
海外旅行で遺跡などを見る時は、その時代背景も知っておくとその遺跡の壮大感を感じる事ができるでしょう。
ちなみに世界一周など長期旅行になると遺跡がただの石にしか見えなくなる場合が多いので、常に初心を忘れず接してみたいものですね!

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ