シンガポールの大衆食堂、ホーカーってどんな場所?

シンガポールに住んでいる人々の食卓といってもいい、ホーカー(Hawker)と呼ばれる屋外の大衆食堂についてご紹介します。東南アジアっぽいローカルな雰囲気に、料理の種類や味付けも店によってさまざまです。それでは、早速見て行きましょう!

独特のローカル感があるホーカー

独特のローカル感があるホーカー
ホーカーはシンガポールの大衆食堂であり、シンガポール住民たちにとって欠かすことのできない、いわば食卓です。
写真にもあるように、屋外にあるホーカーには一つ屋根のしたに数多くの店舗が軒を連ねます。

日本でもみられる屋内にあるフードコートとは違って、アジアチックなローカル感が満載の、異国情緒あふれるお食事どころです。
ピーク時にはワイワイガヤガヤとさまざまな言語が飛び交い、とても活気があるのですが、私にとっては不思議と落ち着く場所でした。

そんなホーカーセンターですが、小さなシンガポールの国中のいたるところに点在します。
すべて見回るのが億劫になるくらいの店舗数がある大きなところから、近隣住民が主に利用する小さなところまで、100を超えるホーカーセンターが存在します。

どういった料理を楽しめるの?

どういった料理を楽しめるの?
シンガポールは多民族国家、多文化国家なのでホーカーでみられる料理もほんとうに種類が豊富です。
中華料理やマレーシア料理はもちろんのこと、ベトナム料理やタイ料理、インド料理、場所によっては日本料理などもあります。

 

とはいってもやはり中華系の料理が人気で、シーフード・フライドライスやホッケンミン、フィッシュボール・ヌードル(魚団子麺)、ミーゴーレンやチキンライス、ロティプラタなど、人気料理をあげればキリがありません。
私はミーゴーレンが大好きでした。

また他にも100%のフレッシュジュース専門店やデザート専門店も豊富にあり、ちょっとお茶がてらに寄るのも乙だったりします。
パールミルクティは美味しいですよ!

お値段は良心的?

お値段は良心的?
ホーカーの一番の魅力はとにかく料金が安いということです。
近年物価が全体的に高騰し、高級レストランやホテルなどが割高になってきているシンガポールですが、ホーカーはその対象外!嬉しいですね。
シンガポールドルも円に対して以前と比べて高くなっていますが、それでも5S$(400円程)もあれば、満足に食べることができ、飲み物も飲むことができます。
ただしアルコール税は高く、ホーカーなどでもビールなど日本の2倍程することもあるので注文する際はご注意ください。
良心的な値段だけでなく味もおいしいところが多いので、ホーカーはシンガポーリアンだけでなく、現地に住むアジア人や欧米人など世界各国の住民たちや、観光客まで多くの人が足を運びます。
私も現地に住んでいたときは週の半分くらいはホーカーを利用していました。

シンガポールは住みやすいという結論をこの記事(シンガポールは住みやすいのか?)でお伝えしていますが、このホーカーの存在も貢献しています。

店によって味付けもさまざま

店によって味付けもさまざま
ホーカーはチェーン店ではなく各店舗が独自の味付けをしているため、同じ料理でも店によって味付けもかなり異なります。
これをどう捉えるかですが、私は魅力として受け取っています。

あるお店で初めて食べた料理が美味しくなくてずっと嫌いだったのに、違うお店で食べて好きになるといったようなこともありました。
ですが私の経験上、ホーカーのクオリティーは全体的に高く、外れに当たった記憶はあまりありません。
日本人好みのお店が多いと思います。

ですので、ここのチャー・クイ・ティオもおいしかったけど、次はあそこのお店のもトライしてみよう!いった食べ歩きをし、自分好みのお店を見つけるのも醍醐味の一つです。

ちょっと豪華なホーカー?

一方、ショッピングセンターなど綺麗なビルの中にあるフードコードでもホーカーと同じような料理を楽しむことができます。
現地では屋外のものをホーカー、室内のものをフードコートと呼んでいます。
フードコートは現地の食べ物を食べてみたいけど、アジアのローカルの食事処は衛生面が気になる…そういった方にオススメです。

こういったフードコートはホーカーと比べて少し割高ですが、清潔感もあるので抵抗も少ないかと思います。
座席数もたくさんあり、エアコンも効いているので爽やかに食事をお楽しみ頂けます。

また最近では、シンガポール国内のすべての飲食店は衛生管理の審査を受けることが義務づけられており、店頭にはそのランク(Aが最優良、Eが営業不可)に応じてステッカーが貼ってあるのでホーカーで食べる際にもチェックしてみもいいかもしれませんね。
ホーカーの多くの店がランクBからCのようです。

シンガポールの住民にかかせない食卓、ホーカー

さて、今回はシンガポールの大衆食堂であるホーカーについて紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?近年は、食事を目当てにシンガポールに旅行する人も増えてきているみたいですね。
みなさんもシンガポールへ立ち寄った際には是非隠れた名ホーカーを探してみて下さい!
photo by iStock