世界中の6割の花が集まるオランダの「花」文化とは?

「花といえばオランダ!」というくらい花で有名なオランダですが、その花文化にはどういった歴史や背景があるのでしょうか。オランダの環境問題への取り組みや最近の花産業の動向とともにご紹介したいと思います。

ヨーロッパにおける花文化

ヨーロッパにおける花文化
花が季節とともに見せてくれるさまざまな表情や色彩から元気をもらったり、時にはその儚さに人生を照らし合わせて感慨にふけったり。
日々にささやかな彩りを与えてくれる心の友として、花は遥か昔から私たちの身近な存在であり続けてきました。

ヨーロッパには寒くて暗い、長い長い冬があります。
花はそういった季節に人々の家庭に明るさや楽しさをもたらしてくれる存在であり続けてきました。
もともと生活、そして人生を楽しむことを大切にしているヨーロッパ人にとって花はまさにふさわしいインテリアであり、窓辺や街角など街のいたるところで目にすることができます。

特にオランダでは、花が飾られていないテーブルは印象がよくないというくらいかかせない文化となっています。
オランダ人が家庭の窓辺に花を飾るのは自分たちが元気をもらうだけでなく、そばを通った人に「幸せのお裾分け」をしたいといった気持ちもあるようです。
すばらしい考えですよね。

オランダの花産業

オランダの花産業
現在、オランダの農業人口は少なく5%未満ですが、生産量の7割から8割程が輸出用であり、花産業は世界にむけたオランダの一大産業となっています。
バラやカーネーション、ユリやチューリップが輸出額の上位を占め、ヨーロッパ諸国やアメリカなどを中心に輸出されています。
このように花産業は確かにオランダ経済を支えていますが、そのような商業的な理由だけではなく「パンを二つ買うお金があればパン一つに花を買う」という言葉があるほど、オランダ人は花を愛しています。
日本では珍しい、ガソリンスタンドなどでもたくさんの花が売られており、自宅用の花はスーパーマケットで購入する方が多いそうです。

一方、後にも紹介しますが、近年オランダは花の生産だけではなく、物流にも力をいれています。
この背景には花産業の世界的な雇用環境の変化や作付け面積の減少などがあるようです。

花の国としての始まり

花の国としての始まり
オランダの花の歴史は1500年代にまでさかのぼり、トルコからチューリップが伝わったのが始まりだと言われています。

オランダはもともと土地が海よりも低く、土壌も砂地が多いため地理的に農作物の栽培には向いていませんでした。
その一方で山が少なく、気候も温暖で天災が少なかったこともあり、その土地柄によくマッチしたチューリップの栽培が始まりました。

 

栽培が始まった当時は、まだチューリップは高貴な花と考えられていたため、上流階級にしか普及していませんでしたが、100年も経つと品種改良が加速していき、やがて庶民にも普及しはじめました。
しかし1630年代にもなると、あまりに多くの人々がチューリップの球根を買いあさった結果、バブル経済に陥ることになりました。
この「チューリップマニア」とも呼ばれる現象はまさに、経済史上はじめてのバブル現象となりました。

「チューリップマニア」現象ののち、ヨーロッパ各地でチューリップが人気を博し、多くの需要が生まれました。
オランダはその需要に応えることで、花産業の立て直しをはかりました。

花大国、オランダへ

花大国、オランダへ
その後オランダは1870年代に花の温室栽培に成功し、旬を早めて花の付加価値をあげるという、より利益率の高いビジネスモデルを構築しました。
また1950年代以降は栽培に関わる環境因子をコンピュータによって制御することで効率的な大量生産をも可能になり、オランダは世界が認める花大国へと成長していきました。

 

このような栽培モデル以外に、花市場の立地もオランダの花産業の拡大へ寄与しました。
オランダの花産業の中心地であるアールスメール花市場はヨーロッパの玄関口でもあるスキポール空港にほど近く、この立地がより活発な貿易活動へと繋がりました。

オランダがこれらの発展とげた理由には国が政策として、花産業の活性化にとりくんだ背景があります。
生け花の生育から販売、物流にいたるまで、スムーズな運営が行えるように、国や生産者が一体となってITシステムの構築に尽力しました。

環境問題への取り組みと最近の動向

環境問題への取り組みと最近の動向
近年は、オランダ国内の作付け面積が減ってきていることや、花の栽培に適した気候をもち、かつコストのあまりかからない労働人口を豊富にもつ世界の国々の台頭もあり、産業の主体を生産から花の物流管理へとシフトさせていっています。
アジアやアフリカ、南米などの国々が苗や発育技術を発展させ、オランダはその成長した花の生産や物流を監督する立場に移っているようです。
とはいっても花の栽培もまだ行っており、付加価値をよりたかめるために「低農薬」へとアピールポイントを移してしています。
近代技術を取り入れた大量生産には、どうしても地下水の汚染や地球温暖化などの問題がついてまわります。
環境への配慮を大切にしているオランダは養液栽培などを取り込み、殺菌剤や除草剤などの農薬の使用量の削減、園芸用土などの再利用を押し進めています。

昨今、環境への感心が世界的に高騰してきているなか、オランダ推し進めているこれらの活動は国外への力強いアピールとなっており、オランダの花ブランド力の向上をもらたしています。

花は人生そのもの

今回は花大国オランダの花文化や歴史、近年の動向についてご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?最後にオランダでフラワーショップを経営している方の言葉を紹介したいと思います。
「生き生きとしている花だけじゃなくて、枯れる寸前の花も魅力的。
花は人生を映しているんだ。
花は人生そのものなんだ。」
photo by iStock